« 映画「カムイ外伝」感想(追記あり) | トップページ | 名刺交換はビジネスマナーの基本です。 »

2009-10-05

NHK「出社が楽しい経済学」から「ハゲタカ」への連想~スタイル編

NHK「出社が楽しい経済学」再放送 第4~6回をやっと観終わりました。

今回は、内容とか、ハゲタカ関連のものが登場した、というネタではなく、単に私が連想したことについてです。
「出社が楽しい経済学」にご関心があって訪問して下さった方、申し訳ありません。

「出社が楽しい経済学」に解説担当として出演されている経済学者の吉本佳生さんのファッションから連想したことがあるのです。
なかなかにインパクトのあるスタイルを貫いておいでです。
ビビッドなカラーシャツや、派手な色のストライプやチェックのワイシャツに、これまたカラーバーみたいな色柄のタイ、そして鮮やかな色中心のサスペンダー。
ジャケット無し。
番組HPの紹介写真で一例が見られます。←比較的おとなしめの例ですが)
度肝を抜かれる派手な色使いですが、全体のカラートーンはあっているので、散らかった感じではないですし、髭で恰幅のよい吉本氏の風貌にも合っています。
ファッションにこだわりのある方とお見受けいたします。

私の好みの男性のスタイルは、シックでシンプルな感じなので、毎回、登場されるたびに「うわっ、今回はこう来たか!」と、氏のコーディネイトに目がテンになっているのですが…。

さて、その吉本氏のスタイルを何回か拝見して、「あれ、こういう感じのスタイルの人、どこかで見た…」と思ったのです。
第4回を観たところで思い出しました。

ドラマ「ハゲタカ」第3回に登場したアイアン・オックス代表の日下部さんですよ

入札冒頭から、「どーんと10億積みましょうか。」とか、そりゃもう景気の良い発言をかましてくれたり、入札価格を書くときには大きく数字を書いて、何故か単位を「オク」と表記したり、その紙を遠山弁護士に提示する時に机にパン!と小気味良く置いたり…と、印象の強い人です。
憂い顔をしっぱなしの芝野さんと対照的に、ガンガン攻める姿勢で、入札が長時間に及ぶにつれ、テンションupし、それに伴い、ジャケットを脱ぎ、しまいにはノーネクタイ。
服装も行動も言動も、アグレッシブ。

で、その日下部さんのスタイルと吉本氏のスタイルに共通するところがあるような気がしたんです。

派手なサスペンダーつながり、というだけかな?coldsweats01
吉本さんはフリーのエコノミストですから、自由に大胆なイメージで、御自分の存在感や個性をアピールする意味もあるのでしょうね。

日下部さんは大手銀行系投資ファンドの代表ですし、専属のスタイリストさん(NHKの)happy01がついてますから、派手めといっても、洗練されています。(ネクタイが明度の高い黄色なのは、風水の金運dollarアップカラーだからかしら?)

ダークカラーで統一している芝野や鷲津と比べると、カラフルで遊びのあるコーディネイトで、日下部さんの華やかでエネルキッシュなパーソナリティを表している感じ。
仕事ができて、明るくて、オシャレで、気前も良くて、きっと部下の女子社員達からもウケが良いに違いない。
流行のスイーツをきっちりチェックしてあって、女子社員への差し入れも欠かさないのよ、こーゆーエグゼクティヴは。(笑)
なんて想像が膨らみますわ。happy01

鷲津は卑怯なくらい(?)素敵過ぎるけと、上司だと精神的にキツイですから、オープンな日下部さんが上司のほうがいいかもよ。
(ずっとあのテンションだと周囲も疲れるけどね。)
で、憧れのheart01鷲津様heart02を盗み見る…。
(どういう位置関係か自分でも不明happy01sweat02
どうやら、私は憧れの人を、やや離れて見詰めるのに萌えるらしい…。暗いぞ……。(笑)
おっと、話が逸れましたsweat02

一方、長時間の緊張を強いられても、アウェイでは決して着崩さない鷲津と、組織と個人の間で揺れ動いている芝野は最後までジャケットすら脱がず。
ハゲタカ・ドレスコードは厳密ですね。
こんなところも、「ハゲタカ」にはまった理由です。

« 映画「カムイ外伝」感想(追記あり) | トップページ | 名刺交換はビジネスマナーの基本です。 »

ハゲタカ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
アイアンオックス懐かしいw
某O**Xの取締役には監査役経由で色々と鍛えられたのですが、お洒落で素敵なお方でした。
第3回を久々に見て思い出したところでしたが、そういう社風もリアルに反映しているのでしょうか(笑)

>憧れの鷲津様を盗み見る…。
あら、美冬さんもでしたの?
私も、そっと見守っているだけで幸せです。
というより、目の前にしたらどうしていいかわからないwww
tsumireさんと覗き穴シスターズだったのが、柱の陰トリオになり・・・そういう人結構いそうですよね。

nanakoさん

コメントありがとうございます。

鷲津のことは少し離れて見守るしかできないんですよね~。何もできないし。

>>目の前にしたらどうしていいかわからないwww

私は、鷲津を目の前にしたら我を失って異常行動をしてしまいそうですわ。coldsweats01

>>そういう人結構いそうですよね。

柱の影は定員オーバーになりそうですね。
そうなったら、向かいのビルのオフィスを借りて、窓から高倍率の双眼鏡で覗きますわよ。(ゴルゴ13か?)←完全なバカ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46393923

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「出社が楽しい経済学」から「ハゲタカ」への連想~スタイル編:

« 映画「カムイ外伝」感想(追記あり) | トップページ | 名刺交換はビジネスマナーの基本です。 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ