« 『龍馬伝』第17回「怪物、容堂」~近藤容堂の酔拳が炸裂か | トップページ | ランチ@GRIP »

2010-04-27

雑司が谷・鬼子母神界隈

週末、池袋に用事があって出かけた。
早めに用を済ませて、その足でお気に入りお菓子をゲットし、更に足を伸ばして池袋の隣町・雑司が谷をぶらぶらお散歩。

副都心線の雑司が谷駅が出来たので、池袋経由で地下鉄で行けるようになったけれど、池袋から歩いても、たいしてかからない。
歩いていると喧騒と雑踏に埋没しているような気分になって疲れてしまう池袋の街のすぐ隣なのに、静かで緑が多くて懐かしいような町だ。
落ち着いた風情なのは、雑司が谷霊園と、小さなお寺がたくさんあるからかしら。
季節の折々に、池袋に行くついでに散歩している。

最近は、霊園ツアーが流行っているので、護国寺~雑司が谷霊園~鬼子母神~学習院のあたりを、リュックサックを背負ってカメラを持った人々が散策している姿を見かける。
この日も、そんな方々を、鬼子母神の境内で大勢みかけた。

ランチの都合で、この日は鬼子母神の周辺をぶーらぶらと歩き回ったのみ。
方向音痴のくせに、ちょっと冒険してみたくなって、適当にあたりをつけて知らない路地を入っていって、昔ながらの日本家屋の間からニョッキリと生えているようなサンシャイン60を見上げたりして、なかなか楽しかった。
プチ迷子になりつつ、なんとか都電荒川線の鬼子母神前停車場に到着。
可愛い都電の車両。

Toden_1

実はまだ一度も乗ったことがない。
近いうちに乗って出かけてみようっと。

Toden_2

こうして見ると、けっこう勾配がある。

鬼子母神の境内は、工事中で、有名な駄菓子屋さんもお休み中だったので、本殿だけ撮影してみた。

Kishimo_2

大きな古木が沢山あるので、写真を撮ると暗くなってしまう。

樹が多いので、清かな葉ずれの音と鳥の声がしているのが耳に嬉しい。
鬼子母神は子供を守る神様なので、小さなお子さんを連れて散策がてら、お参りに来られている参詣客が多く、幼いお子さん達の愛らしい姿や元気な声に、自然と顔が綻んでしまう。


鬼子母神から池袋へ戻る途中のお寺の境内。

Sakira_1_2

八重桜が満開だった。

Sakura_4

Sakura2

花びらが散り敷かれた様子も美しかった。

Sakura_3_2

池袋から少し歩いただけで、心のストレッチになったみたいconfident

« 『龍馬伝』第17回「怪物、容堂」~近藤容堂の酔拳が炸裂か | トップページ | ランチ@GRIP »

here & there」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/48195576

この記事へのトラックバック一覧です: 雑司が谷・鬼子母神界隈:

« 『龍馬伝』第17回「怪物、容堂」~近藤容堂の酔拳が炸裂か | トップページ | ランチ@GRIP »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ