« 葉桜もまた佳し。 | トップページ | 我が家に「TAROの塔」がやって来たYO! »

2011-04-17

山岸凉子さん著『パエトーン』が無料公開中です。

1988年に山岸凉子さんが発表した短編漫画 『パエトーン』が、電子書籍として、web上で無料公開されている。


最初は、たしか一週間くらい前に、漫画全般にとても詳しい先輩・M嬢から教えてもらった情報だった。
未読だった私も早速に読ませていただいた。
とても理解しやすく、かつ深い。
日本という国で、原子力発電で電力供給することについて、改めて自分の頭で色々な面から考えるのを助けていただいた、という思いだ。


すると、つい先日、我が家で購読している新聞にも署名記事が載った。

【原発是非問う漫画「パエトーン」、電子書籍で無料公開】
朝日新聞 2011年4月16日


辺境にある拙宅で記事にせずとも良いのだが、未だご存じない方で、ご興味がある方に、もしもご参考になれば、という思いで記事にした。


未読で興味がおありの方はもちろん、既読だけれど詳細は忘れてしまったという方、原発について自分なりに知ったり考えたりするとっかかりをさがしていらっしゃる方に。
もちろん、すでに原発についての知識や確固としたご高見をお持ちの方にも。
機会とお時間がございましたら、ご一読をおすすめいたします。

下記をご照覧下さいませ。

遠いむかし、神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)を、今回Webにて特別公開させていただくこととなりました。
「原子力発電」の必要性や安全性については賛否様々なご意見があると思いますが、本作品をひとつの問題提起と捉え、将来的なエネルギー問題を議論してゆく上での一助としていただければ幸いです。
 (潮出版社・無料webコミックページ より)
http://usio.feliseed.net/paetone/

最後に、無料公開に踏み切って下さった山岸凉子先生と関係者の皆さまに感謝いたします。

« 葉桜もまた佳し。 | トップページ | 我が家に「TAROの塔」がやって来たYO! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/51420326

この記事へのトラックバック一覧です: 山岸凉子さん著『パエトーン』が無料公開中です。:

« 葉桜もまた佳し。 | トップページ | 我が家に「TAROの塔」がやって来たYO! »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ