« 『龍馬伝』第14回「お尋ね者龍馬』~黒紳士と白い乙女 | トップページ | てくてく花見③ 常盤橋公園と日本橋三井タワー周辺 »

2010-04-06

てくてく花見② 皇居東御苑

北の丸公園に行く予定を突如、変更して北桔橋門から東御苑に入苑すると、桜をはじめ色とりどりの花々が咲いていて、春爛漫。

来苑者が多くても、広大な苑内に散らばっているので、混み合っている感じはしなかった。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラと、花に引寄せられながら、のんびり散策。
花々と新緑を愛でるだけでなく、天守台に登って、高層ビルの稜線や武道館の“タマネギ”を見たり、広い青空とそこに浮かぶ白い雲をぼんやり眺めたり。
日ごろ、なかなか出来ない贅沢な時間の過ごし方を楽しんだ。
天候に恵まれ、花が咲き競う中で、来苑者は皆、楽しげで穏やか。苑内は、ふんわりした雰囲気に包まれていた。
うーーん、良き花見ぢゃ。まんぞく、まんぞく。

絵になる場所には、プロ使用のごっついカメラからケータイまで、様々なカメラを構えた人々が集まってくる。
もちろん、私も初心者用コンパクトデジカメでヘボ写真を撮りまくり。(笑)
ブログには、少しだけアップ。

白っぽい花が大きく丸い房のようになっていて、まるで牡丹雪が舞っているようだった桜。(品種を見忘れました…。)
私の花見は、雑というかボンヤリなので、品種等の確認まで気が回らず、のーんびりフラフラしているだけなのである。sweat02

Hgg

桜の木が連なっていて、淡いピンク色の雲みたいだった。

Hgg2

Hggsakura

可憐なミツマタの花。

Mansaku

ピンクと白の花が一枝に一緒に咲いているボケの花。
愛くるしいがトゲがあるので、ご注意を。

Hggboke

もちろん、足下にも花が。シャガ…かな?

Hggshaga

立ち入り可の本丸芝生広場には、ピクニックシートを広げて、お弁当やおやつを楽しむ人々がたくさんいて、ちょっと羨ましかった。
体調が万全でなかったので、昼過ぎには切り上げて帰るつもりだったから、ランチのことは考えてなかったのだ。
時を忘れて苑内を歩き回っていたら、午後1時を過ぎていた。
美術館でも立ちっぱなしだったし、日ごろ運動不足の足腰がそろそろ休みたいと訴えている。
お腹も空いたし、お花は充分に堪能したから、東京駅の近くでランチにするか…。
などと考えて、大手門から東御苑を出た。

でも、ランチ編は後回しにして、何故かお花見記事がまだ続きます。

« 『龍馬伝』第14回「お尋ね者龍馬』~黒紳士と白い乙女 | トップページ | てくてく花見③ 常盤橋公園と日本橋三井タワー周辺 »

here & there」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/47997065

この記事へのトラックバック一覧です: てくてく花見② 皇居東御苑:

« 『龍馬伝』第14回「お尋ね者龍馬』~黒紳士と白い乙女 | トップページ | てくてく花見③ 常盤橋公園と日本橋三井タワー周辺 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ