« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009-09-30

NHK「出社が楽しい経済学」再放送 (10/1 追記)

NHK総合で昨日深夜から一挙再放送中の

「出社が楽しい経済学」。

第1~3回分を録画しておいてさらっと第1回を見てみました。

夏に放送されたスペシャルが、あまりにユルユルベタベタなギャグ(?)満載で、かえって気になり(笑)、レギュラー放送はどうだったのかチェックしようという、モノズキな私。wobbly

夏のスペシャルでは、ドラマ「ハゲタカ」のパロデイ(というには脱力しすぎていた)もありました。
老舗旅館にアメリカの投資銀行から外国人の買収担当者がやって来て、やおらジェラルミンケースを開け、ぎっしり詰まった札束を見せつけ、こんなことを言うのです。

「ワレワレハ、ハゲタカダ。カイタタク。」

もしもし、NHKさん…いくら脱力系経済番組ということでも、ちょっとこれじゃ…それに、どうして上映館が減っている時期に…と、思ったものです。
今回の再放送予定には、このスペシャルは入っていないようです。

さて、第1回のテーマは「サンク・コスト」。
sunk cost = 埋没費用のことですね
御存知ない方は、自分で調べてみましょう。
(横着者め)

ドラマというかコントというか…と、途中の簡単な解説で一つのキーワードをまったりとした感じで説明してくれます。
欲張っていろいろな情報を詰め込んでいないから、理解しやすい。

最近の民放のクイズ番組などで、バックに入るタレントや芸人、仕込みのスタジオ観覧者が言わされている「えー」「へぇー」などという余計な声が入らないのも良い。

しかし、「ツッコミどころ満載のドラマ」とNHKは言っているが、あそこまで狙ってベタにユルいギャグは、どこで笑っていいのか分からず、かえって疲れますcoldsweats01
まあ、ドラマの内容に気がいっちゃうと、肝心の経済キーワードが頭に入らない、ということなのだろうけど、あまりユルくても、全部漏れて行っちゃう恐れも…(笑)
だって、課長の名前が 島 豊作 ですよ!
もう~~疲れるぅ~。

とりあえず、10月からの新シリーズ第1回を見てみようと思っていまます。
出来によっては、やっぱり鷲津さんに今度こそNHKを買収してもらって、ギャグを改善(えっ!そこ?)してもらいましょう。bleah


-------------------------

【以下、10月1日 追記しました。】

さて、2回目と3回目も10/1に見ました。


第2回 機会費用
第3回 比較優位

《比較優位》は、私のようなダメ人間に勇気を与えてくれる(大げさだ)考え方です。
ポール・サミュエルソンは、比較優位について

「経済学はこれ以上含蓄のある発見をほとんどしていない」

とまで言ったとか。

《比較優位》については、こちらにも分かり易い解説があります。
私のように、学生時代に(初歩の)経済学の単位を取ったはずなのに、忘れてしまった…という方、よろしければ、御参考までに。

さて、なぜ追記したかといいますと、比較優位の含蓄は置いといて、「ハゲタカ」絡みのことが、また登場していたのです!

第3回のドラマの中で、課長・島 豊作 gawk がデスクで読んでいた本が、何を隠そう、

「大木流経営論」 

なのですよっ!!

表紙もピカピカに綺麗でしたから、西野治が持っていた物の使いまわし?
治は、「僕のバイブルです。」と言いながら、全然読んでないのが一目瞭然でしたものね。

これは、やはり第2シーズンもチェックせねば。

映画「ハゲタカ」感想(願望含有率高し)② Face to the real

引き続き、ボンヤリ天然系&願望大混入の内容です。

ちなみに、記事タイトルにある"Face to the real"は、映画「ハゲタカ」オリジナル・サウンドトラック収録曲から拝借いたしました。

ネタバレ全開です。

そして無駄に長いです。
ネタバレOKで、物好きな方は続きをどうぞ。

続きを読む "映画「ハゲタカ」感想(願望含有率高し)② Face to the real" »

2009-09-28

映画「ハゲタカ」感想(願望含有率高し)① 誘惑者の背中

初めて映画「ハゲタカ」を観てから3ヶ月あまり。
強く心を動かされたのは確かなのですが、モヤモヤは頭の中に降り積もるのだけれど、うまく整理できず、ひたすら鷲津ラブheart02のみ叫んできました。
正直、論理的に思考したり文章を書くのは苦手だし、観察力も洞察力も足りない。
分析? 考察? とんでもない! 無理無理無理。
でも、ぼんやりした人間なりに、自分がどうしてこんなに夢中になっているのか、私を惹きつけるものの正体を知りたいという想いもあります。
それをしたくてブログを《再生》したわけですから、何がしかの形で表したい。
しかし、最後に観てから2ヶ月近く経ってしまって、自己補完が混じっていたり記憶が飛んでいる箇所も多数。
何より、封切りから、これだけ時間が経過してでは、何も新しいことは書けない…という気持ちもあります。

でも、せっかくまた映画の鷲津に再会できたのですから、私を魅了した誘惑者を正面から捕まえることは無理でも、誘惑者の背中からそっと近づくことはできるかもしれない(弱気だ)…と思い、雑感を寄せ集めてみようと思います。
登場人物の心情についてボンヤリと感じたことを、ブログ再開前に初見時から少しだけ書き残してあったので、それらに今回の深谷で字幕版を鑑賞して新たに気づいたことや考えたことも追加してまとめてみることにしました。

初見時は話についていくのに精一杯、2回目以降は冷静さを欠いて、作品のスピード感と鷲津の誘引力に強く揺さぶられて、酔った様な感覚のまま、気づけばラスト近く。
今回は、少しは冷静に観られると期待していたのに、やはり「鷲津ぅぅぅ…」と邪念が入ってしまいました。
そんな風に、鷲津に偏重して観てしまうので、彼を軸にして、他の登場人物について思ったことも書いてみます。
何も目新しい事は書けないだろうし、願望が多く混じっていて、情緒的なので、感想といより妄想かもしれません。

自分の中にたまったものを一旦、吐き出す作業だし、自己満足ということで、見逃してやってくださいませ。

ネタバレ全開です。
ネタバレOKで、物好きな方は続きをどうぞ。

続きを読む "映画「ハゲタカ」感想(願望含有率高し)① 誘惑者の背中" »

2009-09-27

新潮社「yomyom」12号の『十二国記』新作

もぉ欣喜雀躍です。
新潮社「yomyom」12号(9月26日発売)、昨日さっそくget!

小野不由美さん作 「十二国記」 の新作「落照の獄」が掲載されると各所で目にしてから、指折り数えて待っていました。

         ↓

http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/info.html


さすがでございます。
ああ、待った甲斐があったというものです。

前作「丕緒の鳥」に対する私の勝手なイメージは “曙光”でした。
で、今度は “落照” と聞いた時には、いったいどこの国を舞台に?いつの時代?と楽しみでした。

貪るように読みたいのを我慢して、昨日ゆっくり味わうように読みました。
小野さんの文章は、美しく静かでありながら、胸の奥にドンと楔を打込まれるようです。
しばらくは自分の中で反芻したい…。
たぶん、半年くらいは反芻するかも?
小野主上、是非、長編もお願いいたします…。

このシリーズに出会って、10年以上経ちます。
緻密で骨太な世界観(そして恋愛要素がほぼゼロ←私にはココもツボだった)と厚みのある登場人物の造形、硬質な美しさを持つ文章など、本当に魅力的で、一時はディープにハマッていました。
今は細く長く穏やかに愛しています。
(鷲津のことも、そう言える日が来るのでしょうか。)

薄っぺらで生っちょろい昨今の小説モドキにはウンザリだ!とお嘆きの方に是非ともお奨めしたい!
オトナの男性読者からの熱いリクエストに応えてイラスト無しver.が講談社文庫からも出ていますので、通勤にも持ち易いかと。
(でも、山田画伯の美麗イラストが魅力大!ですけどね。美男美女ざっくざくだし。)
古代中国の演義もの(三国志や水滸伝)に慣れた方には、特に馴染みやすいと思います。
腹にガツンと来る深くて極太なストーリー、格好いい男女が目白押しの異世界が待っています。

もともとはティーン向けのライトノベルとして書かれたそうなのですが、決してライトじゃない…むしろ容赦なくヘヴィでビター。
あ、ほのぼの、爽やか、らぶりぃ、もあり。
確かに、このシリーズを十代で読んだら、絶対に糧になるはず。
(私は相当オトナになって出会いましたが。)
色々な要素がいっぱい詰まっているけれど、自分で立つこと、そして他者と共に立つこと、自分を貫くこととそれに伴う責任と覚悟、が通底していると思います。

中学生の劉一華に読ませてあげたかったbearing…(夢見すぎ…)

2009-09-26

久々の映画「ハゲタカ」鑑賞@深谷シネマ

ファンドマネージャーの道は一本道にございます。

鷲津政彦中毒者の道も一本道にございます。

さだめに背き引き返えすは、恥にございます。

と、いうことで、9月2×日、深谷シネマにて映画「ハゲタカ」を鑑賞してまいりました。
(同館では9/20~9/26まで上映。鑑賞日時は伏せておきます。)

久しぶりに、スクリーンの鷲津さんに会える!
前夜はパックしたりネイルを塗ったり、セルフセアに余念がなく、出発前にはいつもより多くマスカラを塗ってメイクも気合十分。
だって、鷲津さんと会えるんだもんheart01 ←完全に壊れている。

私は並外れた方向オンチですsweat02
いちおう現在は埼玉県民ですが、深谷とは相当エリアが離れています。
そして、県民だけど埼玉の地理や交通網が殆ど分かっていません。
初めて行く場所、しかも一度も乗ったことのないJR高崎線。たどり着けるだろうか…。
不安だらけでしたが、一本道を行くしかない!と決心して、片道2時間弱、電車を乗り継いで行って来ました。
…案の定、乗り換えを間違えてしまい、途中で気づき、あわててenterUターン。
ところが乗り換えた高崎線各停が深谷の手前の籠原止りだわ、高崎行きが来たと思ったら車両切り離しはあるわ、というダメ押し。
早めに出たので、甚大なロスにはならず、上映前に余裕をもって到着できましたが…冷や汗タラタラでした。とほほ。shock

Fukayaeki
立派な深谷駅舎。
東京駅を想起させるレトロなデザインです。

深谷シネマは、小さくて、手作り感のある映画館です。

Fukayacine



入口だけでは映画館に見えませんね。







地域活性化事業の一環として、銀行だった空き店舗を使用しているそうで、マネーがテーマの柱となっている「ハゲタカ」に相応しい場所かもしれません。
上映スケジュールをみると、上質の人間ドラマを中心に選んでいるようですし、小さなロビーに上映作品に関する資料が掲示されていたり、こだわりを感じます。
観客に観たい映画のアンケートを実施していて、要望にできる限り応えながら、事務局の皆さんがセレクトした良い作品を地元の人々に気軽にゆっくり観てもらいたい…という熱意が伝わりました。
そういう劇場で「ハゲタカ」が上映されるということは、ファンとしては嬉しい限りです。
小規模で中古の設備ではあるけれど、チケットカウンターで飴のサービスがあったり、座布団やブランケット、足置台が自由に使えるように用意してあったり、少しでも快適に鑑賞できるような気遣いがあります。
スタッフの方々も、事前の電話での問い合わせ対応も含め、一生懸命で好感が持てました。
応援したくなる映画館です。
私は郊外の大規模シネコンや繁華街の映画館に行くことが多く、そういう映画館ならではの便利さや快適さを好んでもいます。
でも、こういう場が地元にある深谷近辺の方が羨ましくもあります。
来年3月を目処に、酒造会社の蔵だった風情ある建物に移転されるそうで、一層、魅力的な映画館になるのではないかと思います。
もう少し近かったら、また行きたいんだけどなぁ。ちょっと遠いのが珠にキズ。
なにしろ、往復の交通費が映画のチケット代を超える(倍以上ですよ)って…初めてですもん。
でも、移転後に、日帰り旅行気分で、是非また行く機会を作りたいと思います。

本編上映前に、ドキュメンタリー映画「嗚呼 満蒙開拓団」の予告が流れ、淡々と語られる凄惨な証言に鳥肌が立ってしまったところで「ハゲタカ」スタート。
うわぁぁ。こ、心の準備が…shock

久々に再会できた映画の鷲津さん。
初対面(?)で私が心奪われた、ビジネスにおいては容赦なく冷酷非情でありながら、自らが信じる事を成し遂げようとする熱い魂を宿し、奥深くには深い情という弱点(?)もある孤高の男。
何度会っても、初めて出会った時と、私の心が受像する彼の人物像(私の勝手な思い込みとも言う。)は、ちっとも変わらない。
彼に再会できたことに感激しきりで、あっというまにエンドロール。
やっと会えたのに、もうお別れなんて…もうしばらくは映画の鷲津さんに会えないのね…。
泣きそうにweepなりながら(嘘)、深谷シネマを去りました。

鑑賞後は駅近くのお蕎麦屋さんで、鴨南蛮蕎麦を食してお腹を満たしました。

Kamonanban













写真の腕が悪くて美味しそうに写せませんでしたが、蕎麦のゆで加減も悪くなく、汁の出汁が効いていて、なかなかのお味でした。

鑑賞前は、完全な「鷲津ハイ」で、精神が異常に高揚して疲れなど感じませんでしたが、満腹になり、どっと心身の疲れも出て帰りの電車では爆睡。帰路は無問題で帰れましたよん。

鷲津禁断症状が収まったと思いきや、これが呼び水となって、更に強い渇望が私を襲っています。
ああ、辛い…。
来年1月15日まで耐えられるのか?
都内でリバイバル上映しないかしらん。

遠征記が長くなったので、感想は、明日以降に。

2009-09-25

和菓子で秋を。

久々にデパ地下に行って来ました。
美味しそうなものばかりで、誘惑に負けそうになったり負けたりcoldsweats01しながら、必要な物を買って、お気に入りの和菓子店「金沢 和音」へ。

季節の上生菓子を買い求めました。
【兎】と【鹿の子】。
欲張って2種類も買ってしまった…。
食べすぎという自己批判には耳を塞いでbleah


Wagasi_3












【鹿の子】の中は栗餡です。

小さな眼福を楽しんだ後は、もちろん口福を。
ラブリーな兎ちゃんを容赦なく口に運ぶ残酷な私。
お抹茶で頂きましたheart01
あ、お茶と一緒に写真を撮れば良かった。

2009-09-24

♪映画「ハゲタカ」サウンドトラック♪

通勤時にipodで聴く音楽として、最も再生回数が多くなっているのが映画「ハゲタカ」オリジナル・サウンドトラック。

             

この3ヶ月弱の出番たるや、他のアルバムの追随を許さないぶっちぎりNo.1crown

勿論、家のオーディオセットで聴いて、その広がりや深さ、キレとコク(ビールか?)を味わいながら、映画の映像と鷲津政彦の姿を脳内スクリーンで再生するのが一番なのですが、とにかくいつでも「ハゲタカ」ワールドにひたりたい、鷲津を感じていたいheart04という中毒っぷりなので、日々、ipodでも聴いているのです。

映画音楽は映画と共に在るのが、その魅力を最大に発揮するのですが、「ハゲタカ」の音楽は、映画もドラマも(ドラマのサントラも持っています。)独立しても大きな力があると思うのです。
その証拠の一例として、頻繁にニュース番組や情報番組のシリアスな場面にBGMとして使われています。
テレビから「ハゲタカ」の音楽が流れて来ると、ついついテレビの前に近寄って聴いてしまいます。
ごく短く部分的に使われますから、「あ~もっと聴きたいのにぃ」となってしまうのですが。

緊張感の続く場面や、心に秘めた哀しみがそっと零れる場面が多い映画「ハゲタカ」の世界の一部を成す曲の数々は、どれもドラマティックで聴く者の感情を強く揺さぶります。
映画のために創られたオリジナルの映画音楽は、映像作品世界を構成する大きな要素であることを、久しぶりに強く思い知らされました。
佐藤直紀さんのお仕事、本当に素晴らしいです。

映画は、様々な要素が緻密にかつ大胆に組み合わさって、それぞれのパーツの持つ力や色彩が何十倍にも強く輝くのだと思い出させてくれたアルバムです。

コネタマ参加中: 今、お気に入りの音楽教えて!

2009-09-23

映画(DVD)「デトロイト・メタル・シティ」感想

「そりゃ君、デトロイト・メタル・シティやがな。」

と、ビーグル38がネタで言ってますので、観てみました。(←嘘coldsweats01

デトロイト・メタル・シティ

2008年公開の松山ケンイチ主演作。
若杉公徳作のギャグ漫画を映画化。
心優しくて、オシャレでポップなカフェ文化を愛する青年・根岸崇一が、何の因果か本人の意思に反して、デスメタル・バンドのカリスマ・ボーカリスト《ヨハネ・クラウザーII世》に! 
自分の目指す音楽やライフスタイルと真逆の世界とのギャップの中で右往左往しながら、自分の夢とは、自分が他者に与えることができる夢とは…について悩み考え、家族や仲間やファンの声援に励まされて気づいていく…というストーリー。

映画では、こんな感じの王道な青春コメディになっています。
原作は未読ですが、アニメ版のCMを見る限りでは、なかなかお下劣なギャグ満載のようで、映画では、それをマイルドに青春成長ストーリー風味に味付けしてある感じでしょうか。

いまや、「マツケン」といえばサンバのあの人よりも、松山ケンイチ、ということになっているようです。気づけば、私も日常会話で、マツケン=松山ケンイチ になっております。
それだけ、活躍していて評価も高い役者ということですね。
彼のことを認識したのは、「デスノート」のL役でしたので、わりと最近のこと。
世間では「カメレオン俳優」と評しているように、私も彼に対しては、作品ごとの変貌ぶりが凄くて、役との一体感が強い役者さん、という印象を持っています。
Lや本作のように、役に入っていない時の彼の素朴な感じとはかけ離れた個性的なコスプレ感が強い役が印象に残って、そのように言われるのか違うのか、実は彼の出演作を多く観ていない私には判断できないのですが…。
幅広い役を演じ、作品ごとに大きく変貌するといえば、私の最注目俳優・大森南朋さんもそうですが、彼は「カメレオン」とか「憑依型」とかいうタイプではないと思います。
南朋さんは、過剰さや技巧が目立たなく、自然に作品世界に馴染んでいるので、強いて言うなら「染み込み型」とか「溶け込み型」?
実は、松山さんも、そういうタイプなのかもしれないですね。
本作は、微妙なキャラではなく、オオゲサにキャラが作られているので、劇中で彼の変貌振りを実にわかりやすく一度に確認できて、一粒で二度おいしいかもしれませんよ。

“オシャレポップ”も“悪魔系デスメタル”も、あえて(?)、ステレオタイプにベタなキーワードで表現されていて、わかりやすく、そこにも笑いを誘われました。
代官山のカフェからフリカケまでプロデュースする嫌味なオシャレ男とか、「あ、こういうテの男がメディアにいろいろ出ていたぞ」なんてニヤリとしてしまいました。
そんなベタな笑いと夢や家族愛が柱になっていて、気軽に楽しく鑑賞できる作品でした。
ただし、お下劣な言葉が満載なので、家族で見るには不向き。

マツケンの変貌はもちろんですが、なんと言っても、デトロイト・メタル・シティが所属するインディーズレコードの女社長を演じる松雪泰子の吹っ切れ方が凄い。
ちょっと書けないような行動・言動をガンガンかましてくれてます。
いつものアンニュイな美女とのギャップの開きや、鬼社長になりきっての御乱心は、マツケンを凌いでいます。
そして、内容とは関係ないですが、個人的には自分が通勤で通っている某所が映っていたのにビックリ。
朝、テレビや映画の撮影準備・撤収をしているのを見かけることが多い場所ではあるのですが、まさかクラウザーさんが…。
う~ん、不思議なカンジです。

2009-09-22

Bravia様ご一行、御到着

ついに、我が家にテレビ様御一行がご到着遊ばしました!

構成メンバーは

デジタルハイビジョン液晶テレビ と
HDD搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー
は SONY Bravia、
ホームシアターシステムは DENON
となっております。
2人暮らしの狭い部屋ですので、あまり大きなものは買えず、テレビは40V型です。

なお、詳細についてや価格についてのお問い合わせには、ご対応できませんので悪しからず。 

某大型量販店で購入したのですが、事前に同じ駅前にある他店で「更にお値引きします」の表示を見て、幾らまで下るか夫が調査。
その値段を、今回の購入店で担当しててくれたメーカーの説明員に言ってみると、同じ値段まで下げてくれました。
あちらの店でも、メーカーの人が対応したので、両者で連絡は取り合っているはずですから、当然ですが、事前に調べておいて良かったかも。

購入するときも、技術的(というほどのレベルではないが)については、夫が全てソニーの説明員とさっさと話を進め、必要な別売り品をそろえてくれました。
ふっふっふっ。こういうとき、工学系の男は役立つわ。


設置も、もちろん彼が一人でやってくれました。
箱を開けて、ケーブル類を手にした時の目の輝きに、ちょっとマニアの香り漂う夫は、頼もしくもあり、ちょっとキモくもあり。
いや~、実に楽しそうでございましたよ。
私は力仕事の時に少し手伝っただけで、邪魔にならないように別室で遊んでいたという人でなしでした。

さて、テレビ、レコーダー、ホームシアターシステム、既存のケーブルテレビターミナル等々、なんとか接続・設定が終わって、さっそくにテスト。
ブルーレイは前もって買っておいた「デーィプブルー」で堪能。
鮮明で質感がリアルで滑らか。やっぱり綺麗です。
店頭でデモしていた大型の高価格モデルには負けますが、素人の一般家庭なんだから、これで十分。(と自分に言い聞かせる。)

前のテレビは、先代が4年前に前触れ無く逝ってしまったので、急遽買った低品質のブラウン管タイプのものだったので、画質の差は歴然。
美しく残酷な海の世界に浸った後は、当然、あの方のお出ましです。

ドラマ版ブルーレイは、夫の監視の目をかい潜って購入しなければならないので、まだ買えてません。
そこで、DVDのテストにご登場いただきました。
あの方heart02が、我が家に飛来するところです。

Tv

テレビのお隣には、夫がビールの懸賞で当てたリトルジャマーが控えております。





画面が28V→40Vと大きくなったこともありますが、、前のテレビの画像がいかに酷かったかが、よ~くわかりました。
ホライズンや三葉銀行のオフィスに置いてある小物類などが、鮮明に見える!

ブルーレイで観たらどうなるのか。く~~、早くドラマのブルーレイ版を買ってやる!

ホームシアターシステム(廉価なものですが)で音を再生すると、音の広がりと厚みが違います。中尾彰氏の低音voiceも腹に響くわぁ。lovely
いやはや、これで、ますます毎日DVDを観てしまいそうで怖い。

映画のブルーレイが発売されるまで4ヶ月、なんとか禁断症状と戦いながら生きていくためにも、買ってよかった、テレビ様御一行。
せっかくだから(?)、Wiiのソフトも幾つか買い足そうと思っています。

ハゲタカ関連支出も含め、私は日本の景気浮揚に貢献しまくってますよ! 誰か褒めてくれ!!
ってほとんどヤケクソcoldsweats01ですね。

さて、エコポイントをどう使おうか。
次はオーブンレンジの買い替えだわ。

2009-09-21

「官僚たちの夏」最終回~ほんのり辛めにざっくり感想

と、いうことで、堺さんめあてで、結局は全回を視聴したドラマ「官僚たちの夏」が最終回を迎えました。
期待値が高かっただけに、正直なところ、諸々「惜しい」という想いがあります。
それでも毎回みていると情がうつるもので、ツッコミながらも、熱い男たちを応援しておりました。
今回は、ざっくりと全体の感想を。
いつもお子様向けカレー並みにボンヤリ甘口な私ですが、今回は、ちょっぴり辛めコメントがありますので、大丈夫な方のみ続きをどうぞ。
各俳優さんそれぞれに対する批評ではなく、あくまでもこの作品世界での印象なので、ファンの方には気にしないでいただきますよう、お願いいたします。
(原則、敬称略です。)

続きを読む "「官僚たちの夏」最終回~ほんのり辛めにざっくり感想" »

2009-09-18

映画「ハゲタカ」DVD&Blu-ray 発売日は2010年1月15日!

待ってましたwine そうなんですsign03

ハゲタカ・ファン、鷲津中毒者の方々はすでに御存知の方が多いと思いますが、嬉しくて記事に書いてしまいました。

18日の昼休み、コッソリ(コラコラsweat01)映画「ハゲタカ」製作委員会公式HPをチェックしたら、下記の【お知らせ】がアップされているじゃありませんか!

以下、***内は映画「ハゲタカ」製作委員会公式HPより

************************

映画『ハゲタカ』のセルDVD&Blu-rayが2010年1月15日に発売されます!

『メイキング映像集』、『イベント映像集(完成披露試写会/初日舞台挨拶)』、そして惜しくも映画では使用されなかった『未公開シーン集』など、「映画ハゲタカ」の全てがわかる充実の特典内容を予定。ここでしか観られない映像がいっぱい!特に未公開シーンでは、ドラマから映画へと繋がる空白の4年間の鍵となる【ライオンソース裁判】を収録します。

「映画 ハゲタカ」DVD(2枚組) 5,040円(税込)
「映画 ハゲタカ」Blu-ray(2枚組) 6,300円(税込)
※Blu-ray(本編ディスク)+DVD(特典ディスク)の2枚組となります。

****************************

随分以前に、Amazonに予約可能になったらお知らせメールが届くという登録をしてあったのですが…。
早速に調べてみました。
あらら~Amazonさんでも予約注文受付開始してますけど…。

映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]

映画 ハゲタカ(2枚組)

我が家は遅れ馳せながら、この連休にブルーレイさんどんと来い!になるのでhappy01、迷わずブルーレイを予約注文。
すると、DVD版の予約は生きてましたよ。
あれ、私の勘違い?
予約可能になったらお知らせ、でなくて既に注文済だったかしら?
鷲津熱に浮かされて、記憶が遠のいておりまする。
ま、どっちでもいいや。

とりあえず、DVDの予約をキャンセルしてブルーレイのみ予約。

Amazonには、まだ書かれていませんでしたが、セブンアンドワイやツタヤオンラインからの情報によると、特典DVDの他にブックレットもつくんですね。
パンフの「解剖、鷲津スタイル」の拡大版とか、フォトギャラリーなんかが載るといいなぁ。

なんといっても、shineライオンソース裁判shineが収録されるというのが、超目玉eye

しかし、1月15日か…随分先だわ…。
この「鷲津ハイ」状態が続いて、体かもつかしら。

本当に楽しみですねheart02
今年の残りは、これだけ楽しみに生きていきます。

でも、相変わらず、鷲津中毒の禁断症状は和らがないですわ。sweat02

2009-09-17

HDD内探訪者を待ち受ける甘い罠

何回か書きましたが、近々、テレビの買い替え+周辺機器の購入をします。
担当大臣の夫は、毎晩のようにスケッチブックに機器のレイアウト・アイディアのラフ画を描いては、ああでもない、こうでもない、とニヤニヤしています。
ま、その間に私はPC部屋で鷲津様の萌えheart01MADなんかを見てデレデできるんですが。

AVラックの中を入替えるので、先週から大量に集積しているCDやDVD、VHSを整理したり…という作業を粛々と進めています。
昔、夫が台湾出張時に購入した《のりぴー》のオール北京語CDなんてレア物も出てきたりして、なかなか楽しい。


有形のものは、手に取って「これいらない」「これ取っておく」とやればいいのですが、問題は現在使用中のHDDの中身。
HDDはそれほど古くないので、処分はせず、別のお相手(別室の小型テレビ)と「再婚」してもらいます。
とはいえ、念のため、中身を整理しておきたい。
そこで、DVDにダビングするもの/とりあえずそのまま/削除 の3ランクに分けながら作業を始めました。
これは私の担当。
夫は合理的な人で、モノへの執着も薄い。
なので、別にとっておきたいものはないそうで。
じゃあ、好きにやらせてもらいますよ~、と週末に腰を据えて片付けてしまうはずでした。
ところが、ここに甘い罠が待っていた!think

大掃除の時に、古い雑誌や本を整理しようとして、ついつい読みふけってしまったこと、ないですか?
アレです。


ほとんどは、いちおうチェックしていたドラマとか、見逃したけれどDVD借りるまでもない映画とか、情報番組とかなので、サクサク削除するはずが…「これ、どんなのだっけ?」とか言って、ついつい見てしまう。

NHK教育の「日曜美術館」が、特にbombヤバイ。
毎週チェックしているわけではなく、観たい内容の時に録画しているのですが、「あ~、この展覧会、行ったなぁ、ずいぶん混んでいたっけ」とか思い出したりして、以下のように思考がさまよい、結局、番組を最後まで再生してしまうのですね。

「仙厓」の回は、面白かったなぁ。
…あ~2年前の放送だったんだ。
実家の和室に毎年、出光゙の仙厓カレンダーが掛かっていたせいか、私は仙厓さんの禅画が好き。
そういえば、もうすぐ仙厓展のはず。行かなくちゃね。
出光美術館もリノベーションしてから、本当に良くなった。
グッズもお洒落なものが増えたし。
美術館のある帝劇ビル地下に入っている「香味屋」のメンチカツは絶品よね~洋食弁当も捨てがたい…仙厓展を観たあとのランチは、あそこにしよう。
臨終の際の、仙厓さんと弟子の会話が最高。
ゲストの玄侑宗久さんの、お話も声も、本当に素敵。
僧侶の方は、声が良くて背筋がスッキリ伸びて、グッshineとくる。
いえ、決して邪な「グッ」ではございませんよ。

てな具合なので、作業は遅々として進まず。
最近の放送分では、大森南朋さんがナレーションで声のみ出演した『犬塚勉』の回も残ってました。
「いいねえ、南朋さんの声sign04」とか言って観ちゃうんだな、これも。
…わ~、観てちゃだめじゃんsweat01sweat01

他にも「やっぱり猫が好き 2007」とか「ど~もくん10周年SP」とか「おじゃるまる10周年SP」とかも残ってまして、これらはDVDに保存組。(ホライズン・ジャパンの会議室にいたキャラだわ。)

「情熱大陸」の堺雅人さんの回は当然、保存版。NHKの「桂離宮」も保存版ね。
「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」が3年分と、「鬼平犯科帳SP」も何本か残ってました。このへんは、「とりあえず残す」で。
「白州次郎」の1~2話も残してありました。
もちろん、この時は大友Dのせいで(?)、私が鷲津中毒になる運命とは知る由もなかったのね。

しかし、なんだ、この番組セレクトの節操のなさ。


うだうだ作業しているうちに、倦んできて、「口直しに鷲津さんheart02」とばかりに「ハゲタカ」ドラマDVDを、悶えたりトロンとした目で見たりしていたら、時間がどんどん過ぎて行くわけです。

そうです!
これが最大のハニートラップなのだimpact


鷲津さん、あなたは私の時間をどれだけ奪えば気が済むの?!
本当に罪深い方lovely
なんて完全に壊れた頭で作業に戻れるはずもない。

むうぅ。
テレビ様ご一行が我が家に到着されるまでに、間に合うのか?

2009-09-16

「ハゲタカ」やめますか、それとも、人間やめますか?

なんとか、ブログ再開から1ヶ月経過しました。

誰も見に来てくれないかもね、と覚悟していたのですが、「想定の範囲」外に、多くの方に御来訪いだだきました。
また、コメントも頂戴できて、とても嬉しく思っています。

本当に、ありがどうございます。

ドラマや映画の感想を書いた時の他に、リーマンショックから1年経過した9/15にアクセス数が急伸して驚きました。
なのに、経済にも金融にも無関係な記事しかなくて、心苦しいです。

「ハゲタカ」や他の映画/ドラマについても、深い考察も鋭い分析もなく、きちんとした記事を探して来られた方は、がっかりされたでしょう。

私は、情緒的人間で、論理的に考えを組みたてられないうえに、生まれつきのボンヤリなので、生暖かい文章を、思いつくまま、気の向くままに拙く書きなぐっています。

でも、肩の力を抜いて、ゆる~くてぬる~いひとときを過ごすには、お薦め(なのか?)ですので、思い出したら、是非また遊びにいらしてくださいませ。happy01

(たまに、本性(?)が出て、無意味なことを熱く語ることもあるかと思いますが。)


===========================

さて、時節柄、シャレにならん記事タイトルですが、6月下旬から本日までの私に自分で問いかける言葉は、これしかないでしょう。

時間も心も、鷲津政彦にワシヅかまれたまんま。
そして、鷲津欲(そんな日本語はない)の赴くまま、ためらいなく金を貢ぐ。(映画鑑賞、DVD、CDの購入、そしてブルーレイ購入予定)。

もっともダメージが大きいのが、睡眠時間の激減。
毎日、3~4時間睡眠。
肌はボロボ゛ロで、ファンデがのらない。化粧水も入らない。
なのに、何故か元気です。
この状態を『鷲津ハイ』と勝手に名づけました。
いや、鷲津政彦を炭酸水で割ってbar飲もうってんじゃないです。

で、毎晩PCの前で丑三つ時を迎えるのです。

もともと夜更かしだったのですが、昨年の夏に半月入院して、早寝早起の習慣がつき、かなり生活改善していたのに。

なのに。

鷲津heart02のせいで。typhoon

かろうじて、社会人としては、なんとかやっている(はずだ)が家庭人としては、機能不全一歩手前。
夫に愛想をつかされても、文句は言えない状況です。
もとはと言えば、映画「ハゲタカ」に誘ったのは夫なのですが。

「夫に誘われて…」が流行っているらしい。 (不謹慎だ)

そうよ。

鷲津heart02が私を滅茶苦茶に。typhoon

なんて言っている場合ではないのだ!

年に1度の人間ドックが半月後に迫ってる!
そして、最近、血圧がupwardright傾向なのですよ。
私は睡眠不足や精神状態で、血圧がupwardrightしやすい。
食事にも気を遣ってないし…きっと血液ドロドロよ!
マズイですぞ。coldsweats01

半月だけ急に生活態度を改めて、どうにかなるものでもなかろうが、せめて睡眠時間だけでも、鷲津と出会う前に戻さなければ…。

night早く寝よう!

ネット放浪pcも毎晩0時までにするぞ!
夫に一服盛って(お酒bottleですよsweat01)先に寝かしつけ、DVDをコッソリ観るのもbanだ!

明日から!

ああ…。

「ハゲタカ」やめますか、それとも、人間ドックやめますか?

2009-09-15

NHKスタジオパーク/遠藤憲一さん出演

遠藤憲一さん(以下エンケン)は、私が気になる俳優の一人だ。

エンケンは顔が怖い。
笑顔はもっと怖い。
アカマGT新車発表会では、スカイラインGT-R発表@東京モーターショーのカルロス・ゴーンよりも更に派手に登場した古谷社長の笑顔は、とびきり怖かった。
あんな怖くて販売促進イメージ的にどうなのか、と思うくらい怖かった。(失礼だ。)

エンケンは声が良い。
突き放すような、誘うような、囁くような話し方が良い。
魅力的な声ゆえに、CMナレーションの仕事が多い。
なので、アカマ自動車を追われても、日産の広報部で拾ってもらえた。(違)

そんなエンケンのポリシーは、原則として仕事のオファーは全て受けることだと、以前インタビューで読んだことがある。
すでにそれなりの地位を得ていると思うのだが、ちょっと驚くような特撮モノとか、安いVシネマとかに平気で出ている。
要するに幅広い作品で幅広い役を演じる、プロなのである。
初めて映画「ハゲタカ」を観たのは、テレビ東京で放映していた「湯けむりスナイパー」を観た翌朝だった。
山奥の温泉宿に隠遁している凄腕スナイパーの源さん(遠藤憲一)と、その元エージェント(志賀廣太郎)が露天風呂の湯船内で対峙するという、非常に目にイタイ(失礼だ)シーンが蘇り、ちょっと困った。

さて、本題。
そんなエンケンがスタパに登場。
http://www.nhk.or.jp/park/


予約録画しておいて、サラッとチェック。
「お気に入り」阿部ちゃんの時と熱意が違うが、そこが「お気に入り」と「気になる」の差なのだ。


オープニングでは、緊張のせいか、笑顔がややひきつっていた。
今回は、ドラマスペシャル「白州次郎」の宣伝ですね。
大友Dとは「ハゲタカ」でも一緒で…と、例の1シーン長回しで数テイク撮るやりかただったので、汗だくになり、この撮影で3キロ落ちたとか。
「すぐ痩せちゃうんですよ。」と語るエンケンに、[言ってみたい…」と羨望の眼差しを向けたのは私だけではるあまい。

エンケンといえば、声も魅力…ということで、「白州次郎」の番宣ナレーションをその場で披露(させられた)。
ナレーションの時の声は、普段の声より低めで渋いですね~。

「白州次郎」では、永野重雄(新日本製鐵会長)を演じる。
GHQから返還された広畑製鐵所を、白州がイギリスに売却して外貨を得ようと主張したのに真っ向から反対する。
2人が(比喩でなく本当に)激突するシーンを紹介していたが、さすがエンケン、超コワイ。
ここでも、外資から日本を代表する産業/企業を守ろうとするトップを演じたわけだ。
アカマの古谷社長だって、本当はそういう芯の太い揺ぎ無い経営者だったはずだと思う。
ただ、時間の関係で、説得力のある人物像を描ききれなかったのではないかな…と私は思っている。
だけど、ライオンソース裁判をはじめ重要なシーンを多く切ってでも、冗長にならないように潔くドライブ感ある作品に仕上げるところが、「ハゲタカ」製作陣らしいのだ。

あ~また、ハゲタカに脱線してしまった。

しかし、MC武内アナ、「顔が怖い」を連呼しすぎでは…。
エンケンは慣れてるだろうし、オトナだから、ニコニコしていたけど、あんなに言わなくてもねえ。

続いて、経歴を紹介。
ベスト・モテ期だったという10歳当時の写真、なかなか美少年でしたぞ!
まさか、こんなコワモテになろうとは。
高校中退後、何をしたいか、どういう人間になりたいかわからなかった頃に芝居と出会い、難関の「無名塾」に合格するも、あまりの緊張感・威圧感に耐え切れずあっという間に退塾。
しかし、これがその後スカウトされ所属した事務所で作成したプロフィールに
「無名塾を10日で辞める。」と記載されたのが目をひいたらしく、NHKのドラマ「壬生の恋歌」出演につながったとか。
いいプロモーションですね。
芝居を通じて、いろいろな人物を創り上げていくことで、捜していた「なりたい自分」を創りたかったのでしょうね…と静かに語るエンケンは、オトナの魅力たっぷり。

趣味の写真のことを楽しげに語るエンケン。
北海道で幻想的な風景に遭遇したときのことを、「人はあまりに美しいものに出会うと畏怖してしまう。」ということを語っていた。

感性が鋭くて、インプットもアウトプットも、容量がとても大きい人なんだなあ。

自然な笑顔は、怖くなかったです。happy01

2009-09-14

ドバイの王子は美形だった!

某様のブログにて、
【映画「ハゲタカ」の登場人物でお付き合いしたい方は?】の問いに
「ドバイの王子がいい」と血迷ったコメントを投稿してしまったら、とても寛大な大人の対応をしていただきました。
ありがとうございました。happy01

映画での王子は、貫禄十分のオジサマでしたが、現実のドバイの王子様は、ご覧のとおり、若い美男子shineですよ。

Prince

26歳のハムダン皇太子です。(ハムダーンと表記する事もあるようです。)








JETEOのHP参照
http://www.jetro.go.jp/world/middle_east/ae/biznews/47abba48b2e68

正式名が長い長い。

シェイク・ハムダン・ビン・モハメッド・アル・マクトゥム
(Sheikh Hamdan Bin Mohammad Al Maktoum) だそうです。

こんな素敵な方で、しかも世界有数の資産家。

そりゃ、付き合いたいheart01heart02

もし、映画の王子もこんなに若い美形だったら、鷲津に同行していた部下のアンナは、「私、帰りません!」とか言ってたかもよ。

「官僚たちの夏」第9話~ブラック牧降臨!

記事タイトルに「ブラック牧降臨!の巻」
と書こうとして、あんまりなオヤジギャグに、さすがに止めました。
って、本文で書いてちゃ意味ないんですが。

今回も、ツッコミ&上から目線でいい加減に書き流しているので、
風越次官のように胆の据わった心の広い方のみ、よろしければ、先にお進みくださいませ♪

続きを読む "「官僚たちの夏」第9話~ブラック牧降臨!" »

2009-09-13

NHKスペシャル「金融危機1年 世界はどう変わったか」~「ハゲタカ」寄りな雑感

番組は大きく分けて3つのパートで構成されていました。


 1. NYマネー市場の現況
 2.実体経済(とくにアメリカの消費動向と新興国の消費動向)
 3.日本の製造業が直面する問題


この3つのテーマは、別個でなく、リンクしていました。

録画し忘れてリアルタイムで観たので、細かいところを確認できない。
かろうじて、固有名詞だけ走り書きしたメモを頼りに思い出しながら、
例によって、ハゲタカ変換モードになっている脳とフィルターがかかった目で観ました。
1.を中心に、ゆる~い感想風なものを書いてみました。
文末には、ドラマ「ハゲタカ」について、感じていることの一端も絡めて、ちょこっと書きました。

【NHKスペシャルのHPはこちら】

続きを読む "NHKスペシャル「金融危機1年 世界はどう変わったか」~「ハゲタカ」寄りな雑感" »

2009-09-11

貢ぐ女~Blu-ray 導入で紛争勃発

夫の根拠の薄い価格予測に基づき、我が家のテレビ及び周辺機器買い替えプランが固まり、今月下旬の連休中に買いに行くことになりそうです。
予算も技術的なことも、我が家の家電担当大臣である夫に一任しているので、私は特に口を出しておらず、平和裏に購入計画は進行して来ました。

だが、購入時期が予定より前倒しになったことで、問題発生。
年末のボーナス商戦の頃には秋モデルが品薄になるのでは、という夫の予測に基づき、11月に買う予定でした。
それが、彼の気が急に変わって「11月でも品薄かも」と言い出し…。

テレビ買い替えを機に(今頃だけど)ブルーレイも導入することになっているのですが、コレが原因で紛争勃発。
ハイビジョン録画した番組を見るのもいいけれど、せっかくだから、市販のソフトも楽しみだいじゃないか!
という気運が高まらないはずがない。(特に私)
映画「ハゲタカ」のブルーレイの発売が決まったら、予約しなくちゃ…。

ここまでは、夫も同意。
「キレイな画面で、鷲津さん観ようねぇ。」
と優しく言ってくれる。
何ていい人だhappy01
私って幸せ者?

…いや、だまされてはいけない。

ソフトは私が自分で買うんだし。
それに、予てからの野望=ホームシアター計画を今回、実現するために、私の機嫌を損ねないようにする、というのが彼の現在の至上命題なのだ。
我が家の支出分担は独特で、費目ごとに支出担当者を分けている。
今回のような、大型家電や家具などは、原則、折半なのだ。
だからこそ、きちんと合意してからでない購入できないのが我が家のローカル・ルール。
なので、彼は本心から私の鷲津中毒ぶりを優しく見守っているわけではなかろう。

などと考えを巡らせていたが、大事なことを忘れるところでした。

映画「ハゲタカ」ブルーレイ版リリースはまだ先の話。
なのに、プレイヤー/レコーダーは今月末に我が家に来ちゃうのよ!
何ヶ月も禁断症状に耐えるなんてできるのか?
いや、ドラマのブルーレイを買って、今までのテレビより大画面で高画質で、名作ドラマ「ハゲタカ」と鷲津にシビレたい!

そんな欲望がムラムラspa…。

夫は私の煩悩オーラ(?)を察知したようです。
「ドラマはDVD持ってるでしょ。無駄遣いはダメだよ。」
「無駄じゃないもん。それに、自分のお金で買うんだもん。」(←あっけなく買うつもりであることを自白。)
「いったい幾ら鷲津(←呼び捨てになっている)に貢ぐんだ?」
dollardollarありったけよ!」

わはは、言ってしまいました。
本音を。

夫はガックリと肩を落とし、
「頭を冷やしなさい。」とつぶやいてリビングを出て行ったのでした。

とほほ。
私は「ハゲタカ」と鷲津に関しては

  ”Greed is right.” で
  ”Greed is good. ”
 
なのですよ。


鷲津政彦…罪な男だ。

AERA BUSINESS『日本経済の新常識』

雑誌を買うために、仕事帰りに地元の書店に立ち寄りました。
お目当ては「Casa Brutus」最新号(No.115)の特集『京都入門』。

いつも行く書店は、決して大きくないけれど、アートやインテリア関係の雑誌や書籍が比較的豊富で、この雑誌も店頭の良い場所に並んでいました。
早速に手に取り、雑誌コーナーを一周。
すると、私の視線eyeを強烈に誘引する4文字が!!

 ハ  ゲ  タ  カ

sign03ぬわにぃぃぃっsign03

幻視でないことを確認すべく、私を捉えた主を捜すと…いました!
表紙で麗しく微笑む斜め45度の滝クリが!
…ではなくて、私を捉えたのは

【ハゲタカ6社分析
    民主党政権でニッポンは売りか?買いか?】

の題字。

「AERA」の臨時増刊「AERA BUSINESS 日本経済の新常識」

の特集記事タイトルです。

もちろん、このハゲタカ6社に鷲津ファンドは入っていない。(当然)
しかし、AERAさん、この4文字でハゲタカ・ファンの目を奪おうという策略…あざといですなぁ。(たぶん少し違う。)
しかし、その策略にまんまとひっかかり、
「売りか買いか?って、そりゃ買いでしょ。」と、心の中で呟きながら、躊躇なく、これも手にとってレジに進む私。
AERAさんの勝ちです。

帰宅して、夕飯の支度もそこそこに、さっくり読んでみました。
記事が多いので、まだ全記事は読んでませんし、発売したばかりの雑誌だし、内容は読んでのお楽しみということで、全体の紹介は控えておきます。

支障ない程度で書くと、上掲の記事は、外資証券会社6社を「ハゲタカ」と称して(いまだにこういう言い方するのか。アランに叱られるよAERAさん)、これら6社の投資家向け公開レポートを元に、民主党マニフェストから選んだ12項目の政策についての評価をまとめたもの。
民主党政権下の日本が有望な投資先かどうかを外資『ハゲタカ』たちはどう見ているのか、ということをライターさんが6社分サマライズしてくれたわけで、サクッと読めます。

選ばれた6社は、メリルリンチ、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー等。
6社の見解は、項目ごとに楽観/中立/悲観に分けられているが、中でも全体的に辛口なのがBNPパリバ。
さすがにシニカルで曲者なおフランス、能天気なブッシュJr.の下で自滅したメリケンの強欲マネー資本主義者と違うねぇ…などど、これまた大勘違いなことをほざく無知な私なのであります。
とはいえ、6社とも全体的にバラマキ政策の効果には懐疑的。
私レベルでも、高速道路無料化やガソリン暫定税率廃止と、温室効果ガスの削減目標を2020時点で1990年比25%減目標ってのと整合性はどうなのよ?と思ってしまう。
だから、このままではなく、環境税を新設したりするのかもしれないですね。

内容と同時に私が気になったのは、記事内に配された民主党幹部の皆さんのクレイ(なのかな?)フィギュア。
似てる! そして、そこはかとない好意と悪意の両方が忍ばせてある気がして、ナイスです。

ともあれ、外資にウオッチされるまでもなく、私達が新政権を厳しく冷静に見詰めないといけないのですね。
「気分」だけを投げ込んで、後は知らない、というわけにはいかない。

いつまでも、鷲津が失望していたような、“ヘラヘラ眺めているだけの国民”のままじゃないぞ、と言えるように。
この国が、“腐った”“甘ちゃん”の国でなくなるように。

だから、もっと勉強して、もっと知らないといけないぞ、と思う昨今。
これも鷲津のおかげかもね。

他にも記事が盛りだくさん。
私が特に気になったのは、千疋屋総本店製作の「経済フルーチポンチ」。
高級フルーツbananaぎっしりで、おいしそう~cherry
記事の内容は未読ですけど、フルーツポンチの写真が気になっちゃった。
あ、ちゃんと明日(もう今日ですね)読みますから。

2009-09-09

今更ですか9/1放送NHKスタパ・阿部寛の名言&迷言

去る9月1日放送のNHK「スタジオパークからこんにちは」に阿部寛さんが10年ぶりに出演。

    
私のお気に入り俳優・阿部ちゃんの登場を見逃すわけにはいきません。
阿部ちゃんは、滅多にこういう番組に出ませんからね。
もちろん、予約録画しましたとも。
当日、観るつもりが、結局、一週間も放置してしまいました。

わくわくheart04しながら、再生!

気のせいか、MCの女性アナのテンションがn妙に高い。
あ、オープニングで阿部ちゃんに触った!! 
annoyコルアァァァ!
気安く触るなpunch! 

…これは失礼しました。つい熱くなってしまって。 (by 鷲津政彦)

大変な舞台の稽古の最中のせいか、(阿部ちゃんにしては)なめらかトークで多弁な印象。
でも、いつもどおり、ゆったりとした物腰、渋い低音で、ごまかし無く誠実に語る姿が素敵でした。

1週間前のことなので、詳細は省きますが、特に印象深かった発言をピックアップ。

前半はNHKで11月放送開始の「坂の上の雲」についてのトーク。
このドラマは3年かけて撮影&放映という大作。
撮影して間が空いて…の繰り返しだそうで、勿論、間に他の仕事が入るわけです。
役から離れる時間が長いと、その間も神状態を保ち、また役に戻れるかが難しいのでは…と心配していたけれど、実際には、時間を置くことによって、自分の中で「役が熟成」して良かった、という主旨のことを語っていました

熟成かぁ…。

阿部ちゃん自身も、若い頃のひっかかりの無いピカピカの美男子だった頃よりも、苦労したり、仕事で様々な経験を積んで、ザラつきが出て多面多層な大人になった今のほうが断然、魅力的。
私が阿部ちゃんのことを気になって、後にお気に入りになったのは、「トリック」の1stシーズンからだし。
規格外の美男子・阿部寛がイケてない男にしか見えないことに驚愕し、「この人すごいかも」と感じたのでした。

(余談ですが、「トリック」は阿部ちゃんにとってエポックメイキングな作品であり、堤監督の「らしさ」が存分に出ていた傑作です。しかし、続編や映画化を重ねるたびに、こういったテイストの作品を長く続けるときの宿命というべき表現のインフレーションによるマンネリ感や質の低下が否めませんでした。好きなシリーズだけに、ちょっと残念。)

後半は、約9時間の超大作舞台「ゴースト・オブ・ユートピア」について。
気力・体力ともに想像を絶する舞台、しかも初体験の翻訳もの。(ロシアが舞台だから、人物名も厄介です。)
演出の蜷川幸雄氏からは、スケールが大きくて自制が効いて細かい芝居も出来る、イギリスあたりの俳優みたいだ…とビデオメッセージを寄せられていましたね。
確かに、阿部ちゃんは、ハリウッドじゃなくてヨーロッパっぽいです。
(世界のニナガワの意見と違って、私のはイメージだけの根拠レスです。)

ここでは、
「限界を超えた自分と出会いたい」
「自分の枠を壊して、その自分を見つめ続けたい」

と深い発言。

か、かっこよすぎる…。
そんな言葉を熱くなりすぎず、不要なテレもなく自然にサラリと言って、嫌味がない。
品格が高くて真摯な人柄だからですね。

そして、番組終り近くで、視聴者からの質問に答えるコーナーで事件(?)発生。
「10年後の自分を想像してみて?」という問いに
真面目に「挑戦し続けていたい」と答えた後、余計なサービス精神が出たらしく、
「ハゲshineてるかも」と付け加える阿部ちゃん。

…完全にスベリました。coldsweats01
…ツルッツルです。sweat02

さすがの阿部ちゃんも、ちょっと慌てて「あ、父が大丈夫だから平気かな」とフォロー。
笑いを取ろうとか和ませようとか、余計な気を回さずにどっしり構えていれば良いものを。
こんな、少し不器用なところも、阿部ちゃんの魅力です。

う~ん、ハゲタカ、ハゲタカって念じ過ぎたせいで、前半2文字関係の出来事(?)と遭遇する確率が高くなっているのだろうか。
これも運命?

2009-09-08

ドラマティックな台詞が降って来た

「君は僕を破滅させるつもりか?」

朗々たるバリトンが室内に響く。
女は鬱陶しそうに前髪をかき上げると、男を一瞥した。
「何の話?」
女の冷ややかな口調に煽られて、男は更に語気を荒げて言葉を投げつける。
「君はあの医者とグルになって僕を殺そうとしているんだ!」

続きを読む "ドラマティックな台詞が降って来た" »

2009-09-07

ハゲたか?ハゲるか?~若きプロフェッショナルによる将来展望

前回に続き、記事タイトルに、一部男性の心を刺激(?)する単語が入っていることをご容赦いただきたく…。

今や、私は「ハゲ」と見たり聞いたりすると、反射的に「タカ」と続けてしまう慢性ハゲタカ中毒なのですが、世の男性の中には、「極力、前半2文字は耳目に触れさせたくない」という方もおられましょう。
実は、今日はそっち系の話題です。

頭髪問題に敏感になっておられる方、ならびに大森南朋さんの熱烈なファンの方は、引き返していただくことをお奨めいたします。
上記2条件にあてはまらず、かつ、胆の据わった方のみ、続きをご笑覧下さいませ。
(と言うほど、凄い話でもないのですが。)

続きを読む "ハゲたか?ハゲるか?~若きプロフェッショナルによる将来展望" »

ハゲたか?ハゲてる?~「官僚たちの夏」第2部スタート

ツッコミ目線ながらも毎回視聴しているドラマ「官僚たちの夏」。
遅まきながら、原作小説官僚たちの夏 も読み始めました。

続きを読む "ハゲたか?ハゲてる?~「官僚たちの夏」第2部スタート" »

2009-09-05

フレンチトーストあれこれ

Frenchtoast



フレンチトーストって、時々、食べたくなるんです。
そんなわけで、今朝の朝食はフレンチトーストでした。

小さい頃、母が作ってくれるおやつメニューの中でも、ランキング上位でした。
母は、パンを浸す卵液にバニラエッセンスを1~2滴たらして作っていたので、焼いているときにバニラの甘い香りが漂って、出来上がるのが待ち遠しかったものです。happy01

今は、我が家の休日の朝食によく登場します。
バニラエッセンスは入れたり入れなかったりですが、バゲットまたは厚切りの食パンを使い、焦げないようにサラダオイルで焼いて、仕上げにバターを乗せ、メープ.ルシロップをかけるのが私好み。

卵液の配合は適当ですが、厚切り食パン(4枚切)2枚に対して
  卵   2個
  牛乳  200cc
  砂糖 小さじ 1~2 
くらいで作っています。
片面30分以上は浸して、卵液をよ~く染みこませたいし、ゆっくり食べたいので、休日の朝にしか登場しません。coldsweats01

メープルシロップは惜しみなく贅沢に。
ハチミツやシナモンシュガーも良いですね。
レーズン入のパンで作ったり、バターソテーしたバナナやリンゴを添えてもgoodです。

冷蔵後の中身と相談して卵の量が減ったり、罪悪感を減らすため低脂肪牛乳を使ったり砂糖を入れなかったりすることも。
メープルシロップをたっぷりかけるので、恐らく意味ないいんでしょうが、ま、気持ちだけでも、ね。coldsweats01

リッチにしたい時は、ホテル・オークラの家庭向けレシピはいかがでしょうか。 

いちおう、不肖ワタクシも何回かトライしたことがあります。
厚切りのパンbreadを使って、前の晩から卵液に浸しておいて、弱火でじっくりとと焼き、ふっくら仕上げる…。
理想はそうなんだけと、フライパンで弱火で20分って、どうしても焦がしてしまうのです。

やっぱり私の腕では、シェフがオーブンで焼いた「本物」にはかないません。(←当然)
虎ノ門のホテル・オークラのオーキッドルームで、一度だけ食べたことがあるのだけれど、
厚切りのパンに卵液が染み込んで、ふわふわで優しい甘さで夢のようにはかなくてウットリheart01しましたわ。
絶対また食べるぞ~。

フレンチトーストと聞いて思い浮かぶのが、映画「クレイマー、クレイマー」の中でダスティン・ホフマン演じる主人公が作るフレンチトースト。
フレンチトーストにまつわる場面は、父の精神状態や息子との距離の変化を表す象徴的なシーンでしたね。
料理することや食べることは、胃を満たすためだけじゃないんだなぁ~と思ったものです。
久しぶりに「クレイマー、クレイマー」観たくなりました。

来週末も朝食はフレンチトーストにしようかなhappy01

コネタマ参加中: あなたが一番好きなパンは?

2009-09-03

「南極料理人」の記事が国立極地研究所広報誌に

Pingu

映画「南極料理人」を鑑賞した際に劇場で頂戴した「大型雪上車ペーパークラフト」。
(一部の上映館で「南極料理人」に入場した観客に配布されたようですね。)





現在、我が家では南極仲間(?)のピングーpenguinと一緒に飾ってあります。

さて、このペーパークラフトの提供元が「国立極地研究所」とあり、映画製作にも協力しているというので、映画関連の情報があるかな~とホームページを探検に行ってみました。

国立極地研究所公式HP
    ↓
http://www.nipr.ac.jp/

すると、“新広報誌「極」創刊”とあり、『南極料理人』での堺雅人さんのお姿が!
6月発行号なので、既にご覧になった方も多いと思いますが、ご参考まで。

PDFをダウンロードして、早速にチェック。
※ 送料無料で送付もしてもらえるそうです。

巻頭記事は「映画 南極料理人の世界」と題して、沖田監督、原作者の西村さん、西村さんと一緒に南極に赴任していた本山さんと平沢さん(お2人は映画登場人物のモデルでもある)の4人の対談。

対談部分3ページ分に、映画製作のエピソードや、実際に南極に赴任しないとわからない裏話が語られていて、なかなか面白いです。
中でも「へえ~」だったのが、南極は湿度も5~10%で極端に低いため、静電気が凄いという話。
コピー機のトナーが固まってしまい、しばらく湿度の高い野菜栽培器に入れておくと復活するんだとか。
南極生活の知恵ですねえ。

堺さんが真剣な表情でおにぎりを握るシーンの写真も大きく掲載。
堺さんheart02と旨そうなriceball
これでご飯3杯はいけます。lovely
堺さんからの短いメッセージも寄せられていますよ。

その他の記事には、映画にも登場した、深層部のぶ厚い氷層サンプルを掘削し調査すると、72万年前の気候変動が解明できる…とか、観測隊員たちが事前に受ける冬季訓練の体験レポートなどなど。

一つずつの記事は、コンパクトで読みやすい。
映画を観て、南極での生活のみならず、観測調査内容とその実績について少しでも興味を持った方には、楽しめる内容です。

お時間があれば、そして堺雅人さんheart02な方も、未見でしたら是非チェックを!!

2009-09-02

ソニーのテレビ工場売却が我が家に与える影響

最初にお断りしておきますが、これは家庭内での他愛なく、かつ根拠が非常に薄い会話です。
寛大なお気持ちで読み流してやってください。


=========================

昨日、投稿しそびれたので少し古い話題ですが、ご存知のとおり、

【ソニー 液晶テレビ工場を台湾メーカーに売却決定】
   参照:NHKニュース
      ↓
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015215951000.html

というニュースが9月1日に各メディアで報じられました。

続きを読む "ソニーのテレビ工場売却が我が家に与える影響" »

2009-09-01

デキる男に弱いのよ。

コネタマ参加中: あなたが好きな“名探偵”は誰ですか?

私は小学校高学年くらいから海外のミステリドラマや推理小説が好きでした。
なので、好きな名探偵を一人あげるのは難しいのですが…。
最近、その魅力を再認識したのが、ドラマの主人公として初めて「お気に入り」となったこの人。

刑事コロンボ。

子供の頃から、この番組の再放送を繰り返し観ていて、この番組から海外ドラマに関心を持ったと言っても過言ではありません。

魅力を再認識したきっかけは、「刑事コロンボDVDコレクション」全45巻を、夫がコンプリートしたこと。
休日に少しずつ観ていたのですが、6月に私が「ハゲタカ」に心も時間も奪われて37巻でストップ中ではありますが。

久々に観て改めて、そのクオリテイの高さに驚いています。
演出・脚本の緻密さと作家性の高さ。
コロンボが追い詰める犯人のセレブぶりを表すロケ地・大道具・小道具・衣裳等に安っぽさが無い。
主演のピーター・フォークとゲストスターの豪華で緊張感ある演技合戦。

そして、コロンボのキャラ設定について、忘れていたのか、或いは昔観ていたに時にはl理解できていなかった事が多くて、ちょっと驚きました。

コロンボはかなりエキセンリックだし、相棒無して単独行動が多い印象だったので、はみだし者の一匹狼かと思い込んでいました。
しかし、実はLA市警内では上司からの評価が高く、部下からも尊敬されていて、意外と(失礼)、組織人としての仕事もきちんとこなしています。
あまり得意そうじゃないけどデスクワークもしているし、部下の刑事や鑑識課員も、手足の如くコントロールしているうえに、捜査チームの指揮官として老獪に上司や他部署に根回しもしている。
その一方で、捜査対象には自由に振舞って、巧みな心理戦の波状攻撃を仕掛ける。
組織人だけれど、自分流はキッチリ通して実績を上げている、ということですね。

終盤で犯人を追い詰める際の見せ場では、緻密な計算と豊かなイマジネーションと大胆な実行力を持つ戦略家であることを時に派手に時にジワリと見せつけてくれます。
これで見た目が洗練されていて、いかにも切れ者らしかったら、犯人や事件関係者が警戒してしまいますが、そこは外見がアレ(失礼)ですし、口を開けば無頓着な印象を与えたりして、思い切り犯人に油断させて易々とアドバンテージを得てしまう。
もっとも、外見に関しては、計算ではなく本当にキメキメが苦手のようですね。
ちょっと天然ぽい外見の下に、細心な計算と大胆な実行力を兼ね備えたデキる男が隠されている…というギャップに、幼い私はひきつけられていたのかも。
でも、今は、大人になって邪心sweat02が生れてしまったので、いかにも怜悧で洗練された人が、たまに子供っぽい振る舞いをするほうが、グッときますが。

あ、テーマからズレましたね…。

とにかく、昔からデキる男shineに弱いようです。

※ただし、コロンボに関しては、昔も今も、優れて面白いドラマの個性的で魅力的な主人公としてお気に入りだったのであって、萌え!とかコロンボ様すてき~vvなん邪心(笑)は全くありません。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ