« 休日の日比谷公園 | トップページ | 生誕100年 岡本太郎展@東京国立近代美術館 »

2011-05-02

フランス王妃のスタイリストざます。

いやー、まさか、この歳になって、紙の着せ替え人形を買うとは思いませんでしたわ。



Marie Antoinette Paper Dolls

Cover

(反射してしまいました…sweat02


先日、三菱一号館美術館のショップ「store 1984」で、衝動買い。

マリー・アントワネットの着せ替え用紙人形+ドレス15着。
さらに、王妃専属デザイナーのローズ・ベルタンの人形とドレスもついてます。
この一冊で、貴女もフランス王妃マリー・アントワネットのスタイリストになれます!


写真ではわからないですが、様々なシーンに合わせたドレスは、どれも豪華で優美で、とっても素敵♪
ドレスは細部まで凝ったデザインで、眺めているだけで非日常に心が飛んで、うっとり~heart04

私は、ゴージャスでエレガントなドレスと無関係な人生を送っていますが、お姫様のドレスを見るのは幼いころから今に至るまで大好き♪
でも、自分で着たいと思ったことは無いんです。
見てうっとりするの専門。
まー、日本人の庶民が、おとぎ話のお姫様みたいなドレスを着るとなるとコスプレになる気もするけど。(笑)
それに、大昔、自分の結婚式と披露宴でウエディングドレスを着てティアラもつけたから、もういいや。(今から着たらコワイよ。)
あのときは、コスプレ好きな人の気持ちもわかりましたが、恥ずかしかったかも。(笑)


肝心の本の中はこんな感じ。

Doll01

これも反射して見辛くなってしまいましたが、左はアントワネット様のペーパードール。
下着も可愛い~。
でもコルセットって大変そう…。

Doll02

こちらは着せ替えドレスの一例。
優美や可愛いが素敵にインフレしてるロココなり。(笑)


それにしても、この頃のセレブのヘアスタイルってとんでもないことになっとります。
とにかくヘアと飾りの盛りが半端ないっすよ。
表紙なんか、もう仮装の域みたいなってる…



調べたら、作者の Tom Tiermey さんは、沢山のペーパードール本を出している作家さん。
オフィシャルサイトを覗いたら、シャネルや、なんと、ダライ・ラマの着せ替えペーパードールもあり…。

私の好みとしては、ビクトリア朝のドレスとかバレリーナの衣装とかのも、いいなあー。

とても細密に描かれている美しいペーパードールとドレスなので、切って遊ぶなんて出来ませんわ!
……老後の楽しみにとっておこうっと。
(もう老後に片足突っ込んでますけんどね…。)


お店では945円でしたが、amazonではもっとお得でした……。

« 休日の日比谷公園 | トップページ | 生誕100年 岡本太郎展@東京国立近代美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/51561168

この記事へのトラックバック一覧です: フランス王妃のスタイリストざます。:

« 休日の日比谷公園 | トップページ | 生誕100年 岡本太郎展@東京国立近代美術館 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ