« 走れ弥太郎~『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」 | トップページ | たてもの探訪@三井本館 »

2010-02-23

『三井家のおひなさま」@三井記念美術館

『三井家のおひなさま』
2010年2月16日(火)~4月4日(日)

三井記念美術館

http://www.mitsui-museum.jp/

今年で5 回目を迎える春恒例の「三井家のおひなさま」展。
今年は新たに伊皿子三井家から寄贈されたひな人形が仲間入り、京都の名匠・丸平大木平藏の3 世・4世・5世が手がけた内裏雛が顔を揃えます。
華麗であでやかな三井家のひな祭りをお楽しみください。
(三井記念美術館HPより)

Hina_3

毎年、この時期に開催される「三井家のおひなさま」展には、以前から行きたかったのだが、今年やっと、観覧する機会を得た。
上記HPに展示の詳細が紹介されているので、ご興味がおありの方はは、御参照いただきたい。

同美術館は、映画『ハゲタカ』の撮影に使用されたマンダリンオリエンタル東京のバンケットルームが入っている三井本館内にある。
ずっと行きたかった展覧会で、さらに『ハゲタカ』ロケ地と同じ建物、となれば、いやが上にもテンションが上がる。

平日の昼間に訪れたため、三井タワーのエントランスロビーはお仕事中の方々が忙しなく行きかっていた。
一方、三井記念美術館に上がる専用エレベーター周辺は、ひっそりと静か。
このエレベーターもクラシカルで重厚なデザインに仕上げてあり、ドア上にはメーター式の階数表示板がついていたのも、レトロな雰囲気で、美術館に入る前から気分が盛り上がる。
(写真撮影は失念。)
ビル内の美術館というのは、建物が独立している美術館のようにエントランスへのアプローチを進みながら、その館のコンセプトが感じ取れるような演出をするのが難しいと思うので、こういうふうにエレベーターやエレベーターホールの演出で雰囲気を作ってくれるのは嬉しい。

専用エレベーターで7階に上がり展示室に入ると、熱心に茶道具や雛人形を見詰める女性客が何人もいたものの、混雑しているというほどではない。
愛らしく品良く精緻な雛人形と雛道具は、いくら見ていても飽きない。
どうして、雛人形とか雛道具というのは、こんなにワクワクさせるのだろうか。
小さいものって、何か本能的に「可愛い」と思う心を呼び覚ます作用があるのかしらん。

どのお雛様も、衣裳も飾りも凝ったつくりだが、お顔立ちや衣裳の趣味は華麗であったり可憐であったり渋めだったり、様々。
お道具は、箪笥や長持などのほかに、炊事道具、楽器やお化粧道具、習字道具、貝合せのセットや囲碁セットなどなど、精緻に作られていて、ひとつひとつ観ているだけで楽しくなってしまう。
雛人形や雛道具は、所蔵されていた三井各家の夫人達がお嫁入の時に持ってこられたもなので、色々なおうちから来たおひな様が一堂に会していると思うと、これまた楽しい。
美しい内裏雛の左右に小さい作り物の桜餅が供えてあるセット(というのか?)があった。
関東風の薄皮で餡を巻き込んであるタイプの桜餅が3つずつ。
思わず凝視した挙句、「…桜餅、食べたい…。」と思ってしまった食いしん坊な私であった。

超一流の職人達の芸術的な仕事の結晶のおひな様やお道具。
さすが、江戸時代からの豪商の家に嫁してきたお嬢様方の品々、費用を惜しまず誂えた贅沢なものである。
やはり「世の中は金だ。」なのか…。
まあ、今では、こうして庶民も財閥のお宝を拝見できるのだから、ありがたいことではある。

お雛様以外にも、昭和初期の有名作家の愛らしい人形が展示されていたり、室町三井家の焼き物(魯山人が多かった)も展示されていて、充実した内容であった。
お大尽の財力を見せつけられた思いだが、各三井家では、お雛様を出したりしまったりするだけでも重労働だったろうなぁ…なんて負け惜しみみたいなことを思ったりもして。(笑)


観覧後は、館内のカフェでランチ。
甘味中心のメニューだが、軽食も数品あった。その中から、「蛤とアオサのあんかけきしめんをチョイス。
ひなまつりといえば、蛤だものね。

Udon_2

いなりずしがセットになってます。

青海苔がたっぷりとかかっていて、良い香り。
お味も上品で、おいしゅうございました。
我が家の定番・京都の原了郭の黒七味が添えられているのも、ポイント高し。

近くの席で、ビジネススーツのオジサマたちが、お汁粉や白玉クリームあんみつを注文していらしたのが微笑ましかった。

« 走れ弥太郎~『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」 | トップページ | たてもの探訪@三井本館 »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/47624217

この記事へのトラックバック一覧です: 『三井家のおひなさま」@三井記念美術館:

« 走れ弥太郎~『龍馬伝』第8回「弥太郎の涙」 | トップページ | たてもの探訪@三井本館 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ