« 『外事警察』雑感~第4回を中心に | トップページ | 言ってみたい! »

2009-12-11

中濃ソースに犬と獅子~予習復習のための備忘録

生来のぼんやり屋なうえに、最近は記憶力の減退が著しい。
なんせ、結婚記念日すら忘れるくらいなのだ。
まあ、長く生きていると、あちこちガタがくるものだ。gawk
よって、備忘録を兼ねた記事を投稿しておく。

数日前から、中濃ソースを切らしていた。
私自身は薄味ライフを送っているし、リーペリン・ソースだってあるので、無くてもさほど困らないのだが、我が家のソースダイスキー王shadowがぶつぶつ言うので、やっと昨日、帰宅前に立ち寄った地元スーパーでソースの棚へ。
いつもは、駅の反対側にある品揃えが豊富なもっと大きいスーパーで調味料を買うのだが、昨日は時間がなくて妥協してしまった。
するとやはり、我が家で長年愛用しているタカハシソースの「オーガニックカントリーハーヴェスト」を置いていない。
ソース愛が薄い私は、他のブランドでもいいや、と考えて、とりあえず国産野菜使用という点が、カントリーハーヴェストと共通している商品を見つけ、それを買って帰った。
 

Item0106_4  ブルドック 特級 中濃ソース 

タカハシソース一辺倒だったので、久々のブルドックだ。
公式サイトを見て気がついたのだが、「ブルドッグ」でなく「ブルドック」が正式表記なのね。
英語表記は「Bull-Dog」なのに、何でだ?
なんてことは置いといて。coldsweats01
帰宅して、「ふーん、こういうシリーズも出しているんだねえ。」などと呟きつつ、ラベルを改めて読んだりして、賢い主婦とは言えない消費行動なのであった。

この後すぐに夕食の準備に取り掛かるべきところを、キッチンを出て、PC部屋に移動してしまったのは、ハゲタカ脳のせいである。

ブルドックソースといえば、2007年にスティールパートナーズにTOBを仕掛けられたことに端を発する、いわゆる「ブルドックソース事件」を思い出す。
新米ハゲタカ廃人の私でも、ブルドックソース事件を下敷きにしたという噂のある、映画『ハゲタカ』でまるまるカットされてしまったが、映画BD/DVDの特典DVDに収録される未公開映像「ライオンソース裁判」に考えが及ぶのは当然のことだ。

この裁判の結果に落胆し、「資本主義のルールすら守れない日本」に絶望した鷲津は、日本に嫌気がさして南の島で飲んだくれたり、不摂生が祟って体重を増やしたりsweat02していたわけだ。
買収に失敗したのだから、ヤンチャモードannoyになったり、落胆downするのは当然だが、なぜ、そこまで絶望し、ぐれて(笑)しまったのか、彼が言う「資本主義のルール」とは何を指すのか?
これらが、映画初見時から気になっていたものの、鷲津heart01に急速に夢中になってしまい、面倒なことは棚上げにして、ろくに調べも考えもしなかったダメな私である。
が、せっかく(?)、何年かぶりにブルドックソースが我が家にやって来たので、ライオンソース裁判の予習をしておこうかね…と、珍しく殊勝なことを思い立ったのだ。

私は、ドラマ『ハゲタカ』を観ていなかったし、企業買収にもブルドックソース社にも特別な関心は無かった。
そして、ものすごく経済オンチだった(それは今も変わらない。)
だが、当時、この件について、どういうことが起きて何が問題なのか、ポイズン・ピルって何?とか、この件について好悪で物事を判断するようなムードがメデイアで大勢を占めているがそれでいいのか?…と、わからないことばかりだった。
なので、無知な人間でもわかりやすく解説してある記事はないか、とネットでウロウロした記憶がある。
身も蓋も無い言い方をすれば、興味本位で、ちょこっと関連情報を探してみた、ということだ。
で、用語や事実関係を整理した記事や「傍聴マニア」」的な人のブログやサイトなどが沢山あり、勉強になったし興味本位の人間としては面白くもあったけれど、大半は今や忘却の彼方だ。sad
判決後に読んだ幾つかの記事で、明快で理解しやすく腑に落ちたものをクリッピングしてPC内に保管してあったことを思い出して、夕飯の準備そっちのけで、ファイルを探してみた。
当時、配属されていた前部署ではエコノミストに囲まれていたので、勉強のために、テーマに関わらず読んで参考になったと思う記事をクリッピングするなんて、マジメ(と自分で思いたいがため)なことをやっていたのだ。
今はもうしていないが…。bearing
古いファイルなので捨てちゃったかな…と探したが、なにぶん、家族共用のPCなので、深いところに諸々の秘密のモノがしまってあり(笑)、すぐには見つからなかった。
なんでも、とり合えず突っ込んどいて、後で整理しよう、という甘い考えが後で時間の浪費に繋がることは、重々承知しているのだが…。
PCの奥深く、しかも意味不明なファイル名をつけて放置していたのを、

「やっと、見つけた…。」(by 芝野健夫)

この台詞、抜書きすると、姿を消した恋人を探し当てた男の台詞としか思えない…もぉ~芝野先輩ったら…sweat01

クリッピングしてあった記事のうち、鷲津の激昂と落胆の源について考える参考になりそうなものを、備忘録代わりに貼っておく。
マジメなお勉強用ではなく、あくまでも私個人の想像の焚き付け用dashに選んだので、その点をお含みおき頂きたい。

大前研一 ニュースの視点
http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/909.php

「産業突然死の時代の人生論」 第93回 (筆者:大前研一 氏)
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/96/

奇しくも、大前研一氏のコラム2連発coldsweats01になってしまったが、別に氏のファンでも信奉者でもない。
ライオンソース裁判判決後の鷲津の心境を想像するため(私のレベルでは理解なんてできない)の参考として、とりあえず、このコラムをピックアップしてみただけのことだ。

もちろん、改めて探せば、たくさん参考になる記事がみつかるはずだし。

判決と官僚等の反応に批判的な論調ではあるが、大前氏の個人的見解を記したこのコラムを、鷲津の激昂や絶望の理由を代弁するものとして読むつもりはない。
鷲津が、日本の政財官が腐りきっていて、国民は愚かだと吐き捨てるまでに日本に絶望してしまう心境に到達する理由を、少しだけでも想像したいという、実に不純な動機での予習の予習を思い立ったわけだが、ライオンソース裁判とブルドック事件が別のものだし、上記コラムは、様々な意見のうちのひとつだと理解する分別は辛うじて(苦笑)残っているから。


不純な動機で予習し、裁判シーンを観た後で、復習すれば、なお楽しめるかも。
とはいえ、冒頭に述べたとおり、忘れっぽい今日この頃でアバウトな私なので、本編を繰り返し観まくった後に特典映像を観た頃には、参考記事のことも忘れていそうだ。
と、いうことで、ここにメモしておくことにしたが、恐らく、復習編はないであろう。(笑)

なんだか、よくわからないことを繰り返し記している記事になっしまったが、メモの代わりなので、ご容赦いただきたい。

それにしても、今からこんなことを考えているとは、鬼が爆笑するだろうな。happy02

« 『外事警察』雑感~第4回を中心に | トップページ | 言ってみたい! »

ハゲタカ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんはぁ。
私はソース不要人生なのですが、こちらでソースという字を見た途端、もちろん脳裏はライオンソース一色でした(笑)
あ、お好み焼きのおたふくソースは別格です。

私は仕事と趣味でかかわりの深い分野なのですが、ブルドックソースはリアルタイムでその行方を追っており、色々と物議をかもしたことを思い出しました。ポイズンピルなども10年まえに英文契約のテキストのコラムで知って、その頃はアメリカって大変ねぇくらいの認識だったのに・・・と懐かしく思いだしました。

鷲津の裁判シーンを見ないと何とも言えませんが、私は裁判所の判断が苦しいような印象を当初持っていたので鷲津に感情移入できそうです(笑)
経済事件として見ていたときと、鷲津が絡むのとでは自分への浸透度がこんなにも違うのかと驚いています。

でも、ソースを買うだけでここまでお勉強してしまうハゲタカ廃人って友人の言った通りだと思いましたわ。
「好きなものがハゲタカなんかだど、やっぱりみなさん高尚なんですね。」

nanakoさん

いらっしゃいませ。こんばんは♪
私もソース無しでOKな人生になっています。(笑)
でも、ライオンソース裁判の映像は無くちゃ困るsign03

このような低レベルな記事にコメントを頂戴して恐縮です。
あ~あ、ヤバイなぁ…。

詳しい方や専門家の方に見られたら、失笑をかう無知蒙昧ぶりを晒しまくった内容なのでアップした後、やっぱり下げてしまおうか迷ったものの、法律も経済も分かってなくたって鷲津を好きになるのは自由なんだもん!
と開き直って下げずにおいてしまいました。
私のように何も知らない・分からない人間が、ちょびっと興味を持ってヤジウマ根性でブルドックソース事件の成り行きを見ていた当時と、鷲津を知った後の現在では、nanakoさんがおっしゃる通り、自分への浸透度が段違いです。
鷲津愛は偉大だ。(笑)

>>好きなものがハゲタカなんかだど、やっぱりみなさん高尚

それは、私も強く感じます。
廃人の皆様方のお宅を訪問するたびに、
啄木の
「友がみな われよりえらく 見ゆる日よ……」
の「友」を「廃人」に書き換えて思い浮かべてうなだれることがしばしばです。crying
でも、立ち直りが早くて図太いのが私の強み(それを強みといって良いのか?)なので、相変わらず、nanakoさんのお宅を初めとする廃人様方のお宅訪問を続けております。

私の場合は、あくまでも、鷲津の気持ちに寄り添いたいという不純な動機で予習しようとしているので、「高尚」と逆の「低俗」「低レベル」なハゲタカ廃人。
でも、鷲津を好きになるのは自由なんだもん!と心の中で叫び続けております。

このように低レベルで不純な(笑)幣ブログですが、どうぞ、これに懲りず、お見捨て無きよう…。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46984329

この記事へのトラックバック一覧です: 中濃ソースに犬と獅子~予習復習のための備忘録:

« 『外事警察』雑感~第4回を中心に | トップページ | 言ってみたい! »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ