« Braviaさんがシブイ働き~大森南朋さんナレーション作品 | トップページ | 耳のツボに耳の保養。 »

2009-12-19

最期?最後?『外事警察 第6回 その男に騙されるな』~心の叫び速報版

NHK土曜ドラマ『外事警察』の最終回。
それなりの長さの文章にするのは未だ無理なので、とにかく心の叫びだけ放出。

ラストシーン。

ちょっ…えっ?…おいっ…これってまるで…!!!

と、叫びながら、私は髪を掻きむしっていた。

同じような叫びが多くのハゲタカ・ファンの口からも発せられたであろうと推察される。

ころっと騙され続けていた私だが、住本の運命は、ある程度は予測していた。
ただし、まさか、あれ(ラストシーンのこと)とは…。

でも、あれが「最期」だと決まったわけじゃないし。

黒幕やらタヌキとキツネやらが化かし合い。
国益は正義より人命より重いのか?、なんて言葉は、性善説の幻想の中に生きている平和ボケしている人種の寝言だというのか?
では、何より尊いはずのものより優先されるという国益とか威信とは、そもそも何なのだ?

誰も何も信じられない世界で生きている住本が、「騙されても人は信じようとする。信じ抜かなければ救われない。(←不正確です。)」と問わず語りのように言う。
誰も何も信じていないように見える住本が。
彼は、信じていたのか?
彼は、信じたかったのか?
なぜか、胸が、苦しくなった。

最終回サブタイトルであり、番組の惹句でもある

“その男に騙されるな”

の “その男”

は誰のことを指すのか。

或いは、誰たちを指すのか。

難しいことを考えると眠くなる私には、わからないことだらけ。

唯一の光明は、愛子の「おはよう。」。

強烈な毒と闇を孕んだドラマだけれど、誘引力も同じく強烈だった。

« Braviaさんがシブイ働き~大森南朋さんナレーション作品 | トップページ | 耳のツボに耳の保養。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「ハゲタカ」ファンだったから、余計に落胆したのかも・・・しれないですね。
げんなりでした。

こんばんは♪

やはり、そうでしたか。
あれってねぇ。。。
もし、渡部さんが映画ハゲタカを見ていたらなんだかちょっと厭だったんじゃないかしら?などと思いながら観てました。
「元いた場所にもどれ」とか「あなたに何がわかるというの」「あなたとは私は違う」とか、もう、やけくそとも思えますよね(笑)

で、きっとドラマの鷲津のように回復して・・・映画 外事警察でよみがえるんでしょうね。

最後までなんだか救いのないドラマだったような。って、ろくに見ていない私に言われたくないですよね、NHKさん。。。

>TOMMYさん

はじめまして。
ラストで驚かれた映画「ハゲタカ」ファンの方は多いかもしれませんね。
コメントありがとうございました。


>nanakoさん

心の叫び(笑)へのコメントありがとございます。

類似点が多すぎで、ハゲタカ脳を刺激するドラマではありました。
恐らく、「ハゲタカ」を未見の方々のほうが、視聴者には多いのだろうから、引っかかりすぎている自分が間違った見方をしているんだ…とも思うのですが、でも、nanakoさんが御指摘のとおり、台詞の刺激が強すぎるので。sweat02

ラストは、映画「ハゲタカ」を観た人間としては、驚きましたが、観ていなかったとしたら、私は、結構ありがちに感じたと思います。
住本は複数から命を狙われていただろうし、日本では銃器を使うと後が厄介だろうから、ああいう方法か確実だろうし…。
ただ、シチュエーションが酷似しすぎていましたから、うーん、うーん…と唸るのみです。
どうしても映画化のことが頭に浮かんでしまいすし。

エグいドラマですが、私はお腹に力が入るようなドラマを観たがるクセ(?)があるので、疲れるキツイイヤだと言いつつ、全回みてしまいました。coldsweats02

こんばんは~。再度、お邪魔します。
最終回、録画していたのをやっと観たので、コメントします。

>ちょっ…えっ?…おいっ…これってまるで…!!!

わかります!私も「えぇっっ?!こりゃまるでハゲタカじゃないかぁ」って思いました。
しかし、あんな思わせぶりなラストシーン…ということは、続編もしくは噂になってる映画化があるんでしょうか?

私の勝手な妄想(´,_ゝ`)プッ

住本刺される→一命を取り留める→緊急入院→リハビリ→車いすから杖へ→「鷲津ファンドを立ち上げようと…」じゃなくて(笑)「密かにテロリストを消す必殺仕事人を立ち上げようと思います!」(笑)

な~んて、続きを想像しちゃいました。敵役に南朋さんはいかがでしょ?ファンの人(自分もだろうが…)には不評かしら?

今日、BSのアニメを観ました。いいなぁ、あの声。私に読み聞かせをしてほしい…(*^。^*)
ナレーターといえば、教育TVの「シャキーン!」って番組で遠藤憲一さんがナレーターをやってるんですよね。あの渋い声で超まじめにギャグを言ってるから、もうおかしくて、おかしくて(爆笑)
そのTVも教育TVらしからぬヘン(?)な番組なんですよ。たまにしか見られないのが残念なんだけど…。

では、また~

ぶるーうぉーるさん

こんばんは。
ようこそ、いらっしゃいませ♪
再訪していただけて、嬉しいです。


>>住本刺される→一命を取り留める→(中略)→「密かにテロリストを消す必殺仕事人を立ち上げようと思います!」(笑)

それはスゴイ新展開!(笑)
元締めには有賀さんですか?
あのラストでは、住本がどういう立場になっているのか、分からないままだったので、続編なり映画なり、ありそうな匂いがしますね。

>>いいなぁ、あの声。私に読み聞かせをしてほしい…(*^。^*)

ぶるーうぉーるさんも、南朋さんの声がツボでしたか。
お仲間ですね~嬉しいですhappy01
私は鷲津でないときの南朋さんの外見にはあまり惹かれないのですが、声だけは別らしいです。
読み聞かせしてもらったら、動悸がして大変そうだわ。(笑)

>>教育TVの「シャキーン!」って番組で遠藤憲一さんがナレーターをやってる

えっ、それは初耳。
エンケン・ファンの同僚に聞いてみます。
まだ観た事がないのですが、番組表でタイトルは見かけたことが…。
今度、ぜひチェックしてみます。
遠藤憲一さんのポリシーは、仕事のオファーは原則として断らないことだそうなので、意外なお仕事をいろいろとされているようです。
NHKでも意外と(って失礼かしら)重用されてますしね。

また、お気軽にいつでも遊びにしらしてくださいませ。

すみません。たびたびのコメントですが、補足です。
エンケンさんのナレーターですが、「シャキーン!」の中の、「comming soon」というコーナーでナレーションをなさってます。(とにかくコーナーがいっぱいある番組なんです)
どんなコーナーかといいますと、季節の出来事やイベントをかな~り大げさに(笑)まるで映画の予告編みたいにオーバーに紹介するのです。ちなみに、昨日「シャキーン・ザ・ナイト」での出演では…
エンケンさんの声でいきなり「君は野口か?樋口か?それとも福沢か?」とたたみかけるようなナレーション…場面変わって、子供がおじいちゃんらしき人から、お年玉をもらいます。ポチ袋のなかをみると1000円札が一枚…また、渋いナレーション
「できれば福沢(一万円)がよかった…お年玉comming soon」

まぁ、くだらないっちゃ、くだらないんですがね(笑)
こんな感じのコーナーです。
エンケンファンの同僚の方とご一緒にチェックしてみてくださいな。

ぶるーうぉーるさん

こんばんは♪
詳細な素敵情報ありがとうございます。
うわぁ~、くだらなくてナイスです。happy01
これは、ぜひともチェックしなくては…。
「シャキーン!」を見てから、『外事警察』を見たりしたら、倉田理事官のキャラ設定が自分の中で不思議なことになりそうですね。
いいなぁ、こういう仕事もやっちゃうエンケン。(笑)
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/47063446

この記事へのトラックバック一覧です: 最期?最後?『外事警察 第6回 その男に騙されるな』~心の叫び速報版:

« Braviaさんがシブイ働き~大森南朋さんナレーション作品 | トップページ | 耳のツボに耳の保養。 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ