« てくてく花見② 皇居東御苑 | トップページ | ランチ@酢重ダイニング »

2010-04-07

てくてく花見③ 常盤橋公園と日本橋三井タワー周辺

東御苑でのまったり花見の後で、突発的に丸の内でランチ、ということにした。
お店がたくさんあるし、最近は週末ランチも特別に人気があるお店以外は空いているようだから…と、気楽に考えて新丸ビルに入ったら、レストラン街が想定外の大混雑。
洗面所なんて大行列だ。
なぜか関西弁がやたらと聞こえるのは何故だ?
そういえば、東御苑でも関西弁が多く聞こえていたが…関西の佐幕派が江戸城に集結していたのか?(違います。)
5~7階のレストラン街を右往左往した挙句、なんとか良さげなお店で昼食にありつけた。
食事をしながら今後の行動を思案。
帰宅するのに一番便利なのは丸の内線なのだが、せっかくここまで来たんだから、JR東京駅改札内にオープンしたばかりのecute東京で幾つかお店をチェックして、美味しいものを買ってから帰宅しよう…ということにした。
http://www.ecute.jp/tokyo/

なくとなく体調が怪しい感じになってきたし、さくっと買い物して帰ろうっと…。

が、新丸ビルを出てJR東京駅に向かいながら、ふと、ここから日本橋が近いことを思い出してしまったのである。
愛読しているnanakoさんのブログで、映画『ハゲタカ』で劉一華の終焉の地となった常盤橋公園が、知る人ぞ知る花見スポットであるというナイスな情報を教えていただいたばかりだ。
これは、行かないとダメでしょう。(なぜ義務?)
桜が満開の今、出不精気味の私が常盤橋公園の近くまで来ているのも、愛しい鷲津政彦の導きに決まっている。(アイタタタタ…sweat01)
立て、立つんだジョー!いや、自分!
…いや、立ってるし、歩いてる最中だったが、ま、気分で。(笑)

つーことで、瞬時に方針を転換して、八重洲口へ出て、無料巡回バス「メトロリンク」に乗り、三井記念美術館で下車→常磐橋へ。

おお、青空に日銀の通りの桜並木も美しく映えている。

三越の塔と桜。

Mitukoishi

そういえば、マンダリンの『ケシキ』で食事したときには、この三越の塔を見下ろしてたんだっけ。

Mitsui

マンダリンオリエンタル東京を擁する三井タワーを見上げつつ、劉一華の宿泊していたスイートは、あのあたりかな?などとフツーに考えている自分の妄想癖が怖い。(今更だが…笑)

2月に訪れた時には寂しげだった公園が、桜で華やかに彩られており、随分と雰囲気が違って見えた。

Tokiwa6

桜に誘われたのか、散策中らしいカップルや、マンダリンでの結婚披露宴帰りらしい礼服の男性と和服の女性たちの家族連れ、サイクリング中の男子達などなど、何人もの花見客が入れ替わり立ち代りやってくる。

Tokiwa5

若めの女子2人連れが、「とおりゃんせ横断歩道」からやって来たので、ハゲタカ廃人かも…と木の陰に隠れたが(廃人観察のため/笑)、常磐橋にも劉が倒れこんだあたりにも目もくれず、まっすぐに石垣に近づき、じっくり観察したり熱く石垣について語りあったりしている様子。
ハゲタカ廃人でなく、石垣マニア女子だったらしい。
いろいろなマニアが集まる公園だ。coldsweats01

Tokiwa1

Tokiwa2

そんなふうに、チラホラと人々が訪れるが、静かであることには変わりない。
ただ、前回訪問時のように薄ら寒い寂しさはなかった。

花壇には、色とりどりのチューリップが愛らしい姿を見せていた。

Tokiwa3

静かな小公園の奥で桜を見上げていると、時折、穏やかな風に乗って桜の花びらが一枚二枚と舞い散って行く。
雪片のように消えてしまいそうに儚げなひとひらの花弁を目で追っていたら、つい数時間前に北の丸や東御苑で桜花を愛でていたときの浮き立つような気分とは違って、胸がきゅんと切なくなるような、でもどこか懐かしいような、そんな気分になってしまった。
この公園で感傷的になっていると、やはり思い浮かぶのは劉一華と名乗っていた男のことだ。
都会のエアポケットのような静かな場所で、ひっそりと咲き、ひっそりと散るこの桜花は、華やかで孤独な劉一華に、意外と似合うかもしれないなあ…などと思った。
きゃっ、乙女な私。(照)

こんな可愛い花見客もやって来ていた。

Tokiwa4

帰りがけに、三井タワー1階のマンダリンのグルメショップに寄り、翌朝用にパンを購入した。
今回はケーキは我慢。
そして、3階と37~38階への突入も我慢。(超カジュアルな服装だったので。笑)

三井タワーのアトリウムで、豪奢な桜に目を奪われた。

Mituito

よく出来た造花かと思って近づくと、なんと本物の立派な桜の枝。
なるほど、日本人だけでなく外国からのお客さんも喜ぶだろう。

この桜は、ここに根を張って、ここで生きていく花木ではない。
花の盛りの僅かな時間に、ここで仮の生を得るだけだ。
そう思うと、咲き誇る姿が、いっそう美しく見える。
同時に、少し哀しくもある。

…桜花には、ガサツな私が普段は考えないデリケートなことを、ふと考えてしまう不思議な力があるようだ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*


帰りの「メトロリンク」は、三越でのお買い物を済ませた方々で満席だった。
脚が疲労しているせいか、立っているとなんだかフラフラして踏ん張りが利かない。
東京駅八重洲口前で下車した時は、ちょとヨロヨロしてしまった。
足元がふらついたのではなく、貧血で立ちくらみした時みたいな感じ。
そんなに疲労感は無かったが、具合が悪くなってはせっかくの楽しい花見の思い出が台無し。
東京駅にはいつでも来られるんだから…と、ecuteでの買い物はあきらめて丸の内線で帰ることにしたのだが。
八重洲口から丸の内線に行くのは、結構な距離だ。
しかも、私の病的な方向音痴が発動し(笑)、何故か途中で通路を間違えてしまい、余計な距離を歩いた挙句、なんとか丸の内線の乗り場に到達。
地下鉄に乗り込み、座るなり池袋までの約20分、熟睡してしまった。
やはり、日頃の不摂生三昧が祟ったのであろう。
不摂生三昧だけ鷲津の真似をすることはないのだが、無芸大食の私が彼と同じことができるのは不摂生だけだからheart01……って完全に方向性を間違っとるぞannoy

帰宅して万歩計を見たら、shoe 20,501歩だった。
でも、花見以外で稼いだ歩数が多かったかも。(笑)
疲れたけど、なかなか充実した都心のお花見であった。

« てくてく花見② 皇居東御苑 | トップページ | ランチ@酢重ダイニング »

here & there」カテゴリの記事

ハゲタカ」カテゴリの記事

コメント

優雅な花見ツアー、お疲れさまでした。鉄腕DASHの「1日でいくつできるかなシリーズ」か、はたまた罰ゲームのような私の花見ツアーとは対照的でございます(笑)。また、写真が非常に美しく、ため息でございます。

でも2万歩で疲れきってしまったのは、別に鷲津に倣って不摂生をしていたせいではなく、もしかして、常盤橋公園で妄想パワーを炸裂させすぎたせいかもよ(笑)。健康のために「萌え過ぎ」には注意しましょう。

tsumireさん

おお、花見道の達人・tsumireさんにコメントを頂戴できるとは、ありがたき幸せ。

細かいことを何も調べず適当に歩いたので、いろいろと無駄が多い花見だったかもしれません。
ま、万年花見初心者は、こんなもんです。

>>健康のために「萌え過ぎ」には注意しましょう。

既に、かなり「萌え過ぎ」による健康被害が出ております。(笑)
って、『ハゲタカ』と花見のコラボ萌え(って言葉は無いか)なうえに、鷲津にフォローされているtsumireさんこそ、「萌え過ぎ」要注意でございますよ。(笑)


こんばんは。

ほぼ同じ日時に自分でも訪問した場所とは思えないくらい充実したレポート、堪能させていただきました。
自分で行った時よりも、行ったような気分になれました。(へんな日本語ですがそんな感じ)

いつも思いますが、美冬さんのお写真すごくきれいですよね。
それに、対象を慈しむ様な記事。
私のように何かのついでにしかお花見もしなければ、写真もケータイでテキトーに撮るだけなのとは「まるで別世界によるような・・・」

> nanakoさん

いらっしゃいませ♪
nanakoさんの御宅で常盤橋公園の桜情報を教えていただいたおかげで、お花見と『ハゲタカ』ロケ地訪問を同時にできました。
ありがとうございます。

もちろん、妄想炸裂もできました。(笑)


私は不器用で、ケータイのカメラで撮ると必ずブレてしまうので、いつもケータイで綺麗に撮影していらっしゃるmanakoさんの腕前に感心していますhappy01
私の場合、出来栄えは完全にカメラ任せなのですが、少しずつ違う角度から沢山撮った中から、まあまあのものをアップしているので、強引な言い方をすれば、大友方式?(あつかましすぎる。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/48009812

この記事へのトラックバック一覧です: てくてく花見③ 常盤橋公園と日本橋三井タワー周辺:

« てくてく花見② 皇居東御苑 | トップページ | ランチ@酢重ダイニング »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ