« 今期、NHKドラマは税務調査にこだわる。(←大嘘) | トップページ | 途中参加のあなたと私に朗報!『ゲゲゲの女房』ダイジェスト »

2010-06-07

『l龍馬伝』第23回「池田屋に走れ」~壬生村には走るな!

久々の真鍋さん担当。
演出面は、新撰組の描写を含めた池田屋事件関連全般で、新しさと潔さが感じられつつ、尖がり過ぎず上ずったりもせず、見やすかったと思う。(偉そう)
ただねぇ…前回もそうだっけれど、脚本のラクしすぎな粗さと強引さに(´ρ`)ポカーン…とする場面が多々あり、これを補うための演出のご苦労がしのばれた。
特に、龍馬のズレっぷりと、「おまえ、何様だー」と一発殴りたくなる(あら、失礼…私としたことが…)傲慢な言動が、もう、ナントカしてくれ状態。
ま、要するにヒーロー龍馬君を池田屋事件に絡ませるための回だったわけだが、肝心の龍馬が出るたびに、せっかくの演出の苦労が台無しな感じになり、イライラムカムカするっちゅうのは、私の胃酸が出すぎたせいだけでもあるまい。


annoy「後戻りしているのは、おまえじゃないのか。」(鷲津政彦風)

開放的な海辺での訓練生の活力あふれる姿に元気がでるのお…と婆が目を細めているところに、イジワルなイケメン(笑)陸奥クンが登場だ。
ここからは、恥ずかしいくらい熱血学園ドラマ化。
武市先生や勤皇党の仲間のことを思って、訓練に身が入らない亀弥太は、陸奥クンや長次郎さんに突っかかったりして、浜辺に走り去る。
で、龍馬クンが二人きりで熱く諭しちゃう。
ここで、なんだかもう武市先生はいなくなった人みたいな言い草だし、相変わらず自身の土台がグラグラなのに、価値観押し付まくりで、まー、腹が立つ。
「時代はどんどん進んでいて、もう攘夷でもないだろう。後戻りはいかんぜよ!」みたいなこと言っちゃってるんだけど、この人の言葉が、軽く感じるので、コイツに説教されたくないぜよ…な気分になってしまう。
グローバルな視野を持ってるとか、時代の風を感じる能力があるとかいうことにしたいのだろうが、いかんせん説得力が無い。
本人が自分で言っていることを本当に理解して信じているのか、言動に責任持てるのか、心もとない感じなのに、平気で説教たれているように見えてしまうので、そこに私は腹が立つんだと思う。
演じる俳優さんには責任はない。
けど、脚本に書かれていることが上滑りだから、熱演するほど、ムッとさせられるのだ。
龍馬に言わせていることの底に、負けた人たちは間違っていたという決め付けが、またしても透けて見えるのがどうもなあ。

亀ちゃんだって、時勢のことは分ってるよ。
でも、精神的支柱である武市先生が率いる勤皇党の旗印だった攘夷を、あっさりと過去のものとして葬れる器用な人間だけじゃないでしょう。
そして、この人間の機微がわからない龍馬の言動が傲慢にしか見えないのは、私の龍馬への愛がゼロだから?
その後、京都に行って過激攘夷派の集会(っていうのか?)に参加するらしいという亀弥太について、皆が「自己責任でしょー放っとけ。」的な反応なのに対して、「それは違うゼヨー!」と一説ぶつ場面はもう、唖然。
確かに、友情も仲間も大切ですよ。
だけど、欧米列強が日本を買い叩きにきている今、その薄っぺらな正義感を振りかざしている場合じゃなかろう。
せっかく第二部に登場したときに凄みのある男になっちょって、もう青臭い少年じゃなくなったはずだけど…。
後戻りしてるのは、おまえじゃないのか。
龍馬さん、折り返し地点でこんな感じで、本当に大丈夫なの?
富さんに頼んで、『外事警察』の住本警部補に喝を入れてもらうがよろしい。(笑)



クール新撰組、やっぱりイイ!

前回の予告映像で、池田屋での壮絶な戦闘場面が無かったし、恐らく事件後に龍馬が“走れ!”で現場に行く、という話なんだろうなあ…無理やりに龍馬を池田屋事件に遭遇ざせるんだな…と予想はしていた。
でも、予想以上に、池田屋事件の最中はバッサリと無しにして、直前までで場面を切り、凄惨な事後を見せるというやり方。
これは、なかなか良かったと想う。
中途半端に、屋内での大人数の大立ち回りを見せたら、かえって台無しだもの。
池田屋事件は、新撰組目線の作品であれば、絶対に外せない事前のエピソードがてんこ盛りだし、池田屋に踏み込んだ後も、お約束の見せ場が沢山あり、更に近藤隊あわや全滅か!土方さん早く来て~!とかのスリリングな経過があって、とても具沢山だ。
だけど、そこは全部飛ばして、ずっと新撰組の気配が皆無で、祇園祭で賑わう京の市中を、隊列を組んで壬生村の屯所に引き上げていくところで、初めて新撰組が登場する。
このストイックさが、本当にニクい。
いろいろと映像化したいエピが満載の池田屋事件の描写を、ここまで我慢して抑えた真鍋さん、エライ。
そのストイックさが、『龍馬伝』における新撰組の役割は、あくまでもプロの冷徹な戦闘集団なのだという点を見事に表していて、近来稀に見るスタイリッシュでクールで、ゾクゾクするほどカッコイイ新撰組像を作り出しているのだ。

事件の描写も、謀議最中にただ事でない何かが起きたらしい音がしたところで切ってしまい、新撰組が引き上げた後の現場の凄惨さを、哀感あふれるBGMと映像のみでゆっくり見せるところも、声高にならなくて、かえってゾッとした。
祇園祭で華やぐ都に、返り血を浴びた新撰組が無言で去っていく姿が、またまたカッコイイ。(カッコイイしか書けなくてすみません。)
新撰組の映画やドラマでは、池田屋襲撃時に喀血する描写が必須の沖田も、血を吐いた形跡なく歌いながら元気そうに歩いていた。
この沖田は、前回に以蔵を追い詰めたときもニヤリとしていたし、かなり怖い印象を与える美剣士だ。
『新撰組!』の沖田と同じニュアンスがあるような。
藤原竜也さんか演じた『新撰組!』の沖田総司は、早熟の天才ゆえの無邪気と無神経さと孤独さが、『アマデウス』のモーツァルトに通じる絶妙な人物造形だった。
それを思い出したのは私だけかな。(笑)
沖田の健康事情も含め、新撰組については、すべての固有名詞的なことは削ぎ落としているのが潔い。
それでいて、土方の衣裳は綺麗で、戦闘がほぼ収束してから駆けつけたというところをちゃんと踏まえているのが、さすがですよ。
今までの新撰組の描写と一線を画す『龍馬伝』の新撰組、やはり秀逸。
ただねー、ラストで龍馬が新撰組に殴りこみに行く(?)みたいな流れに、「えっっ壬生にも走るのか?それはマジでやめて…」とゲンナリしたけど。

と、ここでひとつ前回の記事に訂正。
「近藤、土方、沖田が3人揃って市中に出ていたのは有り得ない」と書いたことについて。
その後、幕末史や新撰組に詳しい同僚M嬢と学生時代からの友人、それぞれに、そのことを言ったら、「あの時点では新撰組はまだ創成期だったので、可能性は低いけど有り得る。」と指摘された。
なるほどー。
失礼致しました。



feat.亀弥太…


さて、今度は亀弥太を中心に見てみると。
亀弥太さん、今回突然にフィーチュアされた感じであったが、良き仕事ぶりでしたぞ。
龍馬の説教はナニだったけれど、受けて立つ亀さんの表情は、とっても素晴らしかった。
いちおう初回から登場していたらしいのだが(すみません、私はよく覚えてません)、あまりにも、その他大勢期間が長く、せっかく「武市先生が自分に夢を与えてくれた」みたいなことを言っているときも、勤皇党員の想いがジンジン伝わるいいエピソードなのに、ちょっと急な感じもしてしまって、残念。
収二郎の切腹の時もそうだったのだが、今まで、亀弥太たちにとって武市と勤皇党が精神的支柱であったことが、僅かずつでも、きちんと伝わるように描かれていたら、もっと効いたと想うのだけれど。
このへんは、やはり脚本の細部補強の甘さのせいかと。
でも、亀弥太役の音尾さん、実に良かったですよ。
しかし、「後戻りはいかんかった。」とかいう言葉を最後に亀ちゃんに言わせたら浮かばれないでしょう。
また、龍馬だけが真・善・美のルール適用ってことだな。
いつだって、龍馬が正しいんだから。
負けた人は間違った人、という「勝てば官軍理論」が支配する『龍馬伝』の脚本の、こういうところが、私はどうしても納得がいかんぜよ。
そりゃ、日本人のDNAのせいで判官贔屓なところもあるけどさー。
池田屋事件では、体制側だった新撰組だって、いずれは朝敵とされてしまい、近藤は切腹も許されなかったわけですよ。
こういうふうに、情勢がどんどん変わっていって、どちらが正しいとか、何が正義だなんて、時と共に移ろうものなのだ。
現代の価値観、現代の史観だけで物語を平板に紡いでいって、過去に精一杯生きていた人たちに、体制側に残れなかったというだけで、違うぜよー眼を覚ませー!と龍馬が叫び続ける空しさは、いかんともしがたい。


今週の半様受難とドS二郎の作戦


ついに半様になっちまいました。(笑)
随分とやつれた半平太さんのもとに、頼もしい助っ人が。
先日の記事で役を伏せて御紹介したが、東洋テレビの野中Pこと小市慢太郎さんが、武市に協力する牢番・和助として登場。
さすがに、野中Pと違って朴訥で誠実な男にしか見えん。(笑)
和助さんのお陰で、愛妻・富さんに「心配するな、風邪ひくなよ♡半」なんてお手紙が届く。
手紙を読む富さんの表情がいつもながらにすばらしく美しい。
大丈夫、と書いてあるけれど大丈夫でないことを、富さんは瞬時に感じるわけですよ。切ない…。

さて、これから武市の獄中ミッション・インポッシブルwith野中さん、スタートですか。
後藤ドS二郎さんの計略(?)で、以蔵と再会した半平太さんは、拷問される弟子の絶叫を聞きすぎて音の調節が出来にくくなっているのか(違うだろうな)、ちっくと大き目の囁き声で以蔵に口止めをする
で、それを怪しく眼を光らせたドS二郎が聞き耳を立てていて…。
どうやら、精神力が一番弱そうな以蔵を責めるべし、と踏んだのか?
どんどん悪くなるドS二郎の作戦は?

さて、次回サブタイトルは「愛の蛍」。
鈴木Pがサブタイトルつけとるな。(笑)

« 今期、NHKドラマは税務調査にこだわる。(←大嘘) | トップページ | 途中参加のあなたと私に朗報!『ゲゲゲの女房』ダイジェスト »

『龍馬伝』黒半平太推進委員会」カテゴリの記事

コメント

ここんとこドラマの見応えとしては(今更脚本にいちゃもんつけてももはやいかんともしがたいので置いておくとして)いい感じですすんでいるのに、ほんとにまあ、今回の龍馬と来たら今まで以上に、「おまえは黙っちょれ」といいたくなるような惨状で……。ここまで至れり尽くせりで主人公ageをしているのが、かえって逆効果になっていると言ってもいいというか、ねえ……。いやー、福山さんがお気の毒になってくるくらいです。

それにひきかえ新撰組のクールな事と言ったら、今までのバタくさい(えっと、「新撰組!」は見てないのでどうだったか知らないんですが)というか重たい感じのイメージとは一線を画していますよね。演出さん他グッジョブです。ここは余計な描写がないのが本当に効いていてよかったですけど、じゃあ一体脚本ではどう描かれていたのかも気になる所です。

>拷問される弟子の絶叫を聞きすぎて音の調節が出来にくくなっているのか(違うだろうな)、ちっくと大き目の囁き声で以蔵に口止めをする

ふはは、なるほど、あのこれ聞こえよがしなささやきは、ヘッドフォン難聴のようなもんだと(笑)。一連の流れだけ書き出していくとなんだか漫画みたいな場面と言えなくもないような気もしますが、あの半平太さんのささやきで一応半平太さんがなんで自白をしないのかというフォローにはなっているんですよねえ、今更だけど。angry

>負けた人は間違った人、という「勝てば官軍理論」が支配する『龍馬伝』の脚本の、こういうところが、私はどうしても納得がいかんぜよ。

まったくですよ。ま、「勝てば官軍負ければ賊軍」ちゅう言葉も明治維新以降にできた言葉みたいだから、ある意味、「正しい」のかもしれんですけんどー(棒読み)。でも既に起こってしまった出来事を描くドラマの見方って、「勝てば官軍……だったかもしれないけど、でも」の部分じゃないですか。この脚本家さんには住本に喝じゃなくって、もう、ゴルゴ召還ですよ(笑)。色々な部分が素晴らしいだけに本当にもったいないことです。

しかしまあ、来週の「愛の蛍」……。「引きさかれた愛」とか、「ふたりの京」とかソウルメイトとか、色々脱力させてもらってます。

>tsumireさん

ようこそ~♪
コメントありがとうございます。

せっかくの良い流れを止めるのが、主人公の行動・言動というのは、困ったことです。
じっとしてろとは言えないしね。(笑)
なんだか、いつも外の安全地帯からワーワーと「間違っちゅー!いかんぜよ!」と騒いでるように見えてしまうんですよ。
余計なことをせず、龍馬君は、黒船で世界一周する夢を追っかけててくれれば良し。
福山さんは本当に熱演しているし、最初の頃より随分と表情のバリエーションも増えたし、「おっ、いいじゃん」な時も多々あるのですが…。
龍馬age祭絶賛開催中!を見ていると、脚本家さんは福山さんのことも信用していないんじゃないかと思うことがあります。

>>それにひきかえ新撰組のクールな事と言ったら

新撰組のイメージは、演出陣の意思統一がキッチリできてますね。
サブキャラで、しかも集団として1つのキャラみたいなものなので、徹底的にクールに作れるのでしょうね。
『新撰組!』は青春群像劇だったので、けっこう暑苦しかったですよ。
でも、三谷さんが全員を愛をこめて血を通わせて書いていたし、かなりチャレンジしたので、保守的なファンから相当に罵倒もされてましたが、批判を全部引き受ける覚悟で創作したり汚れ役を作ったりしてるのが、良く伝わってくるような、激動の時代を走り抜けた青年達を描いている脚本でした。
キャスティングも良かったし。
まあ、コメディ作家なので、どうしてもサービスしてしまうところがありましたが、それも悪く無かったです。

>>、「勝てば官軍……だったかもしれないけど、でも」の部分じゃないですか。

そうですよ!
私は適切な表現が見つからなくて、分かりにくくダラダラ書いてしまいましたが、まさにtsumireさんの御指摘のとおり。
なんで、この方が、よりによって幕末モノを引き受けたかなぁ…。
亀弥太の最後の言葉だって、侍の意地と誇りのために自刃した武士に言わせるセリフとしては、あってはならないってことが理解できんのか!と怒り心頭で見ていました。
武市先生の最後だけは、龍馬に余計なことをさせたり、妙なことを言わせたりしてないといいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/48563674

この記事へのトラックバック一覧です: 『l龍馬伝』第23回「池田屋に走れ」~壬生村には走るな!:

« 今期、NHKドラマは税務調査にこだわる。(←大嘘) | トップページ | 途中参加のあなたと私に朗報!『ゲゲゲの女房』ダイジェスト »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ