« 『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」~イッテミタイナヨソノクニ | トップページ | 鳩山会館 »

2010-11-04

怪奇!死者からのメール!?

もう記事タイトルだけで予想がつくと思いますが、バカバカしい話題なので、さらーっと読み流してやって下さいませ♪


もちろん、 ドラマ『SPEC』#04 の内容とも一切関係ございませんので、悪しからず。(SPEをご覧の方にしか通じないですが…)

本日、帰り際の出来事。

いつも私より遅く出勤して遅く帰る直属上司が、今日は習い事の日だからと、先に退出。
私の部署は、非常に人数が少ないので、この時点で、我が部署には私ひとりが残っていた。
ちなみに、我が部署は大部屋ではなく、独立した部屋になっているので、私はガランとした部屋にたった一人であった。


私も区切りがついたところでデスクを片づけ、後はPCをシャットダウンするだけ、というところで、モニタにメール受信メッセージが…。
ううーーむ、見なかったことにして帰ってしまおうか…。
とも思ったが、とりあえず内容を確認して、明日に回すかどうか決めることにした。

受信ボックスを開いて、まずはタイトルだけをチェックしてみて、私は思わず固まった。

メールのタイトルは

お願いがある 劉


となっていた。

ちょっっ、、、
劉……?

とかいう声が、半開きになった口から勝手に漏れ出ていた。
発信人のメールアドレスに目をやることなど失念して、「お願い」というわりには高飛車な匂いのするタイトルを凝視していると、なぜだか背筋がゾクッと冷えた。

メール本文を見るのが怖い……。

まさか、

頼むよ……乗せてくれよ……俺も…その車に………



とか書いてあるわけ無いだろうけどさ…。

心の中で自分に突っ込み、強引に口角を上げて、ビビリな自分を叱咤する。
絶対に気のせいだと分っていても、背後に何か気配があるように感じる。
思わず、そーっと背後を振り返ってしまった。

すると、そこには、




ずぶ濡れで携帯電話を握りしめた超イケメンが!!



なんて衝撃映像は、もちろんなかった。(爆)
居たら、白目むいて椅子に座ったまま気絶していただろう。

恐る恐るメールを開いてみると、別部門の劉さんという中国出身の男性からの問い合わせであった。
ちなみに、劉さんは、スマートでにこやかな三十代前半と思しきメガネ男子だ。
劉さんの日本語は、会話は無問題であるが、メールのタイトルから推察されるとおり、どうやら書く方は発展途上中らしく、微妙ではあったが用件は十分伝わった。


私の勤務先は、決してグローバルな大組織ではないのだが、様々な国から日本にやってきている人々がフェローやインターンとして在籍している。
劉さんも、そんな一人。
普段、業務で接する機会も無く、顔を合わせると「こんにちは」と挨拶する程度。
メールを頂戴するのも初めてだった。
そのせいか、劉という字を目にしても、彼の顔が浮かばず、慢性ハゲタカ脳病の私は、という字を見れば、一華に直結してしまったのである。

急いで劉さんへの返信メールを作りながら、どこかガッカリしている自分に気づき、「バッカだねー」と、独り言を漏らしつつ苦笑していた私は、かなり怪しいヒトになっていたはずだ。
誰もいなくて良かった。


……大丈夫か、自分。

« 『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」~イッテミタイナヨソノクニ | トップページ | 鳩山会館 »

ハゲタカ」カテゴリの記事

day to day」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 美冬さま

私なんてノーベル平和賞の劉氏の話題がニュースで流れる度に、そういえば玉鉄劉一華は父親と来日したと言っていたけれど実際は来日していないらしいからて実の父親とかいう設定ってどうかなとか、劉って名字は日本名だとどういった感じになるのかなとか、中国で何番目に多い名字なのかなとか、男の人の名前で“華“ってつけるのって普通なのかなとか、とても第三者にはお聞かせ出来ないほどの事を劉氏のニュースが流れ新聞で目にする度にハゲタカ脳症が症状を悪化させ勝手に妄想、想像、空想致します。

先程、いつもお邪魔させて頂いている某嬢のブログにも長々としたコメントを書き込んでしまったのですが、実際ハゲタカのセリフを口に出してしまう、しかもかなり痛いセリフをTPOを微妙にズラして言ってしまい自分自身がかなりダメージを受けました。本当にワザとじゃないんですよ。ウケ狙いだった訳じゃないんです。

ただ母親が搬送された救急病院の救急入口でなぜか警察関係者らしい人達でごった返しているところで「通して下さい!身内なんです!(by三島由香)」って大声で言っちゃっただけですから。その後シッカリ職質されましたがなにか。

>むぎこがしさん


いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

>>いつもお邪魔させて頂いている某嬢


ということで、拝見して参りましたよ。
(某嬢って某マダムのことですね?wink

本当に大変でしたね。
さぞ驚かれ、また御心配されたことと思います。
まずは、御見舞申し上げます。

大変な状況下で混乱してしまう時こそ、頭に染み込んでいる言葉が無意識に口から出てしまうものですよね。
わかりますよ~。

コメントを下さったということは、少し落ち着かれたということでしょうか。
ならば、一安心ですが…。

>>ノーベル平和賞の劉氏の話題がニュースで流れる度に、そういえば玉鉄劉一華は…


「あなたは、私なんだ!」 でございます。
『いつも心にハゲタカを』
これはハゲタカ・ファン共通の症状ですよねhappy01

こんばんは 美冬さま

ご心配をお掛けしてしまったようで恐縮しております。暖かいお言葉ありがとうございました。

お陰様で母親の状態は落ち着いていて、今は術後二日目からリハビリ開始ですからビックリです。

しかもリハビリの一貫で車椅子の操作なんなも教わるんですが、「はい背中をつけたままで、離さないで下さい。ゆっくり、ゆっくり」ん?ワッシーがリハビリの時に言われていたのと同じセリフじゃありませんか!?

キチンと背もたれに背中をつけて座って車椅子を操作しないと不自然に前かがみになり、力が必要以上にいるのではじめに注意するんですって。人に車椅子を押してもらう時も前かがみになるとちょっとした段差でもバランスを崩しやすいですから気をつけて下さいねとま~親切丁寧に教えて下さり、何てことのないワッシーのリハビリのシーンも見る目が変わってしまいました。
本当に大変なのは父親の方で、全く自立していないどころか、病室に見舞いに来ては母親にベッタリ、実家に泊まり込んで家事をしているワタシにベッタリでハッキリ言って我が親ながらかなりウザいです。

やっぱり寂しいのかな~と思っておとといまでは耐えていたのですが、どうしてもコレだけは!

すみません コメントを入力後に確認の画面で誤字の確認をしてから修正しようとしましたら後半部分がザックリカットされていて、なぜかそのまま投稿されてしまって文章の途中で失礼致しました。
で、どうしてもガマンできなかったのは以前から楽しみにしていたクライマーズハイのドラマ版を見るためだけに自宅に約二週間ぶりに戻りまして「いや~この目を泳がす演技はワッシーに通じるかしらん?前髪短すぎじゃない?伊勢谷さんに迫るワ。やっぱり鷲津はハゲタカにしかいないのね~」とか思いながら久しぶりの独りで誰にも話しかけられない自由なテレビ鑑賞を楽しんでおりました。

引き続き映画版で堺さんとの違いを楽しむつもりでしたが、父親からのSOSが入り断念。頼むよレコーダーくん!

我が家のDVDレコーダーはかなり古いのと主不在をいいことにチャランポランな仕事ぶりで、龍馬伝は二話とも録画されておらず、SPECは4話は電波の状態が悪く録画出来ませんというエラーメッセージ、BShiの再放送の篤姫はキチンと録画されていて麗しい上様のお姿を拝見出来ました。次回は上様崩御ですがシッカリ録画出来るといいのですが。

この際、実家のアナログテレビをエコポイントが半減する前にデジタル化しち

>むぎこがしさん

いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございました。

投稿システムが気まぐれを起こして御手間をとらせてしまったようで、恐縮です。
私が記事を書いている時も、途中でこまめに保存しないと、突如として消えてしまうことがたまにありまして、その時の脱力感たるや……(泣)

お母様も回復傾向で、早くもリハビリ開始とのことで、ホッとしておられることでしょう。
お父様のほうは、ちょっと心配ですね。
私の母も昨夏、ちょうど映画「ハゲタカ」がそろそろ上映終了しそうな頃に緊急入院して、やはり父がゲッソリしておりました。
御蔭で、「ハゲタカ」をあまり観に行けませんでした…←親不孝者
家事はひと通りできる人なのですが、精神的ダメージがひどくて…。
幸い、母は一週間ほどで退院しましたが、その間に父がしなびてしまいました。
やはり男性のほうが弱いですね。
それは、「ハゲタカ」でもそうですが。(笑)


それにしても、大変な状況でも、常に「ハゲタカ」を忘れず、ハゲタカ的視点を持っていらっしゃるむぎこがしさん、素晴らしい!
ハゲタカ・ファンの鑑です!
そういえば、「ハゲタカ」を観たことがある骨折経験者の同僚から、鷲津のリハビリシーンはかなり、リアルだと聞いたことがあります。
なるほど、車いすを操作する練習の様子も実際と同じなんですね。
綿密に取材をして、作品にきちんと現実を盛り込んであるから、フィクション部分も説得力が増すんですよね。


むぎこがしさんの体験を教えていただけて、ますます「ハゲタカ」ワールドに興味が深まりました。
ありがとうございます。


『クライマーズ・ハイ』の録画もちゃんと出来ていることをお祈りいたします。
って、実は私は本放送の録画を失敗してしまい、明日の再放送に賭けてます。(汗)
ぜひ、堺さんの佐山記者を観て、元気を出して下さいねー。
看病とお父様のお守(?)でお疲れでしょう。
どうぞ、無理なさらない様に…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/49929696

この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇!死者からのメール!?:

« 『龍馬伝』第44回「雨の逃亡者」~イッテミタイナヨソノクニ | トップページ | 鳩山会館 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ