« 非風流人の花鳥を愛でる散歩の結末 | トップページ | 夜桜の宴、いいんじゃない? »

2011-04-04

ローマと日本を沸かす男

いやーー、これは楽しみですよ!





人気漫画『テルマエ・ロマエ』が阿部寛主演で映画化されるという情報が。

 
……ったって、最近の漫画に疎い私は、未だ読んでないのだが。sweat02

↑のamazonのレビューを見て、たまらなく読んでみたい気持ちが、ふつふつと沸いてspaおりますよ。
熱い風呂限定で時空、それも古代ローマと現代日本を往来するなんてブラヴォーにすっ飛んでいる。
それに、古代ローマと日本の風呂文化も知ることができる。
ありそうでなかった着眼点で、すごく面白そう。


まさに、ベストの配役じゃないの?
古代ローマ人青年を演じられる日本男児は、デカくて彫りの深い日本人離れした超美中年・阿部ちゃんを置いて他にいませんぞ!
浴槽を通って時空間移動するわけだから、入浴シーン満載?
だとすると、阿部ちゃんが鍛え上げたナイスバディを映画で披露してくれるのは、怪作・『大帝の剣』以来?(違ったらごめんなさい。)


うーーむ、この情報、是非とも、本当であってほしい。
ニュースソースが「関係者談」だけだもんねえ。
早く公式発表されないかなあ。

まずは、原作を読んでみたいという気持ちが熱く沸いてspaます!



…ご興味がおありでしたら…。
↓豪華な出演陣が全力で大スペクタクルSF馬鹿話を演じる怪作。(褒めてます。)


« 非風流人の花鳥を愛でる散歩の結末 | トップページ | 夜桜の宴、いいんじゃない? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

美冬さん、こんばんは。

このニュース、初耳でしたが、
「えーーっっ、マジでっ!?」と一瞬思ったものの、すぐに阿倍ちゃんにピッタリと納得。
主役がくそがつくくらい真面目なローマの公衆浴場の設計者なんですが、そのクソ真面目さがいい味で面白い。

阿倍ちゃんでの映画化の話が本当ならすごく楽しみです。
原作もおすすめですよ。
わたしの中では、「もやしもん」「聖☆おにいさん」「テルマエ・ロマエ」は迷わず即買いのシリーズです(笑)

失礼しました。
阿部ちゃんの漢字を間違えておりました。
愛が無いからかなぁ………
結構好きな俳優さんなんだけど。

suikaさん

>>「もやしもん」と「聖☆おにいさん」と「テルマエ・ロマエ」は迷わず買い

「あなたは私なんだ」(お約束!)です。
私はその後に結構たくさんのタイトルが並びますが
ローマと言うと「チェーザレ」ですかね。


改めまして、こんばんは美冬さま

それにしてもあの堅物ルシウスを阿部ちゃんがですか。
うーん、トーガが恐ろしく似合いそうですね。
しかもほとんどヌードだし。サービスカットがてんこ盛りですね。

阿部ちゃんといえばこの週末にCSで若かりし頃の初々しいお姿を
「プロゴルファー織部金次郎」でキャディー役でご出演
されているのをチラッと見ました。
まあ、主演があの人なので美冬さまはチェックされては
いらっしゃらない作品かもしれませんね。
まあわたしもながら見でしかも後半は
もちろん「TAROの塔」を見ていましたが(笑)。

そうそう尾野真千子さん!!あの低い声がたまりませんね。
「外事警察」(ああ、再放送してほしかったです)でも
「火の魚」でも秀逸な演技が大好きでした。
今飛び飛びで再放送中の「Mother」でも
虐待する母親役を憎たらしいくらいのダメ女ぶりで
頑張っています。
「てっぱん」は「ゲゲゲの女房」に並ぶ高視聴率だった
そうですね。今週の金曜日にはスタパにあかり役の
滝本美織さんがご出演されます。また演出秘話が
聞けるかもと予約しちゃいました。
「おひさま」は今度こそ幸せな姿を見れるかと
守山こと高良健吾くんねらいです。

suikaさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。


>>愛が無いからかなぁ………


いえいえ、阿部ちゃんの記事にコメントを頂戴できて嬉しゅうございます。
suikaさんにとっては、阿部ちゃんの記事ではなくて、『テルマエ・ロマエ』の記事ですね。(笑)

原作ファンのsuikaさんも納得してくださる阿部寛の主役ということで、心強いです。
さきほど、作品の公式サイトで第1話を試し読みしましたが、これは確かに面白いですね。
フルーツ牛乳を久しぶりに飲みたくなりました。(笑)
続きが読みたい!!
うん、これは阿部ちゃんが演じるのを観たいです。
映画化そのものは、連載誌上で発表されていて確かなので、後はキャストの発表を待つのみ。
原作も、近日中に購入するつもりです。
あー、なんかヒ久しぶりに楽しみが出来て嬉しいです~

むぎこがしさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

おおっ、むぎこがしさんも原作を御推奨ですね。
これは絶対に読まねば!
第1話を公式サイトで読みましたが、この主人公、私にはもう阿部ちゃんにしか見えません。(笑)


>>それにしてもあの堅物ルシウスを阿部ちゃんがですか。
>>うーん、トーガが恐ろしく似合いそうですね。


ほほほ、戦国武将も、胡散臭い学者も、洞察力にとんだ刑事も、ローマ人も、「どーんと来い!」なのが我が阿部寛でございます。
任せて安心、阿部寛をよろしく。(笑)


>>「プロゴルファー織部金次郎」でキャディー役でご出演


おや、それは「ノーマークでしたね。」
ま、私は『トリック』から阿部ちゃん応援女子になった新参者(といっても11年くらいですが)で、若い阿部寛にはイマイチ反応が鈍いので、センサーが働かないのかも。


>>「おひさま」は今度こそ幸せな姿を見れるかと
>>守山こと高良健吾くんねらいです。


高良くんは、大忙しですねえ。
6月には主演映画『軽蔑』も公開されますし、すごい活躍。
『軽蔑』での大森南朋さんの人でなしな悪役ぶり、予告編だけでも匂い立つようで、やっぱり流石です。

http://www.keibetsu.jp/index.html

この方の作品ごとの変貌ぶり、毎回のように感嘆します。
でも、いずれは、また鷲津政彦になっていただきたい。(結局、そこです。)

ご無沙汰しておりました

いや疲れとストレスと急に強くなった紫外線の
「ジェットストリーム・アタック」でトリプル攻撃を
くらってすっかり寝たり病院通いの日々でしたが
今週末からは何とか復活しようやくネットも出来る
ようになり飛び込んできたのが「テルマエ・ロマエ」の
続報でした。

http://www.cinematoday.jp/page/N0031753

原作者さんもベタぼめで現地のローマ人にまで
「まるで本当にローマ人のようだ」と称賛された
阿部ちゃんのルシウスを早く観たい…って2012年の
公開なんですね、ちっくと残念ぜよ。
25日には原作コミックも第3巻が発売されますので
大人買いされてゴールデンウィークのお楽しみにされて下さいませ。

追記 以前のコメントで「JIN]」で大沢たかおさん演じる
「南方仁」先生の漢字を間違えて「宗方」と書いてしまった
ようで昨日の放送で間違えて覚えていたのに突然気づいて
赤面してしまいました。ヒヤリング能力ももはや末期レベル
な私ですがお邪魔させて下さいませ。

むぎこがしさん

ようこそ♪
コメントありがとうございます。
体調のほうは、少し落ち着かれましたでしょうか。
年度変わりで季節の変わり目ですから、お疲れもたまりやすいですよね。
無理なさらず、どうぞ、ご自愛くださいませ。


素敵な阿部ちゃん情報、ありがとうございます!
続報は、「ノーマークでしたね。」でございました。
うーーむ、イタリア人も認める古代ローマ人ぷりって、凄いですね。
これは益々期待度大!
実は、原作も3巻発売(予約)に合わせて大人買いしました。ほほほ。
まだ1巻しか読んでいませんが、いいですねえ、面白いです。
真面目で健気なルシウスさん、すでに私の脳内では阿部ちゃんの声で吹き替えておりますよ(笑)


>>「南方仁」先生の漢字を間違えて「宗方」と書いてしまった

やはり、少し(でもないか)前までは、仁といえば宗方でしたからね。(笑)
って、それは鬼コーチです!(←ノリツッコミ)

私も相当な空耳でございます。
ACのCMで「その通話必要ですか?」と言っているのを、「相撲部屋は必要ですか?」に聞こえてしまい、色々と問題があったとはいえ、何故このメッセージCMで?と首をかしげていたくらいです。
これに比べたら、一文字違いなんて軽症ですよー。
空耳も見間違いも書き間違いもいまくり中で冷や汗ダラダラな私のブログでよろしければ、今後ともお気軽に遊びにいらしてくださいませ。
お待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/51302466

この記事へのトラックバック一覧です: ローマと日本を沸かす男:

« 非風流人の花鳥を愛でる散歩の結末 | トップページ | 夜桜の宴、いいんじゃない? »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ