« 『皇室の文庫 書陵部の名品』展@三の丸尚蔵館 | トップページ | 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」~恐るべしリョーマ菌によるソウルメイト病 »

2010-10-12

日比谷公園で階段を上ったり、マニアの祭に驚いたり。

前記事の続きです。


皇居東御苑の三の丸尚蔵館で『皇室の文庫』の観覧を終えた後は、東御苑を散策→丸の内でランチ、午後はパンやスイーツの買い物…という予定であった。
だが、小降りになったとはいえ雨が降り続いていて、今回のルートの発案者であるはずのKは気乗りしない様子。
ランチタイムまでは1時間半近くあるので、代案を考えることにした。

このあたりの商業施設をぶらぶらする気分じゃないしなぁ~と言うKに、東京駅周辺の美術館のどこかに行ってみようかと提案してみた。
丸の内には三菱一号館美術館、京橋にブリヂストン美術館、日比谷に出光美術館がある。

二人ともアナログ人間なので、頭に入っている情報のみが頼りだ。
3館の位置と開催中の展覧会のことは私の小さな脳みそに入っているので、Kに説明すると、出光に行きたいとのこと。
しかし、移動時間を考えるとランチ前に駆け足で見るよりも午後にじっくりと行きたいという答え。
じゃあ昼までどうする?

で、Kの希望により、このまま皇居外苑から桜田門までぶらぶら歩いて、また丸の内に戻るという、効率無視の散策をすることになった。
Kは幕末マニア。
つい先ほど、薩長同盟裏書や五箇条御誓文(控本)を目にしたばかりなので、幕末のツボ(?)が刺激されたらしい。
映画『桜田門外の変』を試写会で観たというKから感想を聞いたり、『龍馬伝』についての辛口コメントをぶつけられて、脚本以外を擁護してしまったり…という会話をしているうちに、雨が上がった。

御濠沿いに15分くらい歩いて、楠正成像近くまで来て、桜田門までもう少し、というとろで、昔から変わらないKの気まぐれが炸裂。

「あ、日比谷公園が眼の前ね。寄って行きましょうよ。」
「桜田門の後に?」
「ううん、何回も来てるから、桜田門はいいや。日比谷公園だけでいい。」
「………ええよ…。」
「後藤の象ちゃんだね。(笑)」
「わはは、わかった?」
「なに企んでるのー?」

Kに看破されたとおり、Kの我がままを容認したのは、日比谷公園と聞いて、私の心が動いたからであった。

若いころ、日比谷に近い内幸町で働いていたKは、日比谷公園で昼休みを良く過ごしていたという。
「日比谷公会堂も見たいな。」と言うと、
怪訝な顔をされた。
ハゲタカ・ファンの方々はご存じのとやおり、日比谷公会堂は、ドラマ『ハゲタカ』で、大空電機株主総会会場の撮影に使用された。

ちなみに、Kは『ハゲタカ』を見ていないし、私がハマっていることも知らせていない。

「イベントやってたら入れないんじゃないの?。」
「うん。だから入口と階段だけでいいの。」
「ふうん……ええよ…。」

と、後藤象二郎返しをしたKに、自分が好きなドラマのロケで使用されていたので…と、ものすごーく短縮&マイルド化した説明をすると、「へえ~、あなたがそういうこと言うなんて珍しい。」という反応。
本来、ロケ地めぐりに興味無し人間なのである。

突発的に来たものの、ハゲタカ廃人様方のブログで拝見していた情報が脳内に残っており、目当ての階段をすぐに発見。

Hibi02

ドラマでは雨の中、傘をスタッフに差し掛けられた鷲津が足早に階段を登っていく。

そして、私の目の前の階段も、先ほど雨が上がったばかりなので濡れている。
雰囲気が出るじゃないのさ。(バカ)
雨に濡れたこの階段を鷲津も登ったんだわ…。
ニヤけつつ、足元に気をつけてゆっくりと(年寄りなので…)階段を上る私。
よくわからないまま、私につきあって階段を上ってくれたKさん、ありがとう。happy01

この日は、階段上に警備担当らしい方々が数人いらして、、ちょっと中をのぞける感じではなかったので、そのまま大人しく階段を下りて写真だけ撮って退却。

さて、すぐそばの大噴水のほうに向かおうとしたら、何やらにぎやかだ。
近づいていくと、怖ろしい数の人間がいる。
屋台も出ていて、何かのイベントらしい。
きかんしゃトーマスのミニSLが走っていて、お子ちゃまたちもたくさん。
しかし、親子連れよりも、チェックのシャツにリュックサックの男が異常に多い。
何だ何だ?と言っていると、園内にアナウンスが。

「鉄道フェスティバルにようこそ~~!」

全く知らなかったが、鉄道ファンが集結していたらしい。
(詳細は こちら )

鉄道ファンの人数と熱気に驚いた我々は、丸の内に向かうために早々に日比谷公園を後にした。


おまけ。
日比谷シャンテ前のゴジラ。

Hibi01

« 『皇室の文庫 書陵部の名品』展@三の丸尚蔵館 | トップページ | 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」~恐るべしリョーマ菌によるソウルメイト病 »

here & there」カテゴリの記事

ハゲタカ」カテゴリの記事

コメント

ふふふっ。
私も同じシチュエーションなら同じことしてたと思いますよ~ >階段
あの場所が近い、って気がついたらスイッチ入っちゃいますよねw

>なつみかんさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。


>>あの場所が近い、って気がついたらスイッチ入っちゃいますよねw


御賛同ありがとうございます。(笑)
ハゲタカを知らない人と一緒だと、何やってんの?って感じですが、スイッチが入っていたので、階段を上り下りする変な人になっていました。
丸の内界隈は、ハゲタカ・スポットが多いのに、事前に調べておかなかったので、ほかには寄れず、ちょっこし残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/49717612

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷公園で階段を上ったり、マニアの祭に驚いたり。:

« 『皇室の文庫 書陵部の名品』展@三の丸尚蔵館 | トップページ | 『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」~恐るべしリョーマ菌によるソウルメイト病 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ