« 京黒ロール くろまる抹茶 | トップページ | やっぱり土砂降り~『龍馬伝』第2回だらだら雑感 »

2010-01-11

『ようこそ 大河ドラマ「龍馬伝」の世界へ「龍馬と土佐の志士たち」』@丸ビル

この連休中に、丸ビルおよび周辺に出かける用があり、ランチ場所を調べていたら、ちょうど丸ビルで大河ドラマ『龍馬伝』関連の無料イベント開催中ということだったので、迷わずランチは丸ビル内に決定。

ようこそ 大河ドラマ「龍馬伝」の世界へ「龍馬と土佐の志士たち」

期間日時:2010年1月2日~1月11日
開催場所:丸ビルホール(丸ビル7F) ほか
(…すみませんsweat01…本日で終了でした…。

丸の内と言えば、三菱村なんて異称もあるくらい三菱系の会社が多く、三菱地所が所有するビルだらけ(丸ビルもそうだし)だから、そりゃ、こういうイベントを開催するのは当然だろう。
まずは、7Fのメイン会場へ。
ホールのエントランスには桂浜の龍馬像のレプリカ(?)がトーンと待ち構えていたが、写真は撮り忘れた…。
ここでは、1月16日から開催される「土佐・龍馬であい博」のPRコーナーが開設されていて、龍馬コスプレの高知県観光課の方(だったかしら)もいらした。
仕事とはいえ、新年早々、ご苦労様…。
(龍馬マニアの方ならば、趣味と実益を兼ねられて楽しい業務だ)happy01
ここで、名物「いもけんぴ」が配付され、食い意地がはっている私はテンションup

Kempi2

さて、メイン会場に入ると、おお、結構お客さんが入っている。
ざっと見た所、大河ドラマの中心視聴者層の年齢層の方が多いようだ。
あとは、龍馬ファンの老若女子…ってところか。
入ってすぐに『龍馬伝』の紫舟さんによる題字が展示されていた。
むき出しで展示してあったので、コピーだと思うのだけど、前にへばりついているお爺さんが全く動いてくれなかったので説明が読めず、そこは不明。
続く導入部では、龍馬を巡る人物相関図や年表など、基礎情報がパネル展示されていた。
ここで、
「本人より福山さんのほうが、随分とオトコマエね」とか
「え、勝海舟役って、この人なの?CMで龍馬の格好してるけど。」
「本当は龍馬やりたかったんじゃないの」
「あらー、福山さんで本当に良かったわ~」
「やりたくてもできないわよ、トウが立ちすぎて」
などと、忌憚の無さ過ぎる感想(笑)を述べられている人生の大先輩の御婦人方の会話に後ろでニヤニヤしつつ、進んでいく。
この後は、史料展示。
目玉の龍馬から乙女ねえやんへの書簡をはじめ、岡田以蔵の拳銃、武市半平太の書簡など、龍馬マニアの方ならば垂涎の品が並ぶ。
龍馬の書簡は長くて、ぎっしりと書いてあるのだけど、大らかで伸びやかな字に見える。
一方、半平太の書簡は几帳面そうに整った字だった。
私は書がわからないので、パッと見ただけの印象だが。coldsweats01
この後は、大河ドラマの岩崎弥太郎コーナー presented by 三菱地所。
弥太郎が背負っている鳥籠一式(笑)やボロボロの衣裳が展示してあったが、≪撮影に使用したもの≫という表示が無かったし、かなりきれいだった(笑)ので、実際に使用したものではないかも。

さて、この後ランチタイムを挟んで、1Fロビーでの大河ドラマ『龍馬伝』関連の展示へ。
こちらは、7Fの客層よりググッと若い女性が中心…というか、殆どが若い女子だった。

Ishou
こちらは、半平太さんの衣裳

出演者の方々のサイン色紙も多数展示されていた。
福山さんや佐藤健くんの色紙を写メ撮影する女子が多い中、私だけが、こちらを撮影。

Shikishi

武市半平太役の大森南朋さんのサイン色紙。

私は、芸能人のサイン色紙というものに、あまり興味のない人間なのだが、それぞれの役者さんのメッセージの筆跡にお人柄が出ているようで、興味深く拝見した。
里見さんは雄雄しい筆文字で墨痕鮮やかだし、渡辺いっけいさんは、丸っこい人懐こい雰囲気の字だった。
南朋さんの字は、どうでしょうか?
なかなか読みやすいキレイな字ですね。
福山さんの字は…えーっと覚えてない…sweat02

モニターで、香川照之さんと大森南朋さんのインタビュー映像が交互に流れていた。
よく放送されている10分間のPR番組『龍馬伝メイキング』内で流れているインタビューのロングバージョン。
モニタ前に立ち止まって見ていた人は私ひとり。
ま、福山ファン、健ファンは、興味ないんだろうなぁ。

お2人とも、長いスパンの作品だけに、御自分の演じる役の内面や激しく変化していく外界との関わり、龍馬との関係や龍馬に対する思いが愛憎半ばに変化していく過程を、どう表現していくか…ということを、真摯に考えておられて、思わず2巡も見てしまった。
南朋さんは、かなり血中半平太濃度が濃い話しぶりで(笑)、半平太についてと彼の龍馬への思いの変化を想像しながら語っている表情も声音も、厳格さか滲むものだった。

と、いうわけで、ちょっとミーハーな行動を多々してしまった丸ビルでのひととき。

« 京黒ロール くろまる抹茶 | トップページ | やっぱり土砂降り~『龍馬伝』第2回だらだら雑感 »

here & there」カテゴリの記事

気になる人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。おもしろそうなイベントですね。今年はもちろん坂本龍馬関係のイベントがあちこちで行われるんでしょうね。
南朋さんのサインって結構角張った字なんですね。
ご本人のイメージだと、やさしい感じのサイン(ゆるゆるともいう・・・笑)かなって思ってました。

>福山さんや佐藤健くんの色紙を写メ撮影する女子が多い中、私だけが、こちらを撮影。

わっはっは(* ̄ー ̄*)
その情景がなんとなく想像出来ますゎ
そういえば、(前のコメントに書き込んだつめたぁい・・・笑)娘が買ってきた「セブンティーン」(今でもあるんですよ なつかしい)にお勧めドラマで「龍馬伝」がのってるんですよ。
もちろんメインは福山さんと佐藤健君ですがね。(苦笑)
でも、南朋さんはじめ、香川・宮迫・広末・寺島さんも写真付きで載ってます。
まだ、売ってると思うので、時間があれば、さらっとチェックしてみてください。あ、でも付録がついてるから立ち読みはムリかぁ・・・
(最初から立ち読みを勧めてる・・おいおい)

ふと、思ったんですが、この前の「ハゲタカ副流煙」だけど、私はよく考えたらホタル族??(ベランダで一人ですう人のこと)ってことだよね。
なんかさみしい・・・
ベランダから脱出(笑)できるように頑張りますゎ


ぶるーうぉーるさん

いらつしゃいませ♪

うーん、「セブンティーン」ですか…。
心は永遠の18歳の私(嘘)でも、さすがに手に取るのは清水の舞台から飛び降りるより勇気が要りそうですね。
どこかコッソリ立ち読みできそうなところはないかしら(笑)
お嬢さんのおかげで、そういう若い(笑)雑誌の情報も入手できるなんて、恵まれていると解釈できるかも、ですよ。

>>私はよく考えたらホタル族??

あはは…happy02
でも、私も『ハゲタカ』の話題が家庭内と一部友人に通じるだけで、鷲津heart01の話とか、映画やドラマの萌えシーンや気になるシーンについて語る…という相手はリアルでは皆無で孤独なのです。
なので、こうして、ぶるーうぉーるさんをはじめとするハゲタカ廃人の先輩方とブログのコメント欄でお話させていただいて、発散しております。
本当に、ありがとうございます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/47268067

この記事へのトラックバック一覧です: 『ようこそ 大河ドラマ「龍馬伝」の世界へ「龍馬と土佐の志士たち」』@丸ビル:

« 京黒ロール くろまる抹茶 | トップページ | やっぱり土砂降り~『龍馬伝』第2回だらだら雑感 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ