« 疲れているのか、憑かれているのか | トップページ | スクリーン独占? »

2009-11-01

映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

誘われて、軽い気持ちで観に行った。

実を言うと、マイケル・ジャクソンに特別な思い入れがある熱心なファンというわけではない。
彼の訃報が届いたときには、突然のことで驚いたし、とても残念だったし、テレビで流れる様々なPVや幼い頃の映像などを見るにつけ、あまりに惜しい天才の死を悼む気持ちも強かった。

けれど、それはたぶん、ファンというほどでなくとも、マイケル・ジャクソンって凄いアーティストだなぁ、パフォーマンスしている彼は本当にカッコイイなぁ、と思っていた多くの人に共通する感慨だったろう。

そんな程度の人間(=私)が、2週間限定公開なら観ておきたい、という軽い気持ちで行ったのだが、本当に観て良かった!
私のマイケル・ジャクソン観に新たな思いが加わった。


マイケルの久々のそして最後のステージのリハーサル風景を追ったドキュメンタリーではあるが、意外にもマイケルだけを追ったマイケル大礼賛映画というわけではない。
マイケルと彼を支える超一流の才能が結集して、ショーを創り上げ、更に磨きに磨いていく過程の一端を、間近に見詰めるという、貴重な体験ができる作品なのだ。
だから、この作品は、映画館のスクリーンと音響で体験してこそ、臨場感が強くて、意味があると思う。

大掛かりなステージセット、計算された照明、曲ごとに作られるステージ用の映像、超一流のスタッフ、バックバンドとコーラス隊、そして世界中から厳選されたトップダンサーたち。
マイケルを中心として、全員が一丸となって、一つの作品を創り上げ高めていく姿は、実に清清しい。

マイケルとスタッフの信頼関係も、互いに才能を認め合い尊敬しあうプロ同士らしく、素敵だった。
指示や要求を出すたびに、必ず “Thank you.” や “God bless you.”と言うマイケルの姿勢にも好感を持った。

マイケルは、次々と的確に具体的に、穏やかな口調で、アイディアを出し、指示を出していく。
ほんの僅かな違和感にも決して妥協しない。
それを受けるアーティストやスタッフたちも、即座にマイケルの要求に近づいていく。

繰り返されるリハーサル風景中でも、特に見応えがあったのは、やはり、ダンスと歌。
ダンサーたちの鍛え抜かれた肉体だけでも圧巻なのだが、彼ら一人ひとりの、そして群舞での動きや表情が素晴らしくて見入ってしまった。
ダンサーのオーディションについて、「巧いだけじゃだめ。華がないと。」と責任者が語っていたが、そんな条件で選ばれたトップダンサーたちなのだ。
そのダンサー達が、マイケルと共にリハを重ねてくたびに、どんどんパワーアップしていく。
まるで、マイケルの輝きに照らされて、彼らも輝きを増していくようにも見えた。
そんな素晴らしいダンサーを従えてのマイケルのダンス・パフォーマンスは、やはり圧巻。
とにかく、カッコイイのだ。
ブランクや年齢を感じさせない身体表現の独特な美しさを見ていると、歳月は彼に与えこそすれ奪うことはしなかったのか?とすら思えてくる。


そして、マイケルの歌は、やはり素晴らしかった。
ついついダンスに目が行きがちだけれど、惜しみなく(リハだから当たり前だけど)披露される歌声、ヴォーカリストとしての力とセンスには鳥肌が立った。

キレのあるダンス、繊細にして力強い歌声。
マイケルは、己の肉体を楽々と自在にコントロールしているように見える。
彼はエンターテイメントの神に選ばれ愛された人だ。
この作品で、マイケルのパフォーマーとしての稀代の天才ぶりを見せ付けられたが、同時に、クリエイターとしての才能と、作品創りへの真摯な態度にも感じ入った。

そのことは、毎日そばで汗を流していたショーのスタッフたちとサポートアーティスト達は強烈に感じていたはずだ。
素晴らしいスタッフ、ダンサー、ミュージシャンたちが団結し、更にブラッシュアップされていくのは、もちろんプロとしての意識の高さもあるけれど、何よりも、マイケルという圧倒的で唯一無二の存在があってこそだ。

観終わって、良いものを観た、とても充実した時間を過ごせた、という満足感が残った。
唯一、残念なのは、このショーの完成形が永遠に観られなくなってしまった事。
だが、マイケルは多くの作品を遺してくれた。
それは私達にとって、何によりも幸せなことだ。

« 疲れているのか、憑かれているのか | トップページ | スクリーン独占? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

実は、私も気になっていた映画です。
ここ数年、映画などの娯楽をカットするストイックな生活だったのですが、
ハゲタカで映画館通いも楽しいな~と思い始めていました。
でも、実際時間をやりくりしてまで出かけようと思う作品もなくて。

美冬さんの感想を拝見して、これは是非出かけようと思いました。
私はチケットをいただいて彼のコンサートに行っているのですが、
ハマらなかったという感性(涙)の持ち主ですが、彼の死後TVで目にする色々な映像やエピソードで、大事なものをきちんと認識できていなかったのかもしれないと少々後悔しております。。。

nanakoさん

コメントありがとうございます。
エンタテイメントは嗜好品のようなものなので、どなたにでもお薦め!とは言えないのですが…。
実は、ファン以外の人間には、どうなんだろう?とも思って出かけたので、自分でも予想していなかった「良いものを見せてもらった。」という感想がわいてきて、ちょっと驚きました。
ファンというほどではないけれど、一般大衆としてマイケルに関心があった…という程度(汗)の私がが観て「良かった」と思えたのは、マイケルを持ち上げたり、煽る様な意図がほとんど(皆無ではないが)見えず、淡々とショーの地道な準備が描かれていたからだと思います。
マイケル・ジャクソンを中心としたハイレベルのプロ集団の仕事ぶり、一つの舞台を創り上げていくチームの姿を追ったドキュメンタリーとして楽しめました。

そういえば、ある番組で、マイケルのツアーダンサーを何年もしていた日本人ダンサーの方が、「マイケルが食べ物を口にしているのを見た事がない。水を飲んでいるのを見かけたくらい。」と語っているのを聞いて、
「まるで鷲津みたいじゃないの。」と思ってしまって、自分でも呆れました。(笑)

こんばんは。
また、遊びに来ました。
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
私も今日、見に行きました。
大ファンではないですが、TVで紹介されているのを見て興味がわいて。
やっぱり、予想以上に感動しました。
マイケルと皆のプロらしい仕事ぶり、格好良いですね。
マイケル、あんなに元気そうにコンサートの準備に心血を注いでいたのに…残念です。
私の斜め前の席に、外国人(たぶんアメリカ人)の2人連れのお客さんが来ていて、けっこうノリノリに上半身を揺らしたり指を鳴らしたりして見ていました。
驚いたけれど、不愉快ではなかったです。
逆に、日本人には出来ないけど、楽しそうでいいな、と思いました。happy01
確かに、誰もいなければ、一緒に踊りたくなりますね。happy02

sawayanさん

こんばんは♪ いらっしゃいませhappy01
ご覧になったんですね~。

>>予想以上に

そうなんですよね。
強い思いいれが無い人が観たらどうなのかな?と内心思っていたのですが、意外と飾り気なく淡々としているので、心情的に距離を置いて観る人の心にも、素直に伝わるのだと感じました。
…と、しみじみするも良し、ノリノリで見るも良し、ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46626696

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』:

» マイケル・ジャクソン THIS IS IT [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT’09:米 ◆原題:THIS IS IT◆監督: ケニー・オルテガ「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」◆出演:マイケル・ジャクソン ◆STORY◆2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジ...... [続きを読む]

» 『THIS IS IT』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「THIS IS IT」 □監督 ケニー・オルテガ □キャスト マイケル・ジャクソン、他■鑑賞日 11月1日(日)■劇場 109CINEMAS(IMAX)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> マイケル・ジャクソンが今年6月に急死した・・・。 50歳だった。 本来ならば、直前までロンドンで行われるコンサートのリハーサルを行っていた。 これはその際の膨大なリハーサルのフィルムをまとめたドキュメンタリー。 ここには、僕らの決して知らな... [続きを読む]

« 疲れているのか、憑かれているのか | トップページ | スクリーン独占? »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ