« L'OCCITANE Cafe 池袋店 | トップページ | 傘と雨と雨男 »

2009-11-10

池袋家電戦争&新文芸坐の立地環境に戦く。

Bungeiza_2

池袋は「エキブクロ」の異称もあるほど、駅ビルの中だけで用事を済ませる人が多いそうだ。
池袋を乗換駅として長年、利用してきた私も、そんな一人。
駅に直結したデパートと、今年オープンしたエチカ池袋で買い物をするくらい。
飲食は、買い物途中にどうしても必要ならデ゙パート内でサッと済ませるだけ。
映画も、郊外か逆に有楽町・銀座あたりに行ってしまう。
駅の外では、先の記事で書いた和菓子店「すずめや」やジュンク堂書店、駅前に立ち並ぶ家電量販店にたま~に行くくらい。
なので、池袋の駅の中であれば方向音痴の私も迷子にはならないが、駅の外では知らない所がほとんどだ。

そのように池袋を知っているようで知らない私が、駅前に「でっかくオープン!」したヤマダ電気の新店舗に出かけた。
いくつか小さいものを買いたかったので、どうせなら、『日本総本店』なんてすんごい名前smileがついているところを覗いてみようか、というヤジ馬根性。

(実は、時系列としては、先の2件の記事(『すずめや』の栗のお菓子L'OCCITANE Cafe 池袋店)の前に、この記事が来る。この記事が、やたらと長く濃くなってしまったので、先に食べ物ネタで薄めてみた。smile

ヤマダの前店舗の隣にはビックカメラがあって、ケンカ売ってるのか!な状況だったが、消費者としては、価格競争だけでなく、片方に在庫が無くても、もう一方にあったりして、便利だった。

その前店舗は「モバイルドリーム館」と名前を変え、携帯電話、モバイルPC、デジタルカメラ、ゲームを扱う別館となった。
日本総本店(やっぱりスゴイ名前…)は、今年閉店した三越池袋店のビルをそのまま使っている。

そのヤマダのモバイルドリーム館の裏側(?)あたりにあるのが、現在、東京周辺の「ハゲタカ」ファンの熱視線を浴びる新文芸坐
せっかくだから、ヤマダに行く前に、新文芸坐の場所を確認しておこうと、駅構内を歩きながら、急に思いついた。

「ハゲタカ」を観に行くことが決定しているどころか、日に日に、11月下旬の公私諸々の予定が、私をスクリーンの鷲津と再会できない状況に追い込んでいるのだが、可能性がゼロに近くても当日まで望みを捨てたくない。(諦めが悪い。)
それに、突発的に行けることになったときに、アタフタしている時間はないので、迷子にならないように場所だけは確認しておかないと、桁外れの方向音痴な私はどこに行ってしまうか不安だ。
…という執着心と小心の両輪が私を動かしたのだ。
地図を見れば迷子になりっこなさそうな場所なのだが、私の方向音痴は、自分でも唖然とするくらいヒドイのだ。

池袋駅東口を出て、ビックカメラ手前で、初めて入る一本裏の通りに進むと、そこに突如として、どこから始まりどこまで続いているともしれない恐ろしく長い行列が出現して、私を驚かせた。
黄色いスタッフジャンパーを着た男たちが誘導しているその行列は、ウネウネと文字通り長い蛇のごとく通りの右へ左へと曲がりくねりながら続いている。
誘導係が持つプラカードを見れば、ヤマダで何かを限定販売する(って全然わかっていない)のを待つ人々の列らしい。

それを横目に、新文芸坐を捜して、パチンコ店が多いその通りの左右を見ると、女子には激しく抵抗がある業種の店が立ち並んでいるではないか。
こ、これは、なかなかパンチの効いた場所ですな…shock
…夜に一人じゃ歩きたくないかも…。
すぐそばにパルコもあり、表の通りには、ビックだ、ヤマダだ、ZARAだ…というお店が並んでいるので、予想外の景色に、ちょっと怯む。
まあ、大型店舗のすぐ裏だし、人通りも多いし、危険なこともなかろうが…。
幸いなことに、新文芸坐はすぐに見つかった。
新文芸坐の入っているビルの前にも行列は続いていて更に伸びている。いったい何人いるのだろうか…。・

その列を横切ってビルの入口へ。
下はパチンコ店だが入口は違うし、看板があるので、方向音痴の私でも迷うこともなかった。やれやれ。coldsweats01
途中、ちょっとビビったけど。

新文芸坐はビルの3階にあるのだが、1階エレベーターホール横に、記事トップにある写真のように上映案内のポスターが掲示されていて、私のように、これを熱心に見ている人も何人か(恐らく学生さん)いた。
ビルに入りづらい雰囲気でもなかったので、3階に上がって、ロビーなども見ておこうか迷ったのだが、目の前の行列を見て、ヤマダ店内がどれだけ混んでいるのか不安になり、上には行かず、エレベーター前にあるチラシをいくつか頂戴して、デューデリもどき(笑)終了。
12月以降の上映企画のチラシも頂戴したのだが、ここの上映プログラムは、濃かったり渋かったりで、なかなかそそりますね。
今度、映画好きの母を誘って観に来ようかしら。
さて、これで、行けることになったら、隙間風か影の如く、ひっそり&こっそりと(もちろん、ちゃんとチケット買って入りますよ。)劇場に入れるはずだ。

ひと仕事(?)終えて、続いてヤマダのモバイルドリーム館へ移動。
店内には確かにお客さんが多かったけれど、通路が広いので混雑しているというほどでもない。
少しでも商品に近づくとピラニアのように(言葉が悪い)群がってくる店員さんをあしらいつつ、予定していたこまごましたものを無事購入。

前店舗では、自分で空いている店員さんを呼びに行かなければならなかったのに…。
オープンセール中だけのことだろうか?

店舗オリジナルキャラの袋。
Labi_3

ふ~ん、これがアキバ系ヲタク男子の萌え~なツボを押すキャラデザインらしい。

鬼気迫る形相で(オオゲサ)呼び込みをしている赤い半被姿のビックの店員さんたちの前をヤマダの袋を下げて通り過ぎ(すみませんね…)、でっかくオープンしたヤマダ電気「日本総本店」へ。

広々して明るく、通路も余裕をもってとってあるので見やすい。
ベンチも多めに置いてあって、買い物疲れの足腰を休められる。

1階の携帯電話売り場の申込みカウンターは長大なロの字型で、まるでデパートのお歳暮カウンターみたい。
元がデパートだったから、ってのは関係ないか。(笑)
前店舗より、ぐんと広くなったので、置いてある商品の種類もずいぶんと増えた。

やはり、配置されている店員さんの数が、かなり多い。
ん? もしかして、客が予想より少なめなのか?
それとも、セール応援人員が増強されているのか?

DVDコーナーをさらっと見た後、オーブンレンジのパンフを収集して終了。
本当は、オーブンレンジをちょっと見ようと思ったのだが、視線を動かしただけで、店員さんが寄って来て、ガンガン説明してくれるから、いささか面倒で…。
だって、今回は下見の下見程度だし。
店外に出ても、店の袋を持っているのにチラシを押し付けようとするし、なんか必死なのよね…。
仕方ないけど。

と、いうことで、この後、「すずめや」に急いだのであった。

« L'OCCITANE Cafe 池袋店 | トップページ | 傘と雨と雨男 »

here & there」カテゴリの記事

コメント

おおお!「俺は、あんただ・・・」ですよ。
昨日は、来る池袋廃人ツアーに備えてめぼしいカフェを検索しかかっていて、美冬さんのブログを見てロクシタン(鷲津~!)を候補に。
そして、池袋と言えば三越跡のヤマダが気になっていたのです!
地元のヤマダ電機でもよさそうなものですが、新規店のほうが品ぞろえも値引きも・・・・などと思いめぐらせておりました。
鷲津対策のブルーレイやTV買換えもそろそろ決定時期かな~と思っているので下見にちょうどよさそうですわ。
情報ありがとうございます。

nanakoさん

少しでもお役に立てそうならば
「それは良かった」(by 鷲津政彦) ←やや強引に引用

新文芸坐の近くのカフェということであれば、池袋パルコ内の
「Cafe add+ress 」
http://www.cafe-address.jp/index.html
も、落ち着いた雰囲気で、食事やスイーツもなかなか優秀です。
(たまにしか行かないのですが。)

>>ロクシタン(鷲津~!)

ふふふ。それもあって、最近、とみにロクシタンを寵愛しておりますよ。
鷲津が使ったフォーシーズン丸の内のアメニティはロクシタンの何のシリーズだったのでしょうか。
5年前に夏休みにどこにもいけなくて都内で遊んでやる!と泊まった時には、夏だったのでレモンヴァーベナでした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46702282

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋家電戦争&新文芸坐の立地環境に戦く。:

« L'OCCITANE Cafe 池袋店 | トップページ | 傘と雨と雨男 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ