« ぎをん小森 | トップページ | ランチ@韻松亭 »

2011-09-22

S室長、ありがとうございます。

記事タイトルにあるS室長とは、私の上司のことだ。
決して、「芝野」室長ではない。(笑)


台風15号は首都圏にもかなりのダメージをもたらしている。
公共交通機関も随分と止まってしまった。
皆さま、ご無事に帰宅されたでしょうか。
また、ご自宅への被害等無かったでしょうか。

私は、上司・S室長の配慮(というか指示)により、15時半にオフィスを後にした。
田舎から2時間近くかけて都心に通う私のことを案じてくれたのである。
昨日、うちの部署は上司と私の二人だけだっので、他のフロアの様子をさぐりに行くと、みなさん帰るかどうするか迷っているらしい。
しかし、JRが次々と止まっていくのを知り、私同様に遠距離通勤のひとや、お子さんを保育園に迎えに行かねばならない人々は、一気に決断して、どんどんデスクを片づけ始めた。
私も慌てて自分の部署に戻り、上司に「お言葉に甘えて…」とやはり早退させてもらう旨お願いした。
上司は「私も、もうすぐに帰るから遠慮しないでね。」と送りだしてくれた。

外に出たとたん、ビル風にやられて傘の骨が1本ぐにゃり。
しかし、なんとか開閉できる状態だったので、オフィスにもどらず、そのまま駅へ。
職場の最寄駅である都営地下鉄某駅のホームは、16時前なのに帰宅を急ぐ人でいっぱいになっていた。皆さん、早いっす……。
やはり、3月11日の経験があるので、とにかく交通機関が動いているうちに…ということなのだろうか。


都営線から東京メトロ某線に乗り換え。
自宅沿線私鉄が乗り入れている線なので、時間はかかっても1本で帰れる。
これも混んでいたが、すぐに座れた。
ラッキー。
しかし、途中で乗り入れ私鉄が全線運転見合わせになったので、この地下鉄線の終点駅までの運転に変更になりますーーとのアナウンスが。
えーー、困ったわ…。
でも、地下鉄終点駅から自宅最寄駅までは2駅だから、なんとかタクシーに並ぶか、バスでどこか家の近くまで出て後は少し歩くかで帰ればいいや…と楽観視。
ま、だめなら駅近くの書店とかで時間つぶせばいいじゃん。
と、いい加減な性格が大爆裂だ。(苦笑)

しかし、ここでも幸運の女神は私を見捨てなかった。
なんと、それから少し経って、「××線の運転が再開されました~」とのアナウンスが入った。
ただし、ダイヤが大幅に乱れているので、途中各駅のホームに人が溢れているため、この先は徐行と停車を繰り返して運行を調節するので時間がかかります、とのこと。
なんのなんの。
かまいませんよ、たどり着けるなら…。
終点で××線に乗り換えたい乗客みなの心がぱあっと晴れたに違いない。
その後も、地下鉄は徐行と駅での時間調整を繰り返し、通常より30分近く余計にかかって終点に到着。
しかし、ここでまた、私を救う幸運の女神が。
地下鉄を降りたと同時に向いのホームに私鉄が入線してきたのだ。
おー、なんというタイミング。
混んでるけど、2駅だもん。大丈夫。

ここから10分で最寄駅に到着。
駅から自宅まで歩いて20分くらいなのだが、風雨がひどくて、とても歩けな状況。
タクシー乗り場もバス乗り場も、怖ろしい長さの行列。
自宅前のバス停留所を通る路線は複数あり、30分に1本の寂しい路線(ひどい)ならば、行列しなくても乗れるのでは?
と考えて、発車時間までの20分を駅ビル内のお店を覗いたり書店で雑誌の立ち読みをしたりしてつぶした。
「寂しい」路線の発車時間にあわせてバス乗り場に行くと、予測どおりに、数人が並んでいるだけだった。
しかし、他路線も同様だが、かなりバスの到着が遅れた。
乗り場は駅ビルにくっついていて、ちゃんと屋根があるのだが、横風でもろに雨が吹き込んできて、髪も服もしっとり~~、というか、ぐっしゃぐしゃーー(泣)
バスに乗っても、横風がすごくて、かなり怖かった。
通り沿いにある販売中の新築マンションの大きな看板が真っ二つに折れてるし、いつも行列している人気ラーメン店の前も無人。


無事に自宅前の停留所に到着。やれやれ。
しかし、バスから降りて傘を開いた途端、傘が風にもっていかれて、一気に骨が3本バキッッーーーthunder
煽られる傘をなんとか閉じて、自宅までよろよろと…。
って、横断歩道渡るだけなんだが、えらく時間がかかった。
自宅のドアを開けた時には、水も滴るいい女。crying
綱渡り状態ながらもラッキー続きだったが、帰宅まで3時間かかりました…。
普段なら90分から2時間弱。(十分に遠い…)


帰宅してからテレビのニュースを見ると、一時運転再開していた××線は、また全線で運転見合わせになっていた。
ふーー、我ながら凄い綱渡り状態で帰って来たんだなあ…。

大変な思いをされた方々が多くいらした中、被害は傘が折れただけで、早めに帰れた自分は本当に幸運だった。
それもこれも、上司の判断のおかげ。
ありがたい。明日(じゃなくて、もう今日だが)、改めて御礼を言おう。

« ぎをん小森 | トップページ | ランチ@韻松亭 »

day to day」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/52794900

この記事へのトラックバック一覧です: S室長、ありがとうございます。:

« ぎをん小森 | トップページ | ランチ@韻松亭 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ