« 都知事選の、どーでもいいけど気になったコト【4/11 追記あり】 | トップページ | 長谷川平蔵とスーさんが♪ »

2011-04-12

4/10『ボクらの時代』

この記事は、10日の夜に書こうと思っていた話題なのだが、シンタロー氏が都知事4選のニュースが早々に流れ、NHKで生放送した記者会見の冒頭部分の吼えっぷりに驚いたあまり、すっ飛んだ。

しかしまあ、都知事の言動もアレだが、国のトップの行動・言動(以下略)
こんなと時こそ、『ハゲタカ』の芝野さんみたいに、人の痛みをわかり、「夢や希望を語るリーダー」や、人類の進路に危機感を持ち、人々が各自の生き方と厳しく対峙するようにしていきたいと願い戦い続けた岡本太郎のような「血を流してもニッコリ」して自分の役割を全うし続ける情の深い天才がいてくれたらなあ。
なんて考えてもしようがないんだが。

そんなこんなで、結局、10日は都知事選ポスターのゆる~い記事になってしまった。
お気楽ブログの拙宅らしいな。ふふふ。
そういえば、マック赤坂氏の敗戦スマイル会見はなかったのだろうか。
ちょっと気になる。(←興味本位すぎですみません。)

ついつい、トチジネタで始めてしまった。
ここから本題ね。



日曜日はいつも、7時少し前に起床して、7時30分からテレビを観ながら朝食…というのが定番。
しかし、ゴルフの中継で、毎週観ている番組の放送がないと知り、ややムッとして(ゴルフ・ファンの方々、お許し下さい。)、7時頃テレビをつけてザッピング。
ある番組でリモコンを置き、だらけた姿勢を改めた。



『ボクらの時代』
 フジテレビ系列
 毎週日曜日  7:00~7;30
   http://www.fujitv.co.jp/b_hp/jidai/index.html#bangumi


たまに観ている番組なのだが、きちんとチェックして、ということは滅多に無く、今回のように偶然に観ることが多い。
(昨年、堺雅人さんが出演された回は、しっかり事前にチェックしていたが。)

10日の出演者は、お笑い芸人のサンドウィッチマンの伊達みきおさんと富澤たけしさん、そして狩野英孝さん。
実は、先週に続いての後編だったのだが、前編は見逃していた。
とても良い内容だったので、前編と合わせて再放送しでくれないかしら。後で番組HPに要望を書き込んでおこうかな。


私は、お笑いに詳しいわけではないので、サンドウィッチマン(以下サンド)のことは、M-1グランプリで初めて知った。
あのときのネタ2本は、まさに神がかっていたと今でも思う。
その直後にテレビ出演していたのを何回か見て、お二人が仙台市出身ということは知っていた。
彼らのキレがあってテンポ良く、都会的でシュールさもある漫才やコントのスタイルが好きで、DVDもレンタルして観たことがある。(買わなくてごめんなさい。)
とはいっても、ファンというほどでもなく、テレビに「ひな壇芸人」の中に混じって出ているのをみても、今のお笑い番組は彼らの真骨頂のネタが観られず、ちょっと残念だな、と感じていた。

そして、3月11日から少し経過したころ。
時々、拝見するブログで、サンドのお二人のブログが素晴らしいので読んで!という記事があったので、早速チェックしたのだった。
そして、3月11日に、お二人がテレビ番組の収録で気仙沼の漁港にいたことから始まった被災体験や、仕事で東京に戻ってからの活動などを知った。

被災地の現状を訴え、ブログのコメント欄を安否確認の掲示板として開放したり、本当に出来る限りの努力をしていらっしゃる。
多忙を極めるなか、いつも真剣に「宮城県出身の自分達にできる最善のことはなにか、どういう方法が良いのか?」を考えて考えて考えて、行動していらっしゃる。
ブログを通して、その真摯な姿勢とまっすぐな人柄が伝わり、本当に心を打たれた。

『ボクらの時代』でのお話も、お二人のブログでの姿勢・人柄がそのままに出ていた。
録画もせずに見ていたので、かなり記憶が不確かになっている。
その点、お含みおきください。


お二人に共感できたのは、被災者支援の在り方について、とても真面目に悩み、迷っていることも率直に語っていらした点にあったと思う。
前編からのフラッシュで流れていた部分で、お笑い芸人である彼らが、被災地の現場に立ってみて、「芸人」としての自分たちにはできることは皆無だと実感したというくだりは、本当に胸が痛んだ。
多くの有名人が、自分の技能や才能を活かして被災者の皆さんを応援したい、というような主旨のことを語り実行していらっしゃる。
そんな中で、彼らがプロフェッショナルたる「芸人」としての力を被災地では発揮できないと感じてしまう辛さや歯がゆさは、いかばかりだろう。

しかし、被災地以外では、彼らの芸人としての力やネームバリューを利用して、義援金の募金をしたり、チャリティー活動をしたり、テレビ・ラジオに出演したり、自分達のブログで発信することが出来る。
そう考えて、今、精いっぱいの活動をしていらっしゃる。
ただ地元のために力になりたい、メディアが取り上げようとしない事も皆に知ってほしい、ひたすらに、それだけを思って誠実に活動していらっしゃるのだ。


端的で的確な言葉で歯切れよく事実や思うところを語る伊達さんと、相方を冷静に見守りつつ時折、ソフトにフォローする富澤さん。
二人のコンビネーションも絶妙だった。
現地の惨状に困惑しつつも、地元・宮城のために力になりたいと真面目に語る狩野さんを、二人が上手いこといじって笑いを挟む連携技もナイス。
とてもシリアスな辛い話題が続いて、胸が詰まりそうになるところで、フッと息をつかせてくれる手腕はさすが。

伊達さんが、自分たちの発信の仕方や被災者支援についての悩みを語るところも、率直で好感が持てたし、共感できた。
強がったり偉ぶったりしないのが素敵だ。
お世話になった宮城の方たちに「偽善者」と思われていないだろうか、と不安になっていると吐露されたときは、思わず、「そんなことないって!」と口に出してしまった。(←近所のおばさんか。)

彼のブログでは、ずっと震災関連の記事と仕事についての記事が続いているのだけれど、そろそろ好きなラーメンの記事も書きたいと思っている。
でも、 それまで、東日大震災のことを書いていたのに、急にラーメンのことを書いていいのか?と躊躇しているという。
そもそも、ラーメンを食べたくても食べられない方々が被災地には沢山いらっしゃるのだし…と。
すると、富澤さんが「どちらもバランス良く書けばいいよ。震災のことも忘れちゃいけないけど、それ以外のことも日常、考えているんだから。」というようなことをおっしゃった。
なんのことはない、普通のことを言っているだけでアドバイスというほどでもないように聞こえる。
だが、被災者目線で発信し続けることを大切にしたいと思っているがゆえに、二人にとっては簡単なようでハードルが高いことなのだ。
そこで、サンドの二人、「じゃ、狩野くんが今日、ラーメンの記事を書いてよ。そしたら俺たちも書くし。」
狩野さん「…えっ…前の記事が【募金活動】なのに?」
みたいな感じで、脱力もあり。(笑)

また、パーソナリティを務めるラジオ番組で、被災者の方々に元気を出して欲しいと願って楽曲を流すのだけれど、その一方で、「そんなの要らない」と思っている人もいるんじゃないか、応援しているつもりでも哀しませていないかと不安になる、と語る伊達さん。

本当に繊細な方なのだ。
それに対して富澤さんは、「受け取り方は個人個人で違う。全部はフォローできないんだから、仕方ないよ。伝わる人もいる。」と。
いい関係だ。
明晰だが繊細な伊達さんの背中を押す最後のひと押しの力加減とか、心に刺さっている刺を抜くための小さな言葉とかを、一歩引いて見ている富澤さんが的確なタイミングで的確に発することができる関係なのだと思う。


また、被災地では他の地域での自粛など望んでいないとも語っていらした。
そうよね、よそのことなんか構っている余裕はないでしょうね…。
自粛にも、いろいろあって、節電のためなどではなく、不謹慎だと怒られるのがイヤだからっていうのもあるかも?というようなことも仰っていた。
確かに…。
それは、本来の自粛の意味とは違うよね。
自粛を呼び掛けた自分エライ、みたいな気分になっているヒトもいるんだろう。
そんなの、誰も喜ばない。
もっと実質的かつ心がこもった配慮をすべきですよ、トチジ。


えー、話がそれましたが。
うまく整理できなかったけれど、サンドのお二人の、真摯で飾らない言葉と姿勢に、心底、感じ入りました。
頑張ろうとか、元気を出そう、という言葉も、お二人がサラリと仰ると嘘も嫌みもなく、悲壮感もない。
東北人は粘り強い、という言葉も印象的。
一言一言が、まっすぐ深く届いた。


本当に、是非とも再放送してほしい。

あっ、ずっと困った顔だった狩野さんも悪くなかったですよ。(←ひどい)


サンドウィッチマン・伊達みきおさんの公式ブログ

サンドウィッチマン・富澤たけしさんの公式ブログ

« 都知事選の、どーでもいいけど気になったコト【4/11 追記あり】 | トップページ | 長谷川平蔵とスーさんが♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/51358912

この記事へのトラックバック一覧です: 4/10『ボクらの時代』:

« 都知事選の、どーでもいいけど気になったコト【4/11 追記あり】 | トップページ | 長谷川平蔵とスーさんが♪ »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ