« 鷲津政彦さんの恋人の条件は… | トップページ | 東御苑で冬のプチ花見 »

2011-02-03

豆と鬼と言えば。

今年の節分用に、こんな豆を買った。

福豆(鬼打ち豆)は、用意済みだったのだが、今晩、最寄り駅近くで夕飯の材料を買ったついでに、ついつい買ってしまった。

Mame

豆は豆でも、甘納豆。
うぐいす豆とおたふく豆。

我が家では、甘納豆を滅多に買わないが、パッケージのイラストがちょっと可愛かったので。(言い訳)
もちろん、これらは、お口の中に撒きました♪


福豆は、前もって別の店で買ってあったもので、小さいテトラパック入。
ちょっと気分が出ないけど、このまま撒いて掃除を楽に。(←モノグサ)

炒り豆って、食べ始めると止まらなくなる。
ポリポリ…ボリボリ…。
気分は飯島亮介。(あれは塩豆だそうだが。)

「鬼になれ! ええな!?」 
「あんた、何様のつもりや?」



と言い合い、福豆(パック入)を投げ合った今宵の我が家。(爆)
オトナだけの家とも思えん…。
平和だ。

« 鷲津政彦さんの恋人の条件は… | トップページ | 東御苑で冬のプチ花見 »

day to day」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/50764400

この記事へのトラックバック一覧です: 豆と鬼と言えば。:

« 鷲津政彦さんの恋人の条件は… | トップページ | 東御苑で冬のプチ花見 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ