« たてもの探訪@三井本館 | トップページ | 金(マネー)の重みを知る@貨幣博物館 »

2010-02-25

常盤橋門跡と常磐橋

映画『ハゲタカ』ロケ地ツアーレポートその2。

三井本館→日本銀行本館前を通って、劉一華終焉の地・常盤橋門跡の公園へ向かう。
見覚えのあるビル。

Parkcent

このルートを通らなければ、あの悲劇は起きなかったのかも…。
でも、そうするとタッキー(滝藤賢一)の出番が無くなっちゃうからなあ。(そっちかい!)
そんなことを喋りながら、例の横断歩道を何度も渡ったり戻ったりしつつ写真を撮り、かなりアヤシイ人たちになっていた私たち(正確には私と、呆れ従う夫)であった。
ご存知のとおり、♪とおりゃんせ♪は流れていません。
流れていたら、横断歩道を渡りながら号泣する劉ファン女子が続出?

Park1

日本資本主義の父・渋沢栄一の像の近くで悲劇に見舞われたというのも、皮肉な運命。
Shibusawa

例の公園は、意外と小さかった。
じっくりと検分し、劉が倒れこんだ場所で追悼して、写真も撮りたかったのだが、ここを住まい(?)にしているらしい方が全財産を背負って、当該箇所近くにお家の設営準備をし始めたので、退散。
うーむ、残念なり。またの機会に。

この公園には、国定史跡 「常盤橋御門跡」の石垣が残っている。

千代田区観光協会HP
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/364/Default.aspx

それも、じっくり見たかったけれど、今度は別の、ちょっとアブナイ感じの人(しかも、ヨレヨレだけどスーツ姿だったのよ!)がブツブツ言いながら公園に入って来たので、めちゃめちゃ怖くなり、そっと遠ざかる。sweat01
なにしろ、ここはなんとなく寂しい雰囲気で、しかも『ハゲタカ』であんなことが起きた場所だから、ビビってしまったのだ。
それに同行の執事(夫)は、ブルース・リーが好きなのに、武闘派ではなく、ガンジーばりの非暴力主義者なので、いざというとき頼りにならない。

そういえば、この公園は、竹中直人監督作品『東京日和』でも撮影場所として使用されたそうだ。
ベンチを置いたりして、随分と違う雰囲気で映っているらしい。
ただし、伝聞情報なので、いずれDVDを借りて確認してみたい。

また、去年、『タモリ倶楽部』で江戸城の外郭石垣の名残を探訪する企画を放送していたが、その際に、ここをタモリたちが訪れて石垣を見学していた。
…ってどんだけタモリの番組を観ているのか?>自分(笑)

「常盤橋」から、劉一華終焉の地である「常磐橋」を見る。
おなじ読み方だけど、字か違う。ややこしい。

Dsc02057

明治10年建造の西洋式石造りの2連アーチ橋。
歴史的価値があり風情ある橋なのに、全く手入れされていない様子で随分と傷んでいる。
それが尚更に哀愁を誘う。

橋の中央部の上には高速道路が架かっていて屋根代わりになるせいか、ホームレスのお家セット(?)が多数あったので、橋の上での撮影は控えて、隣の常盤橋(こちらの橋のほうが新しい)から全景撮影。
その後、改めて常磐橋を渡り、橋の上で、「劉一華と名乗っていた男が、もう迷子になりませんように…」と、合掌して黙祷を捧げたのであった。


常磐橋を渡って、日銀越しに三井タワー。

Nichigin

三井本館、日本銀行、三越本店、日本橋高島屋など、日本橋には歴史のある重厚で壮麗な建物が多い。
そして、高くそびえるモダンな三井タワー、その中のゴージャスなホテル。
これら建造物内に、集まり渦巻き出て行く膨大なヒトとモノとカネ。
その目と鼻の先に、寄る辺の無い人たちがブルーシートで雨露を凌いでいる。

「地獄だね、日本は。」(by 劉一華)
「現実から目をそむけるな。」 (by 劉一華)

改めて、劉一華が、あの場所で金が生む悲劇に見舞われた意味を、ぐるぐると考えてしまった。

…なんて書くとマジメそうだが、この少し後には、マンダリンオリエンタル東京1階のグルメショップで、スイーツをしこたま買い込んでいた軽薄な私であった。

番外編も含めcoldsweats01、まだまだ続く……

« たてもの探訪@三井本館 | トップページ | 金(マネー)の重みを知る@貨幣博物館 »

here & there」カテゴリの記事

ハゲタカ」カテゴリの記事

コメント

美冬さん、こんばんは^^

わ~っ、内容充実の現地レポありがとうございます♪
特に、橋を別のアングルから撮った写真はありがたいです。劉の息絶えた場所がガード下みたいな所で、より寂寥感が込み上げてきますねweep美冬さんが実在の人物のように合掌してきたキモチわかります。

でも、確かにあちこち一人で写真撮るのははばかられるもの。ハゲタカ・ファン活動に協力的なご主人様でいいなぁhappy01

アンさん

いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

今頃になってロケ地を訪問するなんて、ちょっと恥ずかしい気もしますが、行ってみると気分が上がるところもあったし、この常磐橋のように、しんみりしていろいろ考えてしまうとこもあり、行ってみて、ますます『ハゲタカ』にはまってしまいました。

>>橋を別のアングルから撮った写真

お江戸の中心、日本橋に、こんなエアポケットみたいな場所があるんですね。
やはり、リアルにちょっと怖かったですし、寂しい場所でした。
雨が降っていなければ、近くの銀行のOLさんが倒れている超イケメンを放置するわけなかったろうとも思いますが…sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/47604772

この記事へのトラックバック一覧です: 常盤橋門跡と常磐橋:

« たてもの探訪@三井本館 | トップページ | 金(マネー)の重みを知る@貨幣博物館 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ