« 私が選ぶ2009年の漢字 | トップページ | 母の思うツボ?~アフタヌーンティー誘導作戦の結果は。 »

2009-11-19

『タラおじさん』やら『すくるーじ』やらが攻めて来るが、大丈夫なのか?

今週末あたりに『笑う警官』を、いちおう観ておこうか(←なぜか高飛車だ。)、なんて思っている。

「あなたにも最後まで見届ける義務があるはずです。」(by 鷲津政彦)

いや、別に私には義務など無いはずだが、愛しの鷲津さんlovelyにそう言われたら抗えない。
……てなわけじゃなくて、気になる俳優・大森南朋さんの『ハゲタカ』に続く主演作ということで、観ようかと思っていた作品なのだ。

そこで、いくつかの映画館の上映スケジュールを調べてみたら、あら?となってしまった。
先週は朝から上映していた劇場が、夜だけの上映になっていたり、一日の上映回数が減っていたりするのである。
大きな街の映画館では、そんなことないのだろうが、私の住処から近いシネコンを数箇所調べたら、そんな感じになっちゃっているのだ。
封切り1週間で、だ。

先週~今週末に上映開始の話題作・有力作が多いからかなぁ~と思いつつ、上映スケジュールを眺めていると、意外と目に付くのがメリケン勢だ。

視覚的物量で攻める終末映画『2012』、季節物&3D『クリスマス・キャロル』は、字幕と吹替で2スクリーンを占めている劇場多数。
ファンじゃない私が感銘を受けて2回観た、MJの『THIS IS IT』は、先月末から2週間限定のはずが、『ムーンウォーカー』を引き連れて上映延長中の所が多数。
そして、プロモ来日していたタラちゃんことタランティーノ監督の新作『イングロリアス・バスターズ』。
監督と主演ブラピの強力なセット販売で、マシンガントーク全開で押し捲っていった。
白い犬のお父さんファミリーに龍馬ファン(←大河に便乗?)のタラおじさんとして加わるらしいし、タラちゃん、相変わらずの日本ダイスキーっぷりだ。
それはともかく(笑)、映画は宣伝費たっぷり使っているんだろうなあ。

さすがのハルキ監督の“神通力”も、タラおじさんのハイテンションや、資本主義の夢帝国から送り込まれた “世の中は金だ” な爺 feat. 3人の精霊 には苦戦?

いやいや、宣伝費や物量で攻めてくるメリケン勢に、スサノヲ様sweat02のみならず、他の邦画も負けていられまい。
もちろん、大切なのは内容。
それを確認するために、そして、貴方の将来のために、私は最後jまで見届けますよpunch鷲津さんsign03(違)
最後まで、目をしっかり開けていられるように頑張ろう。



話は飛ぶが、タラおじさんと「ハゲタカ」の共通点といえば、 「キル・ビル」出演者の栗山千明さんだ
(やや遠い共通点だけど、麿赤児さんも出演者だ
。←強引)
ドラマ「ハゲタカ」に繰り返し出てくる、女子高生・三島由香が『帰れ、人殺し!!』と叫ぶ、あの回想シーンを初めて観た時に、私はついつい、「鷲津がGOGO夕張に攻撃されて倒れている!」と思ってしまったのであった。bearing

バカですね、ホント。sweat02

« 私が選ぶ2009年の漢字 | トップページ | 母の思うツボ?~アフタヌーンティー誘導作戦の結果は。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46802058

この記事へのトラックバック一覧です: 『タラおじさん』やら『すくるーじ』やらが攻めて来るが、大丈夫なのか?:

« 私が選ぶ2009年の漢字 | トップページ | 母の思うツボ?~アフタヌーンティー誘導作戦の結果は。 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ