« 夜桜の宴、いいんじゃない? | トップページ | 都知事選の、どーでもいいけど気になったコト【4/11 追記あり】 »

2011-04-10

だめ人間だもの。

相田みつを風なタイトルだが、偶然です。(笑)
そして、かなり、どんよりした内容です。
自分を慰める色合いが強い、いやーな感じの記事なので、スルーしてつかあさい。

右手に傷を作ってしまって、PCのキーボードに長時間に触るのが難しく、ちょっと更新も滞ってしまった。
(もう傷は大分よくなりました。)

まあ、もともと、脱力系のお気楽ブログとして記事を書いているので、更新頻度は低めだし、ゆるい性格なのでキレのあることは書けない。
このブログは匿名で書いているので、批判を含むような意見は、テレビ番組へのぬるい文句くらいしか書かないし。(←あくまでも、私の自ブログに対する雑な線引き。)
ぬるくて、役立つ情報もない。


そんなわけで、少し休んでしまっていた間に、来て下さる方がいなくなっても仕方ないわねー、と覚悟していたが、久しぶりにアクセス解析を確認したら、更新が止まっていた間も訪問して下さる方の数がいつもと変わらなかったので、ありがたく、かつ申し訳なく…。

これからも、ペースも内容も、のんびりまったり、細く長く、をモットーに何の役にも立たない雑記を中心に書いていくと思います。
気を抜いて、「バカだね、このひと~」と突っ込みたくなったら、思いだして覗きに来ていただけたら幸いです。

とはいえ。
熾烈で苛烈に厳しく書かれているブログって凄いなあ、と感心するところが多く、憧れることもある。
だけど、匿名で書く苛烈に鋭く輝くような文章は、自分が意図した以上の攻撃力があり、読む人をその強い光熱で焼いてしまうことがある。
広大なネット宇宙の片隅でぬるい記事を書いている自分ですら、不特定多数の方に向けて発信することで生じる危険を、記事をアップする前に毎回、自覚しなければならない。
だが、そうできているかといえば、正直、その自覚が足りていない。
伝わるだろう、という甘えがある。
その点、厳しいことを書く匿名のブログ主さん達は、それだけの覚悟と自覚をもって書いていらっしゃるのだと思うし、だから尚更、凄いなあと尊敬してしまう。
でも、文章を書く能力や、自分のブログで何をテーマとして、どのように書くかは、人それぞれ。
他人と比べるなんて無意味だよね、と改めて思う新年度cherryblossom
やっぱり、どこまでもヌルい私である。
ていうか、そういう人間だもの。(また、相田みつを風…)


ややネガティヴなムードを含んでしまったのも、軽いとは言え、怪我をして気が弱くなっているからかなー…はあ…。
楽しい話題を書くつもりだったのだが、たまたま、この数日、いつも読んでいたり、検索でヒットして偶然に読んだりした幾つかのブログで、他者を批判するようなキツイ文章を含む記事が多くて、行く先々で、なんだか自分が批判されているような気になり、辛くなったからかも…。
でも、批判されている気になるというのは、自分に思い当たるフシがあるからでもあり…。
とか、ぐーるぐーるぐーる…と同じところを回っていた感じで。


それじゃいかん!
弱った自分に喝!をいれるための一言を。

先日、第1回を観たアニメ『へうげもの』の冒頭部での台詞を自分を戒めるために書いておく。
(関連記事はこちら。)


主人公・古田左介の独白。

「けなす笑いは本人の得意気が残ってキレが悪い。俺も気をつけよう。」


“笑い”を他の言葉と置き換えても、成立するなあ、と思った。
例えば、文章、と。
未熟なブログ主である私が、いずれ天下の茶人となる古田左介(織部)と同じことを考えているなんて言うつもりはないが、やっぱり、「俺も気をつけよう。」だ。


私自身としては、経験したこと・思ったことを淡々と率直に書いたつもりで、「けなす」つもりなどないのに、意図せずとも、自分の徳の無さが稚拙な文章に出てしまい、「上から目線」とも感じらる文章表現になってしまい、読んで下さっている方に対して挑戦的とか偉ぶっているという印象を与え、傷つけてしまう可能性もある。
そういう失敗は、ブログ開設前からの掲示板などのネットライフでも幾度も経験したのに、まだ失敗している駄目な私だ。


あー、暗くなっているな。
いかん、いかん、いかん、いかーーん!
お気楽ブログなんだから、次回から、もっと楽しいことを書きます。

« 夜桜の宴、いいんじゃない? | トップページ | 都知事選の、どーでもいいけど気になったコト【4/11 追記あり】 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

美冬さん、こんばんは~(^^)/

右手のお怪我、アンラッキーでしたね。
利き腕では何かとご不便ですね。お大事にしてくださいね。

ブログについてはワタシはな~んにも考えてなくて、
いや考えなさ過ぎなんでしょうがcoldsweats01
基本的にブログって自己中心的なものだから公序良俗に反しない限り、ネットマナーに配慮しながらであれば自由に書いていいんじゃないか、のスタンスなんですけどね。
興味がなかったり、気に入らなければスルーすればいいわけで。

個人的に、話題によっては批判記事を読むのが楽しい場合もあり。。。
何を否定するかにブロガーさんのカラーが出るものだしね。
美冬さんの大河ドラマの辛口批評大好きなんですけどhappy01


たしかに、ワタシのブログのアクセス解析でも言語が英語をはじめ韓国語・中国語・仏語そして独語までありますから、あらためて世界に向けて発信されてるのね、と感心しますが。。。辺境ブログなんだから、何書いてもいーじゃんbleahと甘えててはダメですよねぇ。

地球にまで毒づいたから、あんなに強い余震がきたのかな、と思いつつまた悪口言ってるしcoldsweats01

で、結論としてはですね。
ワタシは辛口批評すらユーモラスで面白い美冬さんのブログ、大好きですよgood

アンさん


いらっしゃいませ♪
余震というには余りにも大きかった先日の地震の後にも関わらず、コメントをありがとうございます。
本当ならば、私の方が地震お見舞いしなければならないのに、恐れ入ります。


>>基本的にブログって自己中心的なものだから公序良俗に反しない限り、
>>ネットマナーに配慮しながらであれば自由に書いていいんじゃないか、
>>のスタンスなんですけどね。

私も、基本的には、そうなんですよ。
零細ブログですし、気にしすぎて自由度を自分で狭めることもないと思っています。
ただ、たまたまではありますが、いつもなら気にならない程度の断定的な文章表現を読んで凹んでしまったので、こんなヘタレ記事を書いてしまいました。

軽い例えをしますと。
「自分は本当の目玉焼き好きだから何もかけない。塩コショウやソース、ましてや醤油をかけるなんて理解できない。」みたいな文章が、いつも読んでいるブログに書いてあったとして、普段なら「へえ、ずいぶんと自分に自信かある人なんだな。」くらいで終わるんですけど、たまたま、弱っている時に、そういう記事を行く先々で読むと、「ああ、私ってダメね。」と自分を全否定されたように感じてしまう、いわば被害妄想に近い負のループに入ってしまったんです。
そういう時に、ブログを書いている方に対しては悪気はないだろうと解釈しますが、自分がブログでそういうことをしていないか、凄く気になってしまったんです。
気が弱すぎるんですねえ。


>>地球にまで毒づいたから、あんなに強い余震がきたのかな、と思いつつまた悪口言ってるし


いやいや、アンさん達は、地球に怒っていい!
その権利があります!
文句を言う相手が地球というのも、スケールが大きくてかっこいいですよ。punch

ヘタレな私を勇気づけていただき、ありがとうございます。
やはり、持つべきものは「ハゲ友」ですね!(略しすぎ…?)
また、アンさんのお宅にもお邪魔いたします♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/51346628

この記事へのトラックバック一覧です: だめ人間だもの。:

« 夜桜の宴、いいんじゃない? | トップページ | 都知事選の、どーでもいいけど気になったコト【4/11 追記あり】 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ