« 国宝燕子花図屏風@根津美術館 | トップページ | 堺雅人さんが御出演の”龍馬伝”とは。 »

2010-05-06

根津美術館の庭園&NEZUCAFE

前記事の続きです。

一通り、美術館内での鑑賞を終えて、もう一つのお楽しみ、庭園散策。
緑滴る、とか、手が緑に染まりそうな、とかいう表現が相応しい景色。

Dsc03202

Dsc03203

空気が澄んでいる。
耳障りな音もしない。
小道を迷うように右に左に、上ったり下りたりして進んでいると、温かみのあるお姿の石の仏様達とばったりお会いして、しばし前に佇む。

藤棚の藤は今年は裏年なのか、花房が短め。
藤花の下で、甘酸っぱい香りを胸いっぱいに吸い込んでいると、大きな蜂がブンブンと飛び回ってお仕事に精を出していたので、場所を譲った。

Dsc03207

行く先々で、蜘蛛やトカゲにも遭遇。
整えられているけれど、野性の息吹と力が強く感じられるお庭だ。

じっくり好きなだけお庭を楽しみたかったのだが、庭園内の通路は人一人が通れる幅の所が多く、何時までも止まっていると後ろがつかえてしまう。
素敵な石仏やお花など、立ち止まって、ずっと観ていたい場所がいくつかあったけれど、思うに任せず。
もう少し空いていそうな頃に再訪しようかと思う。

屏風の中だけでなく、庭園のカキツバタも咲き始めていた。

Dsc03205_2

私が訪問したのは連休前半だったので、今は、もっとたくさん咲いているだろう。


前後するが、庭園散策前に、庭園入口にあるNEZUCAFEへ。
お昼には少し早かったけれど、恐らく全国から観光客が押し寄せているであろう連休中の表参道のカフェやレストランは混みそうなので、こちらのカフェで軽食をいただくことにした。
大きな窓から庭園の新緑が見渡せて、とても気持ちが良い。
窓の一面に沿って、カウンター席もある。

ミートパイ(¥650)とコーヒー(¥600)をお願いした。

Dsc03208

パイは、温めて供されるので、バターの香りが良く、サクサクして美味しくいたたけた。
フィリングもまずまずのお味。
サラダも、特筆するほどではないが、悪くはない。(偉そう。)
なんといっても、一番の御馳走は窓からの眺め。

美術館賞や庭園散策の合間に、ゆっくりと静かな時間が過ごせそうなカフェだ。

« 国宝燕子花図屏風@根津美術館 | トップページ | 堺雅人さんが御出演の”龍馬伝”とは。 »

art」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~すてき♪
私も来週末あたりにお出かけしようと目論んでおります。

改装後は未体験なので、素敵なレポートとっても参考になりました。
ありがとうございます!
美冬さんのお宅って、私の好物である美味しいものと美しいものがてんこ盛り(←美しくない表現)でいつもわくわくですのん♪

>nanakoさん

いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

根津美術館、とっても素敵でしたよ。
天気も良く、本当に贅沢な時間と空間を楽しめました。
ゆるさとぬるさがモットーの私のレポでは、あまりご参考にならないと思いますが、高い美意識をお持ちのnanakoさんも、きっとお気に召されること請け合いの、強力にオススメできる新しい根津美術館でした。
庭園のカキツバタの開花も進んでいるでしょうから、そちらも楽しみですね。
ぜひぜひ、美を存分に享受していらしてくださいませ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/48246783

この記事へのトラックバック一覧です: 根津美術館の庭園&NEZUCAFE:

« 国宝燕子花図屏風@根津美術館 | トップページ | 堺雅人さんが御出演の”龍馬伝”とは。 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ