トップページ | 映像版「ハゲタカ」の4S~私はこうしてWASHIZUかまれた② »

2009-08-16

こんな私に、誰がした~私はこうしてWASHIZUかまれた①

620日の朝のことでした。

鑑賞映画決定権を賭けたジャンケンに負け、

夫が観たいという映画「ハゲタカ」を鑑賞しに

沿線のシネコンへ出かけました。

当時、夫は原作小説を読んでいる最中でしたが私は未読、

ドラマは2人とも未見。

ストーリーについていけるかなぁ?と少し心配でしたが、

気になる俳優・遠藤憲一さんが出演しているし、

私が苦手な恋愛要素も無さそうだったので、軽い気持ちで同行することにしました。

(ちなみに、私が推していたのは「鴨川ホルモー」。)

満員まではいかないけれど、週末の朝にしては、

多めに感じられる入りで、観客層は幅広く感じました。

私たちのようなオトナカップルや女性2~3人連れ、お一人様男女、と様々です。

意外だったのが、若い女性の一人客が散見されたこと。

玉鉄ファンだろうな~イケメン目当てで恋愛要素が少なそうな映画、大丈夫かしらん?

なんて他人様の心配をしている余裕がこの時は、まだあったのです。

まさか、この直後に運命の出会いがあろうとは知らず

映画を観終わって、

「面白かったでも解らないことだらけ

「鷲津政彦ってカッコイイかもいや、すんごくカッコイイ!」」

「何でドラマを観てなかったんだ!私のバカ、間抜け!」

という想いが脳内で充満して、しばし呆然。

夫に促されてようやく席を立つや否や、

「パンフレット買わなくちゃ!」と売店に走り、

映画館からの帰路、DVDレンタル店へと急いだのでした。

ドラマを観て、その完成度の高さ、テーマの深さ、演出/編集の潔さ、人物造形の厚みにグイグイと引き込まれました。

そして、「ドラマの鷲津様(←ここで様が付く状態にshine)って

クールな中に青さや苦悩も垣間見えて、素敵~heart」などと口走り、

相当に壊れてしまいました。

即刻、ドラマDVDとサントラCDを購入し、更に深くはまっていったのは言うまでもありません。

こうして、映画ドラマで「ハゲタカ」ワールド、そして主人公の鷲津政彦の魅力に溺れて2ヶ月弱。

『運命の出会い』の後、私の脳内では 鷲津祭絶賛開催中。

でも、相変わらず原作小説は未読です。

映像版鷲津にメロメロな私を見て、原作小説既読の夫が、

「今の状態で原作を読むとショックを受けると思うから、少し落ち着いてから読むといいよ」と言うので、お預け状態です。

――しかし、いつになったら読める精神状態になるのであろうか。

さて。

こんな超ビギナーが今頃、「ハゲタカ」の魅力を語っても、

「ふざけるなぁッッ」

とお叱りを受けるに違いありません。

でも、脳内で発酵・充満し続けるこの熱い想いを吐き出さないと、破裂してしまいそう。

で、あちこちの寛大な余所様にて叫び逃げをしていたのですが、はたと気づきました。

自分の所で勝手に叫べばいいじゃん。

...早く気づけよ>自分sweat02

展覧会や映画の感想、旅行の記録を綴っていたブログを長らく放置していたので、これを再開…いや、再生させることにしました。

これが当ブログの “Road to rebirth”となるかどうか。

まずは毎週末更新を目指します。

トップページ | 映像版「ハゲタカ」の4S~私はこうしてWASHIZUかまれた② »

ハゲタカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

鷲津さまラブheart02が募り
ブログまで始めて(再開?)しまったのですね~

そう!どこかで想いを吐き出さないと
日常生活に支障をきたしてしまうのですよ。。。
私も10回の映画鑑賞中、
「う~、感想を吐き出して
 心を軽くしないと
 次の鑑賞ができない!」
と、ひたすら自転車操業状態だったので。

> 「今の状態で原作を読むとショックを受けると
> 思うから、少し落ち着いてから読むといいよ」

旦那さまのご意見は正しいです。
鷲津の本質は原作もドラマ&映画も
一緒だと思うのですが
いかんせんその表出の仕方が違う。
原作の鷲津さまは
もっと猛禽類っぽいというか
野獣っぽいというか。。。sweat01

でもハゲタカワールドへの理解が
より深まることは間違いないので
是非もうちょっと落ち着いてからの
ご一読をお勧めしますgood

美冬さん、こんばんは^^♪

 はじめまして、ではないですよね。
takecoさんのお宅で美冬さんのコメントを
読ませて頂きました。
自分のイチオシの映画やドラマの好意的感想って、なぜか嬉しいんですよねnote
『ハゲタカ』ワールドへようこそ~♪
いや「鷲津さん蟻地獄」かな?coldsweats01

 かくいう私も初回放送から半年後の後発ハマリ組です。『ハゲタカ』を見てからドラマ評価の基準が上がり過ぎて困りました。
しばらく「鷲津さんがどこにもいない!!!」禁断症状が続きましたが、ようやく軽快したと思っていたのに。。。
今年の6月また再発ですsweat02
どーしてくれるのトーホーさん!sad

 またおじゃまさせて頂きます♪

>takecoさん

コメントありがとうございます。
お越しいただけて恐悦至極でございます。
お目汚し失礼いたしました。
シャレにならないほど放置していた当ブログを、過去の記事を全て下げる大胆なリストラを敢行し、タイトルも変更するという再生計画実施happy02のきっかけは、紛れもなく鷲津ラブです。
映画DVDの発売まで少しずつクールダウンしておかないと、心身が保たないので、ここで吐き出してしまおうと思います。
takecoさんのブログを拝読していて、鷲津ラブの方向性に、ちょっとシンバシーを感じて、度々コメントしてしまっています。
お忙しいのに、いつもレスを頂戴して、恐縮すると同時に嬉しく思っています。
あまりディープな妄想に踏み込めないというか踏み込みたくないので、takecoさんの、鷲津ラブと良識とのほど良いバランスが、私には心地よいのです。
これからも、お邪魔するかと思います。
よろしくお願いいたします。


>アンさん

コメントありがとうございます。
お越しいただけて、とても嬉しいです。
アンさんの「ハゲタカ」と鷲津への愛に溢れたコメントに、頷いたり、ニヤリとしながら楽しく拝読しております。
鷲津中毒者の心を乱すトーホーさんには、責任を取ってもらいたいですよね。happy01
自分が夢中になっているモノ・ヒトについて、似たような感覚を持っておられる方の言葉を目にするのは、本当に幸せな気分になれます。
気が向いたら、またお声掛けくださませ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/45937942

この記事へのトラックバック一覧です: こんな私に、誰がした~私はこうしてWASHIZUかまれた①:

トップページ | 映像版「ハゲタカ」の4S~私はこうしてWASHIZUかまれた② »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ