« 鷲津中毒者の夜は明けるのか? | トップページ | 映画『ハゲタカ』DVD&Blu-lay 「ライオンソース裁判」映像情報が公式サイトにUP »

2009-12-04

確かに「バカ」だ。

いつも財布がパンパンに膨らんでいる。
残念ながら、福澤諭吉先生が大集合しているからではない。
色々な店のポイントカードと小銭で膨れているのだ。
主婦には良くあることだと思うが……アレ?私だけですか?sweat01

仕事帰りに夕飯の材料を買って帰ることが多いのだが、ちょうどレジが大行列している時間帯。
支払い金額に、8円とか9円の端数が出た時に、目が悪くて手先が不器用で小心者の私は、鷲津みたいに“パチンパチン”と小銭をキッチリ置く…とはいかない。

たいてい、うまい具合に小銭を出せなくて、結局、大きい札を出して釣銭をたんまりと貰うことになる。
しかも、後ろに行列が続いているので、釣銭を適当に財布の小銭入に突っ込んでしまうのだ。
結果、私の財布は、西乃屋のcatなみにぷっくりしてしまうのである。

なので、夜、翌日の支度をするときに、財布の中を整理して、お札や小銭を取り出しやすいようにしておくのが、習慣となっている。
と、書くと、なんだか几帳面な人のようだが、几帳面ではないので、常々、財布の中が乱れていて、“小銭キッチリ”ができないのだ。

夕べも、夕食後にリビングのソファに座って、テレビをザッピングしている夫の隣で、財布の中をチマチマと整理しようとしていた。
1円玉と10円玉が大漁(笑)だ。
ちゃんとテーブルにでも並べればいいものを、ものぐさな私は、両腿の上に通販カタログなんぞを置いて、その上に硬貨ごとに並べて整理しよとした。
厚手の冊子ならまだしも、薄くてフニャフニャと頼りない冊子の上に沢山の硬貨を並べるのは、かなり強引な作業方法だと分っていたのに、強行してしまうところが、雑な人間の哀しさ。
絶対に鷲津ファンドには採用されないタイプ。

カタログの表紙が硬貨で埋め尽くされそうになったところで、夫が何か話しかけてきたので、ついうっかり、硬貨が整列しているカタログを乗せた腿を動かしてしまった。

とたんに、硬貨がバラバラと床に散らばり、四方八方に転がっていった。

「あーあ」
一瞬、がっくりと固まっていると、夫が突然に立ち上がって叫んだ。

「拾え!」

「……え?」

大声を出したり命令口調になることがない冷静沈着な夫が、突然に語気荒く叫んだので、私は目を見張った。
彼は床に跪くと、散乱した硬貨を両手でブルドーザーのように掻き集めながら、続けて叫んだ。

「拾うんだよ、守山!」

……あ、そういうことね…。

私は脱力しながら、自分の足元の1円玉を拾った。

……あのー、アナタ劉ですか。
ずいぶんとトウのたった劉一華だよ。
共通点はメガネ男子という点だけ。
だいたい、我が家の質素な狭いリビングで小銭を拾いながら言う台詞かね。
400枚の万札をマンダリンのスイートで鬼気迫る形相でグチャグチャと掴むのとは雲泥の差だ。
そりゃ、万札も1円玉も大切なお金であることには変わりないが…。

内心、脱力気味のツッコミを入れながら、私は10円玉をつまみあげていた。一方、床に這いつくばってソファの下を覗き込みながら、彼は北島マヤが乗り移ったような熱演を続けていた。

「拾わなくちゃいけないんだよ!」

……言われなくてもわかっとるわい。sweat01

なんとか、硬貨を拾い集め、いちおう夫に「ありがとう」と礼を言う。
親しき仲にも礼儀あり、が我が家のルールだ。

夫は満足そうにうなづいた。
「楽しかった?ハゲタカごっこ」

いや、私がお礼を言ったのはね、そっちじゃなくて、拾ってくれたことなんだけどね…。

「う~ん、万札だったら、もっと楽しかったね。」

冗談めかして言ってみると、彼は「ああ、そうだね」と微笑んだ。

「そっか、小銭を拾うのは、劉が刺された後だったよね。さすがに、あれはボクはできないなぁ。ごめんね。」

私は「うん、いいよ、そこまでやらなくても…」と作り笑顔を浮かべながら、心の中では(誰も頼んでないよ!gawk)とブーイングしていたのだった。

当ブログで何回か書いたが、そもそも、私が映画『ハゲタカ』を観たのは夫に誘われたからだ。

彼は原作小説も全部読んでいるし、映画もドラマも3回ずつ観ている。
NHKスペシャルの経済モノを欠かさずチェックしているし、経済小説を好んで読んでいるので、『ハゲタカ』も硬派で面白い作品、として好みに合ったらしい。
だが、『ハゲタカ』好きではあるが、ファンというのでもなく、ましてや鷲津heart02でも廃人見習い候補でもない。
男性の『ハゲタカ』好きの方々に多く見受けられるように、彼は芝野派だ。
大きな組織に属して働く人、特に中年男性には、一番感情移入しやすい登場人物だものね。

そんなわけで、印象深い台詞は覚えていて、時々、こうした“口撃”を仕掛けてくる。
たぶん、私が喜ぶと思ってやってくれているのだろうし、彼自身も、こういう遊びが大好きなので、楽しんでいるのだ。
結構なことではあるが、正直、ちょっとイラッbearingとする。
今回のように劉の台詞の場合はまだ良いのだが、鷲津の台詞を言われる(それもポーズ付だったりすると尚更)、イラッどころか、ムカッとする。
今まで何回も、「鷲津の似ていないモノマネは腹が立つから絶対にやめて。」とハッキリ言ったのだが、まったく通じない。
文句を言っている私に、背中越しに「伝わらない愛情もありますよ。」などとぬかしやがる(あら、私としたことが…ごめんあそばせsmile)のである。

annoyキイィィィーーッdash(大憤慨中)

……ということを、今日の昼休みにランチ仲間のM嬢に訴えた。
すると彼女は、『深夜食堂』の小林薫のように腕組みをしてじっと私の話を聞いてくれた後、一言。

「バカップル。」

« 鷲津中毒者の夜は明けるのか? | トップページ | 映画『ハゲタカ』DVD&Blu-lay 「ライオンソース裁判」映像情報が公式サイトにUP »

ハゲタカ」カテゴリの記事

day to day」カテゴリの記事

コメント

美冬さん!

素晴らしいご主人じゃないですかhappy01
ハゲタカの世界にいざなってくれたばかりか、日常のハゲタカごっこまでつきあってくださるとは!私なら望むところですぅnote

 ウチのダンナはドラマも映画も殆ど見ないので、私が課題作品としてドラマ版『ハゲタカ』見せました。初回見せれば次が見たくなりますからねwinkところが全6話で彼がもっとも反応したのは第3話の居酒屋での沼田の「胸のうずきを場末の生ビールで・・・」ってくだりでしたcoldsweats01サラリーマンの悲哀を代弁してくれたのがウケたみたい。
まさに「そっちか!!!」ですよぉ。。。
 あ~、家庭内でハゲタカ台詞ごっこしてみたいわぁ~gawk

アンさん

こんばんは。
確かに、身近に「ハゲタカ」の話が通じて「ハゲタカ」ごっこの相手がいるのは、嬉しい環境ではあります。coldsweats01
ただ、彼には「ハゲタカ」愛とか鷲津萌えがあるわけではないので(あったら怖いけどsweat02)、かえって不満が…。贅沢なんですかね。bleah
やはり、理想は同じく鷲津に愛を注ぐ女性(この際、男性でも可/笑)の皆様と「ハゲタカ」や鷲津の魅力について語りたい!なので、こうして鷲津heart02の先輩・アンさんにコメントいただけるのは、とっても嬉しいのです。
ありがとうございます。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/46924703

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに「バカ」だ。:

« 鷲津中毒者の夜は明けるのか? | トップページ | 映画『ハゲタカ』DVD&Blu-lay 「ライオンソース裁判」映像情報が公式サイトにUP »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ