« 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」~恐るべしリョーマ菌によるソウルメイト病 | トップページ | ランチ@はん亭(新丸ビル店) »

2010-10-14

明治生命館

丸の内~日比谷界隈 気まぐれ散策シリーズ(いつの間にシリーズ化?)第三弾、いちおう完結編(笑)。

第1弾: 皇室の文庫@三の丸尚蔵館

第2弾  日比谷公園で階段を上ったり、マニアの祭に驚いたり



日比谷公会堂で鷲津が登った階段を踏みしめたり眺めたりしてご満悦の私と、それを生暖かい目で見守ってくれた(というか、ワケ分らんけど一応つきあってくれた)友人Kの2名は、偶然に鉄道フェスティバルに遭遇。
これまでの人生で経験したことがないくらい、一度に大量のチェックのシャツを見て、唖然呆然。
どうして鉄道マニア男子は、オトナもコドモも、チェックのシャツを着用するのだろうか。
そして、最近流行りらしい鉄子らしき女子も、チェックのシャツ……。
何か掟でもあるのだろうか。
てなことを話しつつ、また皇居お壕沿いに丸の内方面へ戻って行く。
東御苑から日比谷公園に向かう時は、お壕側の歩道を行ったので、今度は反対側の歩道を行くことにした。
このあたりは、道路も歩道も広いし、休日の午前なので人も車も少なくて、気持ち良い。
あいにくの空模様なのが残念だった。


ぶらぶら歩いていると、古典的で重厚なr姿の明治生命館の前に、「見学入口」という立て札が出ていることに気づいた。
土日は、重要文化財である明治生館(1934年竣工)の一部を一般公開しているのだ。

私は、明治生命館に少しだけ思い出があり、かつ、映画『ハゲタカ』絡みの建物としても興味があるので(後述)、是非とも見学したいと思った。
古い建物(←雑なくくり)が大好なKも賛同し、昼食後に日比谷に戻る途中に寄って行こうということで即決。
思いつきで行動しているので、馬鹿馬鹿しい効率の悪さだが、まあ、こういうのも面白い。

ついでながら、明治生命保険を設立したのは岩崎弥太郎。(1881年)
どうりで、三菱村の異称がある丸の内、お壕前に威厳たっぷりに建っているわけだ。(笑)
(※Mitsubishi.com 「岩崎弥太郎年表」には“設立を援助”とある。)


昼食を済ませた後、待望の(?)明治生命館へ。

Meiji01



※詳細⇒ 明治生命館 一般公開案内


見学入口(だったかな?)と立札がある自動ドアから恐る恐る入っていくと、中には警備員さんが立っていらして、「見学ご希望でしょうか?」と声を掛けてくださった。
そして、2階に見学受付がある旨を教えて下さり、エレベータに誘導。
なかなか感じが宜しい。(偉そう。)

2階でエレベーターを下りると、小さな受付カウンターがあって、そちらで見学者バッジとリーフレット、そして明治生命館と新しい明治安田生命ビルが一体になっている複合施設「MY PLAZA」の案内を渡され、後は順路に沿って勝手に見学して宜しい、個人的使用であれば写真撮影も(もちろん常識の範囲内で)OKとのこと。
廊下を進むと、契約者相談カウンターが並ぶ1階を見下ろす吹き抜けを囲む回廊に出た。
回廊部分の天井は低めだが、おかげで天井や柱のレリーフがよく見える。
なんともゴージャスだ。

Meiji03

Meiji04

Meiji05

Meiji06



回廊沿いに、かつての応接室、会議室、食堂などが公開されている。

木材をふんだんに使用した、どっしりと重厚な内装。
一部の家具も、かつてのものが展示してあるそうで、繊細な象嵌細工を施したテーブルなどもあっだ。
 また、1階ロビーにも、美しい木のベンチがあった。

こちらは食堂。役員専用だったのではないだろうか。
緩やかなアーチを描く梁には、ブドウと蔦の細かいレリーフが。

Meiji07



また、資料展示室では、明治生命館の設計・建築に関する情報のバネル展示や、設計図等の資料や明治生命館の立体画像、非公開の講堂や屋上等のヴァーチャルツアー画像がデジタル閲覧できる。
ここも、特に係員はいなくて、自由にPCやタッチパネルモニタを操作して誰でも簡単に閲覧できるようになっている。
建設当時の土木作業の記録映像がインスタレーション風に流れていて、これも興味深かった。

見学者は、我々のほかに数組だけの様子。
好きなだけじっくり見学できて、なかなか贅沢だ。
2階を見終わると、順路は1階へ。

先ほど、吹き抜けの回廊から見下ろしていた赤っぽい市松模様の大理石の床に立ち、どっしりと太い大理石の柱やレリーフを施した天井を見上げると荘厳な雰囲気に包まれる。

しかし、平日は、「お客様相談センター」として機能している場所だが、見学日はがらーんとして、ちょっと寂しい。
一回りしていると、なにやら札が立っている。
近づくと、床の大理石にアンモナイトの化石があり、その場所を示した札だった。
化石は確か3箇所ほどあった。(記憶が定かでない)


Meiji08




これで一般見学コース終了。
見学者バッジを返却して、警備員さんや、係のお嬢さんに丁寧に「ありがとうございました。」と見送られ、こちらも精一杯の笑顔で(通常は鷲津なみに無愛想な婆さんだ。)御礼を申し上げて退場。

無料で戦前日本建築の傑作のひとつと言われる明治生命館を、ゆっくり見学できて、良い時間を過ごせた。
このような建物を一般に公開してくれて、ありがたいことだ。


この先は蛇足です。
『ハゲタカ』に興味の無い方、そして、その逆の『ハゲタカ廃人』と自称・他称される方は、スルーしてくださいませ。
私同様の、『ハゲタカ』ビギナーの方で、瑣末で、超周回遅れの話でもハゲタカについてになら何でも読んでやろうかな、という奇特な方が万一、いらしたら、どうぞ…。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




大昔、私は学生時代に、この建物内でアルバイトをしていたことがある。
このビルが改修されるずっと前のことだ。
確か、地下の通用口から出入りしていて、上のオフィス階に居たので、1~2階部分に立ち入ったことは無かったと思う。

記憶に自信がないが、当時は2つの社員食堂などがあったと記憶する地下階は、現在は、パーティ等にも利用されるクラブレストラン『センチュリーコート丸の内』(一部会員制)になっているとのこと。

そして、その中には、映画『ハゲタカ』の撮影に使用されたラウンジがある。
(※特典DVD: 未公開映像 シーン52)
「料亭の近くのどこか」とあるが、シーン冒頭に、しっかり『Century Court』と、施設名が映してある。(笑)

しかし、残念ながら、平日夜のみの営業なので、今回は鷲津が足を踏み入れた場所の上の階に行っただけで満足した。(笑)


なお、この未公開シーンで、鷲津が芝野センパイの熱い語りに無愛想に返答していたり、二人ともゴルゴ13ばりの「………」だけの状態で(分かる人には分かる/笑)、不味そうに酒を飲んでいた、大理石の柱が印象的なラウンジは、「Bar MARBLE」の“メンバーズ・ルーム”、つまり、会員制施設だそうだ。


食べログの記事を拝見すると、メンバーズルーム以外のエリアは、入店時に記帳すれば非会員でも利用できるらしい。
そして、雰囲気もお酒も素敵なのだそうだ。
鷲津が座った場所には入れずとも、彼が居たのと近い空間で美味しいお酒を楽しめるなんて、魅力的だ…。(←バカにもほどがある。)

しかし、お洒落や優雅と対極にある生活を送り、平日の夜に寄り道が難しい片田舎在住の勤労主婦には、ちっくとハードルが高い。
が、また今回のようにフラフラと気まぐれに歩いている途中で、行くチャンスが転がっているかもしれない。

« 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」~恐るべしリョーマ菌によるソウルメイト病 | トップページ | ランチ@はん亭(新丸ビル店) »

art」カテゴリの記事

ハゲタカ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

>日比谷公会堂で鷲津が登った階段を踏みしめたり眺めたりしてご満悦の私

私も前回、ハゲタカ廃人メンバーの皆様と上り下りしましたっす(笑)結構、急な階段でゼイゼイいいながらのぼっちょりました(←単に運動不足だよな)
そういえば、先日マンダリン&劉一華記念公園(笑)デューデリに行ってきました。美冬さんから教わったパン売り場もチェックできました。ありがとうございます。
あんまり時間がとれなかったので、再度トライしたいです。
都内は洋館がいっぱいあって、いろいろ見たいとこが山盛りですが、なかなかいけないんで、こちらの記事を楽しみにしちょります。
では、また~

>ぶるーうぉーるさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。


>>私も前回、ハゲタカ廃人メンバーの皆様と上り下りしましたっす


灼熱地獄の遠足、お疲れ様でした。
確かに、なかなか急な階段でした。
私が行った時は雨の後で階段が濡れていたので、手すりにつかまってヨロヨロと。
鷲津のようにスタスタとは登れませんでした。
皆様のレポートを拝読して、「よし、日比谷を通ったら絶対に行くぞ!」と心に留めていたので、やってしまいました。(笑)
マンダリンと常盤橋、とおりゃんせ横断歩道もデューデリされたとのこと、何よりでした。
私も、確か3回くらい(はっきりしない…)は行きましたが、また日本橋界隈に行ったら、寄るつもりです。(懲りないです。)
いつか、ご一緒したいですねhappy01

こんばんは 美冬さま

先週末に私もデューデリデビュー致しました!
実は本当に突発的に某○○バシカメラのポイントが有効期限間近なのに気がつきまして、コレは念願のデジカメを買って真冬になる前にデューデリするしかないという鷲津ならぬ神のお告げと思い、超初心者向けのデジカメをゲットしました!

デビュタントの場所は個人的に思い入れの深い三島製作所に行きました。(マイナー過ぎますかね…)

本当に人気のない所で、思いっきり変質者でした。ご近所の方々にほとんど通報されかかりましたよ。丁度チェックのシャツを着ていましたし。(いや~日比谷公園のエントリを読んでから手持ちのチェックのシャツの枚数を数えてしまいましたよ)

まだまだ書きたいことは多いのですがご迷惑になりますのでこの辺で。

>むぎこがしさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

おお、初デューデリおめでとうございます。
そうです、思い立ったが吉日。
それは、ハゲタカの神のお告げだからですわ!(危ない人?)


>>デビュタントの場所は個人的に思い入れの深い三島製作所に行きました。

それはまた、通好みな渋い場所を選択されましたね…。
映像で観ると、住宅街っぽいですから、上級者向け物件と思いますが、果敢に挑まれましたか。
お疲れ様でした。
そして、デジカメgetもおめでとうございます。(笑)

大河内邸みたいに公開されている場所やホテルなら、正しい手続きをとって、周囲に迷惑のないように気をつければ問題が起きにくいですが、三島製作所みたいなところは、なかなかハードルが高そうですね。


どうぞ、ご遠慮なくお気軽にコメント投稿して下さいませ。
返信が少し遅くなる時もありますが、のんびりお待ちいただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/49726847

この記事へのトラックバック一覧です: 明治生命館:

« 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」~恐るべしリョーマ菌によるソウルメイト病 | トップページ | ランチ@はん亭(新丸ビル店) »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ