« 堺克弘 作陶展@松崎画廊 | トップページ | 再び、壁紙要注意 »

2011-05-18

あるサラリーマンの銀幕への挑戦!

「嫌だなあ、雨は。」 

この春に新調したばかりのスーツをクローゼットから出したり引っ込めたりしながら、我が執事こと夫が、映画『ハゲタカ』の登場人物・劉一華の台詞をつぶやいていた。
つぶやいているが、あらさまに聞こえよがしだ。

「刃物を渡されて、歩いている超イケメンを襲ってぐたさい…とか言われたら、どうしょうかな。」
「スーツ泥だらけになっちゃうよ。」
「ていうか、僕が襲われる超イケメンのほうかも…」
(↑映画『ハゲタカ』をご存じの方にしか通じない…)


それまで聞こえないフリをしていたが、さすがに耐えかねて、待ったを掛けた。
「寝惚けたこと言うんじゃありません!!」

一喝しても、執事はめげなかった。

「いや、いつチャンスが巡ってくるかわからないから、準備は怠りなくしておかないと。えーっと、ネクタイはどっちが映りがいいかな?」
「……どうでっちもいいわよ。」


ということで、その翌日、夫は新しいスーツで雨の中を都内某所に出かけていった。


既にクランクアップし、現場で口止めもされなかったということなので、せっかくのネタ、記事に書いておこう。

夫は、先日、映画のエキストラ・ボランティアなるものを初体験したのだ。

4月から5月にかけて、リフレッシュ休暇を断続的に取ることになった夫は、せっかくだから、何か初めてのことをやってみようと思い立った。そこで、或る映画のエキストラに登録していたのだ。
しかし、募集メールは随時来るものの、ちょうど出勤する日だったり、遠方での撮影だったり、年齢等の条件が合わなかったりで、なかなかチャンスが廻って来ない。
諦めかけていたところで、とうとう、「おいでませ」メール到着!
スーツ着用のこと、という指定があり、冒頭の馬鹿話につながるわけだ。


撮影当日のことは、私自身の経験したことでなく、またオトナの事情も考慮して、詳しくは書かないでおくが、いちおう、簡単に彼から聞いた話をば。





ちなみに、夫の役は「通行人」。(←予想通り)
雨の中、3時間も立ったままで飲まず食わずで、撮影準備が整うのを待っていたそうな。

ゲーノージンに関心がない夫は、俳優さんを至近距離で見られたことには、たいして感動もしていないようで、
「●泉さんは、あのとおりの声だった。」
「小●●平クンは、とっても可愛くて華奢。」
くらいの感想しか言わなかった。
しかし、撮影準備の様子は面白かったらしい。
短いシーンの撮影に、多くのスタッフがそれぞれに動いて入念に細かい作業が進められていくのが興味深かったそうだ。

だが、自前のスーツ姿のままで、髪を整えたりもされなかったそうなので、たぶん後頭部すら映っていない可能性大。
いや、参加したシーンそのものが完成版に入っているかどうか…。


ともかく、本人としては立ちっぱなしで疲れたものの、なかなか面白い体験だったらしい。
エキストラ世話係(?)のスタッフ氏から、「良かったら、また応募してください。」と勧められたケン・ワタナベ主演の映画『はやぶさ』のエキストラにも、早速、登録したという。


そうそう。
撮影参加の御礼として、夫が頂戴してきたのは、こちら。

Neo1

ふふふ、何と言う作品がおわかりですね。

ステッカー1枚。
撮影後半で、ノベルティグッズが無くなってしまったらしい。

さて、『はやぶさ』からはお声がかかるでしょうか…

« 堺克弘 作陶展@松崎画廊 | トップページ | 再び、壁紙要注意 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あら~美冬さん、なんと執事様がご出演ですか!
銀幕デビュー、おめでとうございますgood
しかもデビュー作が、

「NHKで放送後大好評、海外での評価も高く、ついにオリジナルの出演者とスタッフで映画化決定!」

の、あの映画ですね!
(そうなんですよね、「ハゲタカ」と「サラリーマンNEO」って結構共通点があるんですよね。おそらくファン層もかなり被っているのではないかと………)

わたしもこの映画のエキストラ募集の件に関しては、某カフェのマダムに強く推薦しておいたんですけど、なにぶん時期が悪かったのか、花見の忙しさで恐らくデビューしそこなった模様。

でも意外と(というかやっぱり)ケチですね、NHK。
もう少しレア感があるノベルティグッズが用意できなかったのか。
公開されても劇場へ足を運ぶかどうか微妙と思っていた映画ですが、ここは執事様のお姿(後頭部?)を拝見するためにも、ぜひ出掛けさせていただきます。(通行人ばっかり見てて、肝心のお話が頭に入らないかも(笑))

こんにちわ、すっかりご無沙汰いたしております。応募されていたんですね、例のアレ。私もsuikaさんに唆されて登録はしていたのですが、募集がかかるのが圧倒的に男性役、たまに女性役があっても20代から30代っつーことでかすりもしませんでしたわ(とほほ)。

>「いや、いつチャンスが巡ってくるかわからないから、準備は怠りなくしておかないと。えーっと、ネクタイはどっちが映りがいいかな?」

そうそう、廃人の皆様の中にはまめにエキストラ参加されている方もけっこういるので、もしかして、万が一にも、「ハゲタカ2」撮影があったときにはそういうつながりから情報が来ることがあるかもしれませんし(アイタタタ……)、あの児玉清さんだって最初は通行人役ばかりだったそうですよ、この先何があるかわまりませんから!(笑)

>いや、参加したシーンそのものが完成版に入っているかどうか…。

でも色んな意味で映画を見る楽しみはアップしてますね。羨ましい限りです。

そして横から失礼致します。
>某カフェのマダムに強く推薦しておいたんですけど、なにぶん時期が悪かったのか、花見の忙しさで恐らくデビューしそこなった模様。

チッチッチ、花見のせいじゃないね。わしらの年代の女性を対象にした募集自体がまずなかた(泣)。1回だけあったので応募したけど、「瞬殺でした」というアナウンスがあったよ。あとは最終日にいきなり誰でもいいから9時にお台場に来て!という緊急募集があったけど、気がついたのが8時30分だったのでアウトだったの。これじゃあ「ハゲタカ2」のエキストラ募集があっても参加できそうにないわね(する気か?)。

>通行人ばっかり見てて、肝心のお話が頭に入らないかも(笑)

あんまり「話」、関係ないし(笑)。

えへへ、私は夫婦でこちら参戦してきちゃいました。
ちょうど、自宅からタクシー1メーターちょいくらいのところで、週末に募集があったもんですから・・・。

会議してるサラリーマンのフリしたり、
商品発表会見で、おぉ~とどよめいたりしました(笑)

本番写ってるかは謎ですが・・・ 大○漣さんはすごくいい人で、入○雅人氏は、TVで見たまんまで、奥田絵○香嬢は、すごく細くてちっちゃくて謎でした。

というわけでうちには2枚、ステッカーがあります。
結構でかいし、どう使ったもんだか(笑)

suikaさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

なんだか気軽に参加したようですが、3時間もじっと立って待たされたので、オジサンは腰が痛くなったそうです。(笑)
次の機会は屋内の撮影が良いなー、ハゲタカのマンダリンでの撮影に参加したエキストラさんたちはいいなー、などとのたまってます。やれやれ。
たぶん、映っていないと思うのですが、そんなエキストラの彼も監督さんから演技指導(?)されたとかで、本人は満足しているようです。(笑)


>>でも意外と(というかやっぱり)ケチですね、NHK。
>>もう少しレア感があるノベルティグッズが用意できなかったのか。
 

撮影前半ではエコバッグが配られていたらしいんですけどね…。
きっと無くなってしまったんでしょう。
同じNHK発の映画である『ハゲタカ』のエキストラさんには、こんな記念品が配られたそうで。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/70606/1783/57505800

これが頭にあったので、記念品目当てではないにせよ、期待していたので、ややさびしい気が…(強欲)。
随分と格差がありますねえ。
制作プロダクションは「ハゲタカ」と同じくNHKエンタープライズですが、予算が厳しいのかも…。
とはいえ、見に行きますよ。
うちの執事の焼け野原を。(焼けてない)

tsumireさん


ようこそ~♪
コメントありがとうございます。


マダムは今回はタイミングが合わなかったとのことで、残念です。
かなり急な募集も多かったようですね。
執事はちょうど休みをとっていたので、「明日の午後、××に来られる40歳以上の男性求む!」みたい募集に応じられたそうで、ラッキーでした。


>>そうそう、廃人の皆様の中にはまめにエキストラ参加されている方もけっこういるので、
>>もしかして、万が一にも、「ハゲタカ2」撮影があったときにはそういうつながりから情報>>が来ることがあるかもしれませんし


うちの執事は待ち時間に他のオジサンたちとお話したそうですが、やはりエキストラが趣味の方が何人かいらしたそうです。
で、エキストラ募集総合サイトみたいなものも教えていただいたらしい。(笑)
もしも、もしも…ハゲタカ2があれば、是非とも参加したいと執事は言っております。
そしたら今度は夫婦で応募しまっせ!(…ちょっと涙目…)

なつみかんさん


いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。


>>えへへ、私は夫婦でこちら参戦してきちゃいました。


うわ~~いいな~happy02
しかも、通行人よりも、ずっと重要そうな「役」じゃないですか。


>> 大○漣さんはすごくいい人で


おお! 漣さんと共演ですね。凄い~~
ご夫婦そろっての素敵な思い出になったのでは。
どう映っているか、11月の公開が楽しみですね。


>>というわけでうちには2枚、ステッカーがあります。
>>結構でかいし、どう使ったもんだか(笑)


そうそう。そこが悩みどころなんですよ。
うちの夫は「冷蔵庫かプリンターに貼りたい」とか言ってます。
幼稚園児か!!


おはようございます 美冬さん

ふふふ、昨日、東京国際映画祭で「サラリーマンNEO劇場版(笑)」
を観て参りました。

約2時間の期待を裏切らない素晴らしさで何度となく
場内は爆笑に包まれました。

美冬さんのお宅の執事さまが雨の中で長時間立ち続けた
と記憶に残ってましたので気をつけていましたが
雨のシーンは結構最初のほうに小池徹平くんが
ビニール傘をさしながら飲み屋街をセールスして
歩くシーンくらいでしたかね。
そこではビニール傘を手にしたサラリーマンが
画面の奥に歩き去っていくという一場面がありました。

あと小池徹平くんと平泉成さんが初顔合わせをする
路上のシーンでは確か路面が濡れていたような気がしました。
朝の出社のシーンでしたので何人かのエキストラさんが
写っていました。

まあ、実際に出演された執事どののコメントを
ゆるーくお待ちしています。


昨日は映画本編の後に舞台挨拶があり
小池徹平くん、生瀬さん、堀内さん、
AKBの小池まりこさん、吉田監督の他に
主題歌を歌った郷ひろみが飛び入りして
生歌を披露してくれ場内をわかしましたが
一番盛り上がったのは突然照明がピンク色になり
あのテーマ曲がかかりセクスイー部長が登場
した瞬間でした。

http://eiga.com/news/20111025/20/

むぎこがしさん
ようこそ♪
コメントありがとうございます。


さすが、むぎこがしさん!
いち早くご覧になったのですね。
レポ、ありがとうございます。


テレビと同じく爆笑の渦だったとのこと、何よりでした。
そして、豪華な登壇者に加え、生セクスィー部長までご覧になるとは、贅沢です。

うちの執事が参加したシーンは、本編で使われていたかどうか、気になりますが、むぎこがしさんのコメントからすると、どうも駄目だったようですなあ…。
スーツだけでなく、鞄や傘も私物を持たされての参加だったそうなので、一瞬でも映っていれば本人は確認できると思いますが、たぶんカットされているでしょう。
ま、事前に言うと、彼が落胆するので、内緒にしておきます。(笑)
公開されたら、なるべく早く観に行って、結果を記事でご報告いたしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/51700120

この記事へのトラックバック一覧です: あるサラリーマンの銀幕への挑戦!:

« 堺克弘 作陶展@松崎画廊 | トップページ | 再び、壁紙要注意 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ