« 『タラおじさん』やら『すくるーじ』やらが攻めて来るが、大丈夫なのか? | トップページ | 映画『笑う警官』鑑賞で?がいっぱい【注意書あり】 (改稿) »

2009-11-20

母の思うツボ?~アフタヌーンティー誘導作戦の結果は。

私の実家から自転車で10分くらいの所にシネコンがある。
映画好きな母は、3年ほど前に完全リタイアして以来、水曜日のレディースデーに毎週のように出かけては、映画鑑賞を楽しむという羨ましい日々を過ごしている。(父はたいてい留守番。)
そして、気が向くと私に携帯メールで感想を箇条書きで送ってくる。
ロングメールが苦手なので、自然と箇条書きになったらしい。

一昨日、母から久々に映画感想メールが届いた。
私が見ようと思っていた「笑う警官」についてだったのだが、かなり曖昧というか微妙な表現になっており、要するに、悪くは無いが…的な感じ。
まだ早めの時間だったので、メールでなく電話をして、更に詳しく聞こうとしたが、私が近々観に行く予定だと知って、メール以上のことは言ってくれなかった。


母の言いたいことは別にあったらしい。
「佐伯役の俳優さんが、あなたが最近、好きになった人なんでしょう?」と聞いてきた。

母よ、それはかなーり間違った情報だ。wobbly
「ハゲタカ」という作品の主人公に私がのめりこんで、夫を放置している…と、最近、夫が母に言いつけたのだが、どうやら、鷲津役の俳優さんのファンになった…と解釈していたらしい。
「そうじゃなくて…いい役者さんだなって思ってるけど。」
夫にも職場のランチ仲間にも、口がすっぱくなるほど説明しても一向に理解を得られない説明を、また一からし直すのが面倒になり、説明を端折った。
すると母は、不思議そうに、「今まであなたが好きになった俳優さんとだいぶ、タイプが違うわね。」と言う。
確かに、そうだが……っていうか、好きっていうのと違うんですよ、ママン。

すると、母が意外な発言。
「私の好きなタイプとも違うけど、確かにどこか色気がある人ね。」

ちょっsweat01…母よ、…南朋さんを、お気に召したということでしょうか。
と、驚いていると、
「でも、あの役は見た目がイケてないわね。」
一刀両断。
あら…佐伯さんのルックスはお気に召さなかったらしい。

その辺は、観に行って確かめよう。
あら、これも監督の思うツボかしら?

そのような不毛な会話を打ち切るために、夏以来の懸案事項を持ち出した。
夏に体調を崩していた母に、元気になったら、素敵なお店で美味しいものをご馳走するからね…という約束をしていたのだが、鷲津三昧で、すっかり放置していたのだ。
どこか希望の場所があるかとたずねてみると

「ペニンシュラ東京かマンダリンオリエンタル東京のアフタヌーンティーに行きたいheart04」と言うのである。

私は、コーフンして、
「だったら、マンダリンに行こきましょうよsign03それがいいわよsign01お茶もスイーツも超おいしいんですってよ。ね、そうしまょう。」
と、独断で決定しようとした。

どえらい勢いの娘の独善的な態度に、母は驚き呆れ、ムッとしたらしい。
「そんなにマンダリンにあなたが行きたいなら、それでいいけど…」
電話越しの声だけで、口がとがっているのが見えるような声音である。
なんだか、ペニンシュラのほうに行きたいと言いそうな雲行きになってしまったぞ。
まずい、己の欲望をあらわにするという浅慮のおかげで、千載一遇のチャンスを逃しては、悔やみきれない。
(それほどの重大事ではない。)

ペニンシュラのアフタヌーンティーだって魅力的だし、以前、行列にひるんで退散したことのある私も行きたいところだが、それはマンダリンの後に決まっちょる!(←誰?)

「……ペニンシュラのほうがいいの?」
いちおう、表面的には退いて、心の中で「マンダリンに決めろ」と念じながら聞いてみる。

すると逆に問われてしまった。

「なんで、そんなにマンダリンに行きたいの?」
そりゃー聞くよね、さっきの勢いは。

「マンダリンのラウンジは38階にあって眺めがすご~くいいんですってよ。トイレの窓からの眺めまで良いらしいし、トイレに自動靴磨きマシンまであるのよ。」

と、同僚やネットから得た情報を披露したが、なぜかトイレ情報に偏ってしまった。
あわてて、補足。

「ペニンシュラのロビーのアフタヌーンティーは予約できないけど、マンダリンはできるし…。それに、お母さんは香港のペニンシュラでアフタヌーンティーしたでしょ。」

10年位前、母は出張で香港に行った時(旅行でないのが寂しいが)、ペニンシュラでアフタヌーンティーを堪能して、美味しかったわ~とご満悦だったのを思い出して付け加える。

私の必死さが伝わったのか、あるいは鬼気迫る邪念が電話越しに漏れたのか、母はついに、マンダリンでいいわよ…と言ったのであった。
ただし、時期は12月か、母の誕生月の1月。

う~ん、1月ならDVDでみっちり復習してから行きたい。
でも、寒いからなぁ…外をあちこち連れ回して『ハゲタカ』ロケ地めぐりの下見(廃人見習い中なので、恥ずかしくてデューデリとは言いにくいcoldsweats01)は、あまり出来なさそうだが、具沢山で回るツアーを更に先の時期(もっと寒いよ!)に計画中なので、マンダリンと周辺だけでも下見できれば良しとしよう。

…完全に親孝行が目的ではなくて、自分の欲望を優先させているな。
人間として、どうだろうか…と、一瞬だけ反省して、ガラにもなく、シュンとしていると、母が弾んだ声で言った。

「嬉しいわ~heart04 あちこちで写真撮るの、付き合ってあげるわね。」

えっ?
母よ、その言葉、どう受け取ったら良いのでしょうか?

もしかして、私は貴女の計略どおりに動いていたのでしょうか……sweat02

« 『タラおじさん』やら『すくるーじ』やらが攻めて来るが、大丈夫なのか? | トップページ | 映画『笑う警官』鑑賞で?がいっぱい【注意書あり】 (改稿) »

ハゲタカ」カテゴリの記事

day to day」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

素敵なお母様ですね。
美冬さんとの攻防?も面白い(笑)

それにしても、鷲津を好きになるとなかなか人に説明するのが大変ですよね(涙)
私も好きな有名人とか聞かれても心の中では「鷲津!」と躊躇なく叫ぶのですが、
説明が面倒なので「特にいないわ」と答えます。
だって、大森南朋さんっていうのも違うし。。。彼の役者としての才能とは別物ですしねぇ。。。

マンダリンオリエンタルでのアフタヌーンティ楽しみですね!
明日はいよいよ本命の彼に会えますのん♪

nanakoさん

いつもありがとうございますsign03

木曜日の晩に、母から、南朋さんが「テレフォンショッキング」に出演したから週末の特大号を見るように、とメールがあった時には驚きました。(笑)
そして「映画より素敵でしたよ。笑顔が可愛い人ね。」とあり、またビックリ。
よっぽど佐伯さんの見た目が残念だったらしいです…。

>>鷲津を好きになるとなかなか人に説明するのが大変ですよね(涙)

鷲津ラヴについては、同志の方々以外には理解してもらえないと諦めてしまいした。なかなかツライですね。(笑)

鷲津さんとの再会、満喫してくださいませ。
剣岳お目当ての方も多いでしょうから、混んでいるでしょうね。
暖かくしてマスクを忘れずにお出かけ下さいませ。
(なぜか、お母さんモード)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46809720

この記事へのトラックバック一覧です: 母の思うツボ?~アフタヌーンティー誘導作戦の結果は。:

« 『タラおじさん』やら『すくるーじ』やらが攻めて来るが、大丈夫なのか? | トップページ | 映画『笑う警官』鑑賞で?がいっぱい【注意書あり】 (改稿) »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ