« 洋菓子舗ウエストの「シュークリームプロジェクト」&フルーツトマトタルト | トップページ | 鹿嶋市公認キャラクター「ぼくでん」 »

2011-07-04

NHKのBS時代劇『塚原卜伝』が楽しみだ!

いろいろと書きたいことがたまっているのだが、暑さに身も心もグッタリしてしまって、自宅PCの前に座っても、よそ様を読ませていただくだけで終了…というダメダメな日々。

しかし、先日、コメント欄で今秋開始のドラマについての情報を教えていただいたので、遅ればせながら、簡単な記事にしてみた。
(むぎこがしさん、ありがとうございました。)

BS時代劇『塚原朴伝』制作開始のお知らせ より


■主演 塚原新右衛門(後の卜伝)役は堺 雅人さん

戦国時代に剣の聖地・鹿島に生まれ、幼少より鹿島中古流の太刀を学び、17歳で武者修行の旅に出て、生涯数多の真剣勝負や合戦に臨んで一度も負傷しなかったという伝説的な剣豪・塚原卜伝。
波乱万丈の死闘を潜り抜け、鹿島神宮に千日間の参籠をしてついに会得した「一つの太刀」とは。
有名ではあるが、いままであまり映像化されたことのない謎に満ちた卜伝の青年期を中心に、その実像に迫る斬新な時代劇です。ご期待下さい。

【主 演】 堺 雅人
【原 作】 津本陽 「塚原卜伝十二番勝負」
【脚 本】 山本むつみ、高山直也

【放送予定】
 第1回 10月2日(日) BSプレミアム 午後6:45~7:58 (73分)
 第2回~最終回(第7回) BSプレミアム 日曜午後6:45~7:28 (43分)

【収録予定】
 7月15日(金)~ 緑山スタジオ収録 



「ツカハラボクデン」と聞いても、恐らくイマドキの歴女ちゃんたちはピンと来ないかもしれない。
わかる方は、講談好きな方や、剣豪小説や剣豪が登場するドラマや映画がお好きな方くらいかしらん。
かく言う私は、少しくらいは、その手の小説を読んでいた時期もあるが(主に十代の頃!)、卜伝といえば、鹿島神宮の神官一族の出身であることと、鍋蓋で若い頃の宮本武蔵の一撃を防いだという有名な伝説くらいしか知らない。
しかし、先ほどwikipediaを読んでみたら、卜伝の没後に武蔵が誕生しているので、これは史実ではないとのこと。


そんなわけで、剣豪に関してもからきし知識が無い私にとって、卜伝というと伝説の人で、イメージとしては老師っぽい(←カンフー映画か?)ヴィジュアルイメージなのである。

その卜伝に堺さんですか? 
老師というのは置いといても、剣豪だったら阿部ちゃんのほうが似合うじゃーーん。(←独断です。)
と最初は思った。
が、若き塚原新右衛門の武者修行の日々を描くようなので、清廉に生き、一途に剣を極めようとする青年の凛々しい姿を堺さんが品格高く演じきってくださるのではないかと、今から妄想期待が膨らんできた。
後に「剣聖」と呼ばれるくらいの剣豪なのだから、清らかで凛としていないとね。
うん、納得のキャスティングwink

そうそう。
塚原卜伝といえば、前述のとおり、鹿島神宮の神官一族。
それで、腑に落ちたことがある。
南極ドラマの根室ロケ中に、「堺さんがある神社の宮司さんとメアド交換してお食事にも行かれたらしい。」という主演の方発信の情報。(5月中旬頃に話題になっていましたね。)
あれは、もしかして神道のことや神官の生活やしきたりなどについて、個人的に取材されていたのかもしれないなあ、と。
勉強熱心な役者さんだから、あり得ないことじゃないと思ったりして。
いや、私の勝手な想像ですけんどね…。
さすがに、今戸神社を訪問された時は、このお話は未だだったと思うけれど。

原作の 『塚原卜伝十二番勝負』は未読なのだけれど、ドラマの後に読もうかしら。先にイメージを作りたくないし。
津本陽さんの剣豪小説×NHKといえば、『柳生十兵衛 七番勝負』を思い出す。
エンタテインメントに徹した剣豪ドラマで、主演の村上弘明さん演じる十兵衛さまがカッチョ良かった~!
脇を夏八木勲さん、松重豊さん、佐々木蔵之介さん…と渋いところが固めていのも良かった。
第2・3シリーズも面白かったけれど、やっぱり最初のシリーズが一番良かったなあ……って、話がそれてしまったsweat01


堺さんは、例の南極ドラマの撮影を緑山スタジオ等にて撮影中だと思うのだが、『塚原卜伝』も緑山で撮影とある。
もしかすると、2本を掛け持ち?
いやはや、今年後半はますますお忙しそう。
暑さに負けずにお過ごしいただきたいです。


10月から日曜日の夜は、BS時代劇⇒TBS南極で、忙しくなりそうー!
おっと、11月からは『坂の上の雲』第三部で阿部ちゃんも愛でられるし!
なんとか酷暑を乗りきらなくては。

 

« 洋菓子舗ウエストの「シュークリームプロジェクト」&フルーツトマトタルト | トップページ | 鹿嶋市公認キャラクター「ぼくでん」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

気になる人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは お暑うございます 美冬さん

もう脳ミソが蕩けて流れ落ちそうになるのは
時間の問題かと思われる私です。

いいえ、なんのなんの。
まあ中延じいやを目指すにはあんまりにも大変そう
なので村田さんの助手くらいのスタンスで(笑)。

未だに「航さん」と「鳴海先生」の
ツートップを越えるキャラには出会えていないので
ついつい堺さん出演作はには敏感になってしまうんですよね。

でも大森南朋出演作の「鷲津成分探し」よりも
実益が大きいので嬉しいんですけど。
「BOSS2}の森岡はなかなかでしたけど、最終回よりも
第2話の携帯を取るシーンのほうがよかったです。

それにしても、ああ、小学生なら、あるは小学生の子を持つ母親
ならばこれに参加も出来たかも知れないのに…(ホントか)


http://uedafc.blog69.fc2.com/blog-entry-130.html

昭和30年代の時代設定に沿うビジュアルを持つ
子役だけのエキスtら募集って大変そうですよね。

まあ、このシーンに堺さんがいらっしゃる訳では必ずしも
ないんでしょうけど(笑)。

でも、「塚原ト伝」の撮影も15日からあるんですよね。
ちょっと想像しただけでも時代劇の扮装ってハンパなく
重ね着だし、カツラ(あ、もちろん髷のですよ。堺さんは
頭髪問題とは無縁そうですよね)やメイクとか…
妄想もとい想像しただけでも汗が滲みますわー。

大友さんの新作も「地獄の釜の底」と例えられる暑さの
京都で今月下旬からクランクインだそうですし。

素晴らしい作品を文字通り「汗」をかいて創り上げて
くださる皆さまの努力をしっかり受けとめられるよう
受け手側も努力しなくては!

先日、愛宕神社の千日詣りに行きましたが残念ながら
ほおずきは早々と売り切れてしまっていたのでした。


むぎこか゜しさん


いらっしゃいませ♪
暑い中、ご訪問&コメントありがとうございます。

御蔭さまで、記事が一本書けました。
映画も嬉しいですが、やはり毎週ドラマで拝見できる…というのは格別です。


>>未だに「航さん」と「鳴海先生」の
>>ツートップを越えるキャラには出会えていないので


なるほど。二人とも素敵ですものねheart01
私は、どの役も甲乙つけがたいですし、次の役が一番かも!と、いつも期待しています。
といいつつ、私は山南さんから堺さんを知ったに等しいので、時代劇というだけで期待値が高くなります。(笑)


上田で子役エキストラですか…。
むぎこがしさんは、やはり村田さんの座を狙ってますね。
鷲津の側近No.2の座を。(笑)


夏の時代劇の撮影は、本当に想像するだけで暑くなります。
でも、プロの役者は夏の戸外撮影でも顔に汗をかかないそうですので、きっと堺さんも健くんも無問題でしょう。


>>素晴らしい作品を文字通り「汗」をかいて創り上げて
>>くださる皆さまの努力をしっかり受けとめられるよう
>>受け手側も努力しなくては!


仰る通りです!
キャストもスタッフも全力投球で一つの作品を作り上げていらっしゃるのだと伝わる作品に対しては、自然と姿勢を正して観るようなりますよね。
逆に、現場の皆さんの創意工夫や努力が伝わらないようになってしまう作品に出会うと、本当に悲しくなります……現在の神南城発・日曜夜八時のアレとか…


続報きましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110717-00000010-mantan-ent

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/07/18/011/

堺さん、カツラは無しのようですねー。って三九郎さまの時の
ように後ろだけちょこんとくっついているのがカワエエですな。

全体的に爽やかな路線を目指すようで期待も増しますわ。

それに由香ちゃんが妹だなんて、うれしい驚きでした。

そうそう、ノダメヒメのライバルの春日局は富田靖子さんだそうです。
上野樹里さんと同じ事務所で結構早いうちから決まっていた
ようです。(記事の最後の部分にあります)

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20101224/enn1012241518011-n1.htm

むぎこがしさん


ようこそ♪
続報情報コメ、ありがとうございます。


連休中、すっかりネット離れしてしまったので、出遅れましたsweat01
いやー、まだ撮り始めたばかりとのことですが、期待しちゃいますねえ。
キャストも豪華。
『ハゲタカ』からは(いつまでも、この表現は申し訳ないのですが)中尾彬さんと栗山千明さん。
中尾さんについては言うまでもないですが、栗山さんは『浪花の華』の準主役経験もありますし、NHK時代劇への再登場は当然ですね。
お相手役は京野ことみさんですか。
爽やかなカップルになりそうですね。
彼女も、「鞍馬天狗」での可憐で勝気なお嬢様がハマっていたし、期待しちゃいます。
土曜スタパで、今後、記者会見や撮影の様子の紹介なんかあるのではないかというのも期待してるので、チェックしたいと思います。

こんにちは 美冬さん

今日の土スタに堺さんのインタビュー来ましたね。
訥々と静かに話す堺さんはもうすでにト伝の役になって
しまっておられたのではないでしょうか?
期待出来ますね。

BS時代劇は4月からの新しい枠ですが
NHKとしては力が入っていてメイキング番組や
スタパ、土スタだけでなくここのところ何かと
にぎやかなあさイチでも出演者が惜しみ無く
番宣をしてくれますし、NHKらしく再放送も
直ぐにたっぷりしてくれますから。
「新撰組血風録」ではガイドブックも発売されましたし。

由香ちゃんも京野ことみさんも可愛いかったですね。
何故か風間杜夫さんが藤竜也さんに見えてしまいました。

昨日書店で「日輪の遺産」の文庫のが堺さん演じる
真柴少佐のアップのカバーにかけ変えられていて……
ええ、しっかりお持ち帰りしてしまいました。
もう既に一冊持っているんですけどね……
だって、だっていかにも堺さんらしい笑うの?泣くの?困ってるの?
というあの何とも言えないお顔の堺さんだったのですもの。
これを買わずしてどうするとつい徳間書店のワナにはまりました。

昨日はじめて予告編も見ましたが軍人らしくストイックで
抑えた、でもそこかしこに内に秘めた熱が垣間見られる
ようなお姿でもう公開が楽しみでなりません。

むぎこがしさん

ようこそ~
コメントありがとうございます♪


>>今日の土スタに堺さんのインタビュー来ましたね。


ふふふ…久しぶりにNHKで堺さんを見られたような気がします。
やっぱり、時代劇の堺さんは格別でございます。楽しみですね!
共演者の皆さんも、渋い実力者と華やかな女優さん揃いで、これまた楽しみ。
ううむ、今後のNHKの宣伝も見逃せません。


>>『昨日書店で「日輪の遺産」の文庫のが堺さん演じる
>>真柴少佐のアップのカバーにかけ変えられていて……


おおお、そんなカバーが!
このところ、書店にも行けてないので明日にでも書店でチェックざます。
今まで、映画についてのインタビューを各種紙媒体で拝見しましたが、高い思考能力とリテラシーに改めて感服いたしました。
映画公開まで1カ月。
軍服丸刈りの堺さんも楽しみですぅ~lovely

こんばんは 美冬さん

今晩はミッチー結婚のニュースでちょっとだけ
動揺してしまいました。
まあいわゆる「職場結婚」ですよね。
堺さんも(もうずいぶん前から)お年頃ですからね。
何時おめでたいニュースが飛び込んできても
不思議じゃありませんね。

そういえば映画で共演された女優さんとは破局されて
しまったのですか?お子さんとも会ったとかなんとか。

個人的には「ゴールデン・スランバー」の時に噂されていた
女優さんとが良かったですけど。
でも案外ずーっと同じ女性とながーくお付きあいを
しているのではと思っているんですが(高校の同級生とか)

そんな堺さんですが今はロケでお忙しいようですね。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20110727/CK2011072702000055.html

もう立ち姿が「かっこええな(by飯島さん)」ですよね。
お隣の平岳大さんは183cm74kgですが存在感やオーラは
確実に堺さんが上回ってますよね。さすが主演だけあります。

さて、ト伝よりもいよいよ「日輪」の雑誌キャンペーンも
佳境に入りましたね。

特にスカパー関係のテレビガイド誌には全て堺さんの
インタビューが掲載されておりましたね。
(ハゲタカがらみで店頭にあるテレビ誌はチェックしてます)
特に「スカパー!TVガイド 8月号」のインタビューでは
あまり他の雑誌で掲載されていないお言葉が素敵でございました。
(書いちゃおうかとも思いましたがぜひともご覧になって下さい)

そしてあの衝撃の「ダ・ヴィンチ}にひけをとらない
「フェロモンだだ漏れ堺さん」が「TV Taro 2011年9月号」
でご覧になれます。特に45ページのショットはあまり見かけない
角度での堺さんでちょっと別人チックで素敵でございました。
(そのページのま裏に守山こと高良くんの金麦のCMのメイキングで
すっかり大人の男性になってこの頃は朝ドラでも幸せ一杯で良かったです。)
(ええ、連れて帰ってしまいましたよ。これで8月の月刊テレビ雑誌が
家には4冊(もちろん向井くんがらみです)にもなってしまいました)

むぎこがしさん

いつも惜しみない情報提供、本当にありがとうございます~shine
でも萌え過ぎは健康に良くないので(笑)、どうぞ心身を休ませつつ萌えてくださいませ。


ミッチー御結婚、ちょっと驚きました。
勝手に独身主義と思いこんでたので…。
美男美女、大人のカップルですね。
堺さんについては……ま、静観したいと思います。
御本人が幸せになっていただければ、私も幸せです。
とか言いつつ、お相手は、できれば芸能人でなく、アート系の方など文化の香りがする女性とか、普通のお嬢さんがいいなあ、とか余計なお世話なことを応援仲間の同僚と話しておりますよ。(笑)
それよりも(おほほ)、卜伝ですよ!


>>もう立ち姿が「かっこええな(by飯島さん)」ですよね。


ふふふ…ふふふふ……格好ええのう…格好ええ…(←完全崩壊)
早く動いている堺卜伝が観たいですぅぅぅぅ

テレビ情報誌の件も、ありがとうございます♪
どんな素敵なインタビュー&お写真なんでしょうか。
早く確認したいです~~。
なかなか書店に行かないモノグサなので、いつもむぎこがしさんから教えていただく情報が、本当にありがたいです。
足を向けて寝られません!
できるだけ早く、書店でチェック⇒家に連れて帰りたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/52113623

この記事へのトラックバック一覧です: NHKのBS時代劇『塚原卜伝』が楽しみだ!:

« 洋菓子舗ウエストの「シュークリームプロジェクト」&フルーツトマトタルト | トップページ | 鹿嶋市公認キャラクター「ぼくでん」 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ