« NHK放送博物館 | トップページ | 『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」~助けて!阿部ちゃん!! »

2010-04-19

TBS日曜劇場 『新参者』

TBS 日曜劇場 『新参者』
毎週日曜日 21:00~
主演: 阿部寛
http://www.tbs.co.jp/shinzanmono/


昨日放送の初回の視聴率は21.0%と、なかなかの好発進だった模様。
(4/19 yahooニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100419-00000004-mantan-ent

民放では、視聴率をとらないと、制作サイドが何も言えないだろうし、阿部ちゃんも「一番怖いのは視聴率sweat02」とインタビューで答えていたので、とりあえずは良かった良かった。

しかも、最近の民放連続ドラマでは常套手段になっている、次回放送前の週末に即、再放送作戦(笑)を決行して、落穂ひろいも狙う!(笑)

4月25日(日)ひる2時~
  第1話をご覧になって、よる9時からの第2話もどうぞお楽しみに!!
※一部地域のみの放送となります。
  (番組HP より)

【作品概要】
舞台となるのは「日本橋・人形町」。一人の女性が殺害され、この殺人事件を担当することになったのが、日本橋署に異動してきたばかりの、ニューカマー・加賀恭一郎。その加賀恭一郎の捜査線上に浮かび上がった容疑者は、なんと人形町の商店街住民全員!
人形町の人々の「心の謎」を抜群の洞察力と、推理力で紐解いていく加賀恭一郎。複雑に入り組んだ人間関係をひとつひとつ解き明かし、最後に浮かび上がった容疑者とは!?
(番組HPより)


原作は、東野圭吾の同タイトル連作短編小説集。
主人公の警部補・加賀恭一郎には、阿部寛。
私は原作は未読なのだが、ネットで調べたところ、原作に書かれている加賀の容姿は、長身で彫りの深い顔立ちで、笑うと白い歯がのぞいて…なんですってよ!
そりゃあ、阿部ちゃん以外にいないわよねっheart01
他のレギュラー出演者に、黒木メイサ、溝端淳平、向井理、三浦友和、マイコ、笹野高史、泉谷しげる、木村祐一、原田美枝子。
更に、毎回、豪華ゲストが登場。
ちなみに、第一回のゲストは、市原悦子、香川照之、杏。
うーーん、香川さんここにも。しかも、弥太郎の嫁役のマイコさんもレギュラーですよ。

主演の阿部寛の脇を、美女と若きイケメンとクセモノといぶし銀のベテランが固め、毎回渋くて豪華なゲストスターが華を添える。
風情と活気有る人形町でのロケが多く、名物・人形焼を始めとする人気の旨いもんがバンバン登場…のテンコ盛り。
鯛焼きなど、いくつかのコラボ商品の販売も決定しているそうな。
TBSさん、貪欲。

 



4月からの新ドラマで気になって録画してあるのに観られずにいるものも有る(NHK土曜ドラマ 『チェイス 国税査察官』とか)のだが、なにしろ、お気に入りの阿部ちゃん主演ドラマなんだから、リアルタイム視聴せねば。
そして、『龍馬伝』でのテツヤの江戸弁を、自分の記憶から消去しなくては。
という気持ちで、初回はリアタルタイムで観たぜよ。
今後毎回、感想を書くつもりはないので、とりあえず初回の感触を、以下にさっくりと。
ミステリなので、ストーリーは書かないでおく。
未見だけど、御興味がある、という方は上掲の番組HPで「あらすじ」をお読みいただくか、25日の再放送をどうぞwink


手堅い印象の予感どおりに、初回は、浮ついた感じがなかったし、安定感があって落ち着いたムード。
人形町の町並みにも助けられているけれど、実力者・巧者が多くキャスティングされているおかげかも。


一言で言えば、人情系の刑事ドラマ。
第1回は、下町らしい家族愛と人情が事件の謎に絡まり、それを加賀が独自の鋭い着眼点から丁寧に解きほぐしていく。
そして、殺人事件の捜査は第2回に続いていく。
目新しいところは無いけれど、巧者と個性派をうまく配して、セオリーどおりに作ってあって、安心して観られた。
ひとつ気になったのは、時々、小さい笑いとか遊びが入るのだが、その時に「ここ笑うところですよ~」と傍点をつけるような意図の効果音的BGMが入るのが、ちっくと煩かったかな。
ああいうのは、『トリック』みたいに、あざといのがお約束のドラマでは良いけれど、渋い人情系ミステリなんだし、控えめにしないと、安っぽくなるんじゃないかしらん。
加賀の特別に優れている洞察力を表すのに、阿部ちゃんの強烈な目ヂカラを発揮するアップを多用していて、これもしつこい感じがしたけれど、ま、いずれ、こなれていくだろうと期待。
とにかく、私は阿部ちゃんが生きて動いていればそれで宜しいので、そこんとこは、キツく言わないでおく。(笑)

で、今回のメインゲスト、即ち容疑者候補の香川さん。
もちろん、弥太郎要素はゼロで、毎日ヘルシア緑茶を飲んでいそうな(笑)、温厚篤実で笑顔が爽やかな好青年(好中年?)の生保営業マンにしか見えなかった。
で、微妙な、何かを隠しているような悩んでいるような表情が、観るものの疑惑を誘うのよね。
お見事でした。

作品自体に特別な文句は無いが、広報戦略に、ちっくと文句があるきに。
下町→人情→笑いと涙、な人情ミステリということで、TBSがしきりと「泣ける」と宣伝しているのが、私には、気に入らない。
今に始まったことではないが、各メディアが、やたらと「泣ける」という惹句を使いたがるのが、気持ち悪くて仕方ない。
「いい話」とか「純愛」とか、勝手にラベルを貼ったものを目の前に突き出して、「ほら~、いい話だろ?こういうの待ってたんだろ?泣けよ!泣いて心のキレイな自分にウットリして気持ちよくなっちゃえよ!」と強制されてるみたいな感じで、どうも受けいれられないのだ。
ひねくれ過ぎてるのかなぁ。

と、少々、文句はあるが、ドラマ自体は地味だけど安定感抜群で、ミステリなのに、わりと気楽に観られるドラマだと思う。
日曜の夜にちょうど良い。
そして、某大河ドラマのせいで日曜の晩にやさぐれてしまっても、阿部ちゃんが私を元気付けてくれるかも。

余談だが、我が家では、夫が数年前に、社内のプロジェクトチームに、期間限定でレンタル移籍(?)させられてしまい、そのチームのオフィスがある人形町に1年間ほど通っていたので、知っているお店が登場するたびに、かなり盛り上がった。
夫は、毎日のように同僚たちと人形町のおいしいお店でランチを食べ歩いていただけでなく、行列して有名な和スイーツや魚の粕漬け等をお土産に買って来てくれたものだ。
私も彼に案内してもらって、週末に買い物&ランチに出かけたことが何度かある。
懐かしいなぁ…。
と、いう方面からも興味かがあるドラマなので、毎週見ようかな、と思っている。

« NHK放送博物館 | トップページ | 『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」~助けて!阿部ちゃん!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは★模様替えもすてきですね♪さわやかですね。

新参者。
阿部ちゃんもそうなんですけど、向井理君が出ているので見なきゃいけなかったのに、すっかり失念しておりました。
お陰さまで、ただいま再放送分の録画予約完了いたしました!美冬隊長!
って、これは何の応援隊?(笑)

ドラマばっかり見てる場合じゃないんですけど、どういてどれもこれも楽しそうなんじゃあぁあ!

>nanakoさん

いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

再放送情報、お嬢様のお役に立てたなら望外の幸せでございます。
向井くんは重要な役のようですよ。お楽しみに~♪
朝ドラ『ゲゲゲの女房』では準主役だし、向井くん、大忙しですね。

>>って、これは何の応援隊?(笑)

人形町の旨いもん応援隊に決まってますがな。(誰?)
今クールは面白そうなドラマが何本もあって、
時間を奪われそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/48123118

この記事へのトラックバック一覧です: TBS日曜劇場 『新参者』:

« NHK放送博物館 | トップページ | 『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」~助けて!阿部ちゃん!! »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ