« ランチ@Cafe de la Presse | トップページ | 横浜マリンタワーで壁の花 »

2011-03-01

日本新聞博物館

先日、横浜に遊びに行ったときに横浜情報文化センターにある日本新聞博物館のカフェ『Cefe de la Presse』でランチを済ませ、さあ、次の目的地・大さん橋に行こうと思って窓の外を見たら、かなり強い雨が降っていた。
(ランチのレポは こちら

えーーっrain
その日、朝早くは雨が降っていたが、その後すっかり晴れていたので、朝、来がけにホテルに預けた荷物に折りたたみ傘を入れてしまっていた。
だいたい、荒天では、眺めを楽しみたい大さん橋に行く意味がないし…。
で、雨宿りも兼ねて、横浜情報文化センター内にある施設で少し時間をつぶすことにした。
放送ライブラリーも面白そうだが、きっとハマって抜けられないんじゃないか?という危惧があり、1時間くらいで見学できそうなこちらへ。



日本新聞博物館 (NEWSPARK)

横浜市中区日本大通11 
横浜情報文化センター

Newsp01_2

2階に入館チケットの自販機がある。
ここでチケット(一般 500円)を購入し、電車の自動改札方式のゲートにチケットを通して入館。


まずは企画展『2010年 報道写真展』へ。
写真記者たちが2010年に撮影・発表した選りすぐりの報道写真・約280点が1月から順を追って展示されている。

「あれ、これは去年のことだっけ。」と時間の経過の早さに驚いたり、一瞬の動きと表情を捉えていることに感嘆したり。
国会で某党の3人のエライセンセイがグーグーsleepy爆睡している決して愛らしくない寝姿を1枚に収めている傑作写真もあり、失笑するしかなかったり。
事件や事故、自然災害などの報道写真のほかに、和むような写真や、根気強く最良の瞬間を待ち続けなければ撮れない写真もあり、思わず1枚ずつじっくり観ることになった。
私自身は、写真について全くの無知で、自分のデジカメは押すだけで後はカメラさんの頭脳任せだし、構図のセンスも無い。
なのに、なんだか知らないが、このところ写真展を見る機会が多い。
めぐり合わせだろうか。


さて、企画展のあとは常設展フロアへ。
まずは、「歴史ゾーン」の3Fへ。
ここが、かなり面白かった。
小中学生くらいを対象にしているのかもしれないけれど、私のゆるいオツムにはちょうど良い。

幕末から現代にいたるまでの、新聞というメディアの発展・技術革新の足跡を資料や映像・音声などで知ることができる。
幕末のかわら版に始まり、コンピューターで紙面を作るようになるまでを見ると、小学生の時に新聞社(朝日か毎日だった)を見学したときに、そういう広報用のビデオょ見た記憶が少し蘇ったりもした。
5階の「現代ゾーン」と4階の「新聞ライブラリー」も時間があれば、見たいところだったが、予想外にしっかりと2~3階を見学したため、時間切れ。
自分達が博物館大好き!であることを忘れていましたよ…。

今度また、たっぷり時間をとってこのあたりの博物館&建物めぐりをしたいものだ。

そうそう。
この博物館が入っている横浜情報文化センター内の情文ホールはドラマ『ハゲタカ』についての伝説の公開セミナーが2008年6月22日に開かれた場所でもある。
…といっても、私は2009年6月からのファンなので、このセミナー「名作の舞台裏 第20回」は、ハマった後の検索三昧の中で知り、web上で詳細なレポを拝見して、熱心なファンの先輩方が素晴らしいレポートを公開してくださったことに感謝感激したものだ。(もちろん今でも。)
と、いうことで、ちょっと意味は違うけど、この建物もハゲタカ物件ということにしよう。(笑)

さて、話がそれたが、この横浜情報文化センターは、歴史的建造物を再生し利用している。
昭和4に建てられた横浜商工奨励館は一度は取り壊しの方向だったのを、平成12年に高層部を増築した作りとして再生されたのだ。

2階の博物館入館券販売機の横は、こんなゴージャスな階段。

Newsp02

見学後は、ミュージアムショップをのぞいてみた。

マスコットらしきクマさん。

Newsp03_2

もちろん、新聞関連の書籍などが置いてあるのだが、何故かおフランスの陶器や小物なんかが沢山おいてあったりして、新聞とどういう関係?と思った。
向いのカフェとともに、パリの雰囲気を出したいらしい。
まあ、この建物自体も素敵な建物だし、外は美しい並木道なので、いいんじゃないでしょうか、パリ風ってコンセプト。(実は良くわかっていない。)

一番不思議だったのが、入り口近くに「ゲゲゲの鬼太郎」グッズが豊富に並んでいたこと。
鬼太郎関連のイベントが行われたことがあるのかしら。
とか思っていたら、何故か(偶然だろうが)、店内BGMに『冬のソナタ』のテーマ曲が流れて、なんだか頭がこんがらがった。(笑)

« ランチ@Cafe de la Presse | トップページ | 横浜マリンタワーで壁の花 »

here & there」カテゴリの記事

コメント

美冬さん こんにちは。
その後お体の具合はいかがですか?(おもにリバウンド方面(笑))

>『ハゲタカ』についての伝説の公開セミナーが2008年6月22日に開かれた場所でもある。

先日の「大友さんの話を聞こうぜ♡名古屋大会」で、廃人大先輩のBOOKOさんから、当時のそのセミナーの貴重なお話をうかがうことが出来て、大変幸せでした。
わたしは美冬さんより更に更に「ハゲタカ」ファンの新参者なので、ネット上の貴重なレポートの数々は本当にありがたく、また「ハゲタカ」道を手を引いて道案内してくださる大先輩の方々に感謝する日々でございます。(その道が獣道なのでなおさら(笑))

美冬さんも着々とハゲタカ物件を攻略されていらっしゃって、実に羨ましいです。
次回のターゲットはもうお決まりですか?なりきり芝居込みでのレポート、お待ちしております(笑)

suikaさん

いらっしゃいませ♪
コメントとお見舞いのお言葉、ありがとうございます。

>>おもにリバウンド方面(笑))

おかげ様で、腸管方面は回復期に入ったようです。
リバウンド方方面は、さすがに急激に落ちただけあって、戻りも早いのは覚悟していますが(泣)、まだ食欲が落ちたままなので、それなりにマイナスを保ってはいます。
これを契機に、本格的ダイエットに励みたいたいと思いますが、いつも思うだけなんで…。(泣)


>>当時のそのセミナーの貴重なお話をうかがうことが出来て、大変幸せでした


羨ましいです~!
この時のセミナーのパネラーの豪華さ、内容の充実度、垂涎ものですよねえ。
suikaさんは、生きて動いていらっしゃる(!)ハゲタカ廃人さま達と面識がおありなのですから、素浪人(どこのSNSにも参加してない)で単独行動ばかりの私とはステージが違いますわshine
それにつけても、今月末にまた再放送があるというなら、どうして公式HP閉鎖したのかしら>NHK。ぶづふつ…。


>>次回のターゲットはもうお決まりですか?なりきり芝居込みでのレポート、お待ちしております(笑)


そろそろマンダリンオリエンタル東京を攻めてみたいところですが、財政問題もあり…(汗)。
そのうち、急に思いついてフラフラと、どこかに行くかもしれません。
なりきり芝居のほうは、私には女優魂が無いので、お許し下せえ、お代官様~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/50993486

この記事へのトラックバック一覧です: 日本新聞博物館:

« ランチ@Cafe de la Presse | トップページ | 横浜マリンタワーで壁の花 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ