« ナオとコウイチを侍らせた夜~第1夜 | トップページ | なにわのことは夢のまた夢~コテコテなハゲタカ妄想 »

2009-08-23

ナオとコウイチを侍らせた夜~第2夜

『気になる』魅力的な殿方2人にもてなされたた二夜目。

※DVD化された作品についての感想ですが、厳密にネタバレを避けたい方は、引き返していただくことをお薦めします。

     ******************

    

「クライマーズ・ハイ」

映画版は鑑賞済だが、NHKドラマ版は見逃していた。

映画で私の『お気に入り』堺雅人が演じた佐山を、『気になる』大森南朋が演じているということで、勤務先のランチメイト、Mさんが所蔵のDVDを貸してくださった。

堺雅人は出ていないが、ドラマ版のほうが渋い実力者揃いの出演者も含めて、私は好みだ。

それにしても、ドラマ「ハゲタカ」出演者が多いなぁ。

佐山は重要な役だが、最も肉体的にハードかも(笑)。

(山中の渓流に顔を浸けるところを水中から映すシーンに「ハゲタカ」ファンならば反応してしまうだろう。)

大森南朋は、主人公・悠木(佐藤浩市)を深く尊敬しているが決して「悠木信者」ではない佐山記者を、熱っぽさと冷静さの巧みな配分でに演じている。

ベテランの曲者・巧者の中で全く埋没していない。

事故機の乗客男性が記した遺書の言葉が、心の一番深い箇所に真直ぐに届いて涙が止まらなかった。

記者としての当然の望みと、真実を伝える使命と、新聞に載せた事柄が関係者に与える計り知れない影響と、読者のニーズに応えることと、新聞社の経営戦略と。

調査報道に携わる者が護らなくてはならないものは何か。

決して忘れてはならないことは何か。

悠木が護ったものは何か。

それによって失ったもの、得たもの。

記者として父として、一人で葛藤し続け、一人で決断する悠木の背中が痛々しくも大きい。

     *******************

キャッチボール屋 [DVD]

    

寺島進、松重豊、光石研、と、私の『気になる』俳優がてんこ盛りなので、2~3年前くらい前に、レンタルで観た作品を再見。

その時は「大森南朋って子犬みたいに雰囲気がふんわりしているなあ。癒し系?」なんて呑気な(?)ことを思っていた。

お人好しでのんびりしたタカシ青年が、後に企業買収の天才と呼ばれる冷徹なファンドマネージャーに変貌しようとは…(大違)

「オトナのファンタジー」と監督が語っている通り、悪意のある人は一人も登場せず、春の公園でのシーンが大半を占め、ほのぼのと穏やかな世界。

満開の桜が葉桜になるまでの短い間の、夢か現か分からない優しくて不思議なお話。

立ち止まってしまった大人達が再び歩み出すきっかけを、桜の花弁をそっと捉えるように見つけるお話。

この作品も「再生」がテーマかもしれない。

説明が殆どなく大事件も起きないが、それが心地良い。

心を静かにしたい時にお薦め。

********************

サラッとまとめるつもりが、また長くなってしまった…。

それにしても、甘さや派手さと無縁の作品ばかり観ているなぁ。

« ナオとコウイチを侍らせた夜~第1夜 | トップページ | なにわのことは夢のまた夢~コテコテなハゲタカ妄想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

気になる人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46010542

この記事へのトラックバック一覧です: ナオとコウイチを侍らせた夜~第2夜:

« ナオとコウイチを侍らせた夜~第1夜 | トップページ | なにわのことは夢のまた夢~コテコテなハゲタカ妄想 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ