« 突撃!“となり”の駐車場!~夜の訪問者編 | トップページ | フォーシーズンズホテル丸の内 ② »

2010-03-04

フォーシーズンズホテル丸の内 ①

映画『ハゲタカ』ロケ地ツアー その5(前編)

ここが、このツアーの最終目的地。

Hotel_2

鷲津が、やさぐれ隠居先から帰国した後に宿泊していたとされる
フォーシーズンズホテル丸の内。
http://www.fourseasons.com/jp/marunouchi/

今回のツアーのために宿泊予約しておいた。
まあ、建前としては、私の誕生日イベントの一環として、であるが。

このホテルは、「都会の隠れ家」がコンセプトだそうで、57室のこぢんまりしたホテルだ。
わざと入り口が分りにくくしてあって、通りから狭いアプローチを進み、ビルに入ると、中に第一の関所(笑)のベルカウンターがあり、その背後に小さなロビー兼エレベーターホール。
ここで宿泊とか飲食とか宴席とかの用件を伝えると、スタッフがエレベーターに乗せてくれるわけだ。

午前中にフォーシーズンズの1階ベルカウンターに荷物を預けると、チェックインの手続きを7階レセプションで先にしておけるのでどうぞ♪と案内してくれたので、一旦7階へ。
レセプション前には外国人ビジネスマン風客1人がいただけで、小さなロビーはひっそりしていた。
15時以降に部屋の用意が出来るそうで、戻ってきたときは、1階でルームキーを受け取れるようにしておくとのこと。

その後、無料巡回バスで日本橋に移動し、ロケ地ツアー昼の部が終了した後、またバスでフォーシーズンズに戻って準備が出来た部屋に入り、着替えてマンダリン夜の部に出かけ、食事後にフォーシーズンズに戻る…ということで、二つのホテルを何度も行き来するという、いたって非効率な移動をしてしまったが、しかたあるまい。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ちょっと時間を遡って、マンダリン昼の部が終わった後、夕方にフォーシーズンズに戻って、準備が整った部屋に案内してもらった後で撮影した写真を少しだけアップ。


昼間は、私たちの部屋から、こんな景色が見えた。

Hotelview

東京国際フォーラムや新幹線、鍛冶橋駐車場の奥のほうが見える。
ちょっと殺風景な景色だが、なんせ東京駅八重洲口のそばなので。

東京駅八重洲口周辺に行った事がある方ならば、この景色で位置関係がおわかりだろうが、鷲津が泊まった部屋は、もっと低層階で東京駅寄り、そして窓が丸の内側にとってある。

残念ながら、しがない勤め人夫婦では、鷲津と同タイプの部屋に泊まるのは予算的に厳しいので、プレミアルームに宿泊した。
新幹線が見えるので、鉄道がお好きな方には嬉しい眺めだろう。

Room

目白のフォーシーズンズは重厚なヨーロッパ調インテリアだが、こちらは、ホテル全体の設えから客室に置いてあるカップ類のデザインに至るまで少ない色数でまとめたシンプルモダン。

数年ぶりに、このホテルに宿泊したのだが、特にリクエストしていなかったにも関わらず、新聞の種類がいつも読んでいるものだったり、加湿器が置いてあったりと、前回リクエストしたことが、まだ生きていたようだ。ちっょと嬉しい。

話題の(笑)バスローブ。

Bathrobe

特徴的な襟は、濡れた髪で首元を冷やさないためだと聞いたことがあるけど…本当かどうかは不明。(笑)
もちろん、着心地は、とっても宜しかったnote
バスタオルも大判で、しっかり分厚くて、気持ち良かった。
しかし、タオル類がこう厚くては、乾かすのが大変だろうな…などと、庶民の主婦は余計なことを思ってしまうのだった。coldsweats01

Bath

ゆったりサイズのバスタブの左右にシャワーとトイレという配置。
バスルームにテレビは無いが、音声を聞くことができるので、寂しくない(笑)。

アメニティは、ロクシタン。
石鹸はシアバター、バスジェルとボディローションはヴァーベナ、シャンプー・コンディショナーは5ハーブス。
前回宿泊時は夏だったからか、シャンプー・コンディショナーもヴァーベナだった。
今はシャンプーが5ハーブスになっているということは事前に知っていたが、実際にバスルームに自分が普段使っているシャンプーと同じものが置いてあるのを見て、つい興奮気味に、「もしかして鷲津と同じシャンプー使ってるのかもよ!」と騒いでいたら、夫が冷静に
「鷲津も、毛根が気になる年頃だから、きっと、カ●ヤンとか不●林とかのシャンプーを使ってるぞ。」などと言うのである。
「ちょっと。自分と一緒にしないでよ。鷲津だったら、もっと高い育●シャンプーを使ってるわよ!」
「へえ~。やっぱり、そういうflairシャンプーか。」
ニヤニヤしている夫をバスタオルでバンバンannoy叩いて、バスルームのデューデリ終了。

本当に、頻繁に新幹線が通る。
鉄子でない私でも、見ていて楽しい。

N700

一通り部屋のデューデリごっこ(?)を終えてからは、夜の部に備えて着替えたり、メイクを直したり…と、ダラダラと準備。
で、いよいよ再度出発、という時に、誰も頼んでないのに、しかもノーネクタイなのに、夫はジャケットを着た後、わざわざメガネを掛けなおして
「じゃ、いきましょうかshine」 だって。
鷲津がやるからカッコイイんだよ。dash

長くなるので、続きは次の記事にて。

« 突撃!“となり”の駐車場!~夜の訪問者編 | トップページ | フォーシーズンズホテル丸の内 ② »

here & there」カテゴリの記事

ハゲタカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/47604901

この記事へのトラックバック一覧です: フォーシーズンズホテル丸の内 ①:

« 突撃!“となり”の駐車場!~夜の訪問者編 | トップページ | フォーシーズンズホテル丸の内 ② »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ