« デキる男に弱いのよ。 | トップページ | 「南極料理人」の記事が国立極地研究所広報誌に »

2009-09-02

ソニーのテレビ工場売却が我が家に与える影響

最初にお断りしておきますが、これは家庭内での他愛なく、かつ根拠が非常に薄い会話です。
寛大なお気持ちで読み流してやってください。


=========================

昨日、投稿しそびれたので少し古い話題ですが、ご存知のとおり、

【ソニー 液晶テレビ工場を台湾メーカーに売却決定】
   参照:NHKニュース
      ↓
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015215951000.html

というニュースが9月1日に各メディアで報じられました。

かつての私なら、「へえ~どこも景気悪いねえ」くらいで終わっていたでしょうが、
「ハゲタカ」の影響は恐ろしいもので、今では、こういうニュースや記事には、喰いついてしまうんですね。

「そういえば、少し前に勤務先で流し読みしていたネットのニュースに、台湾で疑問符付で報じられた、とあったなぁ。」
なんて思いだしていたんであります。

しかし、そこでハタと気づいたのですよ。
半月ほど前、我が家の家電&地デジ担当大臣(=夫)が、検討が遅れていたテレビ買い替えを含む地デジ化実施計画を発表coldsweats01したのですが、その時、彼は「テレビはソニーのBRAVIAにしようと思う。」と宣言したのです。
(注:夫も私もソニーさんとは無関係です。)

私は予算(夫婦で折半するので)とサイズさえ問題なければ、お任せ…という「良きに計らえ」状態だったのですが、疎い私でも、

clip今キテいるのはア●オスやビ●ラなんじゃないの?
clipそれに、最近のソニーさんの状況、大丈夫なのかな?
という当然の疑問はわく。

一応、選定理由を尋ねてみました。
夫は返答は単純明快。
「だって安くなってるんだよ。」
「確かにそれは魅力だけど、他メーカーも、これから下げるかもしれないじゃない?」
私の問いに、彼は薄い笑みを浮かべ、自信たっぷりに答えたのです。

「ソニーの液晶テレビの値段は、もっと下がるよ。」
「ふうん」
私は彼の自信の根拠までは追求せず、その場は終わってしまったのですが。

その会話を思い出し、
「ヤツめ…未確定情報を根拠に買い替え計画を進めていたのか?」
と、なぜか疑惑の目gawk(←違うだろう)を夫に向けたのでした。

帰宅した夫に夕食を出していると、ちょうとこのニュースをテレビで報じていました。
彼の顔を横目で見ると、知らぬそぶりで焼き魚に箸をつけています。
で、単刀直入に聞いてみました。

「テレビ工場の売却の正式発表前の話を知って、ウチのテレビをソニーにしようと思ったの?」
夫は待ってましたという顔で頷いきました。
「もちろん。だから値崩れするだろうって予測したんだよ。」
魚の身を骨から外す作業に戻る夫の口元には会心の笑みcatfaceが零れています。
「へえ~鋭いね」
「これも『ハゲタカ』を全部詠んだおかげかなぁ。」
彼は“日本男子のロマン”満載だという原作小説が気に入ったようです。
「凄いねえ。」
と持ち上げつつも、私は内心、こう呟いていました。

(そんな単純なものなのか?)
(だいたい、鷲津ならこんなに表情に出すなんてあり得んぞ。修業が足りん!annoypunch

妻の眉間に深いシワが刻まれていることに、夫は気づかず、嬉しそうにご飯を咀嚼しているのでした。

« デキる男に弱いのよ。 | トップページ | 「南極料理人」の記事が国立極地研究所広報誌に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46102333

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーのテレビ工場売却が我が家に与える影響:

« デキる男に弱いのよ。 | トップページ | 「南極料理人」の記事が国立極地研究所広報誌に »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ