« 三猫三様 | トップページ | アントワープ・セントラル »

2011-11-20

テルマエ・ロマエ・オトコマエ

今更の話題なのだが、強引に書いちゃうのだ。


映画テルマエ・ロマエ、北村一輝ら顔濃い俳優がローマ人に

                                      (マイナビニュース  2011年10月19日)

上記ニュースは一ヶ月も前の話題なので、ブログの記事にするには遅いと思う。

実は、この話題は記事にしひぞれていて、下書きのままお蔵入りさせようかと思っていたのだ。
しかし、つい先日、阿部ちゃんが出演している映画とその連動企画ドラマを観たため、またまた私の阿部ちゃん愛heart01が盛り上がってしまった。
そこで、勢いに任せてアップすることにした。
愛があれば、タイムラグなんて無視できるのさ。(爆)


上掲のとおり、大人気コミック『テルマエ・ロマエ』が実写映画化され、来年公開予定だ。
主演は阿部寛さん。
上掲リンク先記事にもあるとおり、現地の撮影所でイタリアン女子たちが阿部ちゃんの美丈夫ぶりにとろけていたそうだから、阿部ちゃんは間違いなく世界水準でもハイレベルな美男子なのだ。(←イタリアだけで世界か…という異論は受け付けません。笑)



さて、話を戻すと、テルマエの映画キャストに濃い顔の役者さんたちが続々と…という話は、原作者ヤマザキマリさんのブログで拝見していた。

……凄いですな、この違和感の無さ。
なのに、吹き出してしまうのは何故か。(,笑)

さて、阿部寛さんのサービスショットもあるのが ⇒ こちら 。

うーーむ、ルシウス阿部が腰に手を当てて、グビグビとフルーツ牛乳を飲み干し、あまりの旨さに感動するシーン、絶対に観たい!


それにしても、阿部ちゃんは当然だが、北村一輝さんが、全く「平たい顔の民族」に見えない。
さすが、インド人。(違)

そうそう。
これまた遅い情報だが、先週発行の週刊誌『エコノミスト』(英国の“The Economist” ではなくて毎日新聞社発行のほうね。)に、ヤマザキマリさんのインタビューが掲載されていた。
(週刊エコノミスト 11月22日号 ≪問答有用≫のコーナー)

波乱万丈かつ、一本筋の通った生き方。
ご本人は勿論、母上はじめ家族の器がデカすぎる。
凡人の私には、想像がつかないデカさだ…。
人生って、偶然と必然に彩られた出会いと、その都度の岐路で自分の信じる道を行く意思決定で変わっていくものなんだなと、感嘆しきり。
『テルマエ・ロマエ』の誕生エピソードにも言及されている。
ご興味がおありの方、図書館等で、是非チェックを。

« 三猫三様 | トップページ | アントワープ・セントラル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

気になる人」カテゴリの記事

コメント

なんとハイセンスな記事のタイトル…clover
でも、原作漫画の表紙を見て少し腰が引けてしまった為、内容は存じ上げないのです。

何でローマ?しかも日本人?日本映画界ってチャレンジャーなんですね!

2Bさん

いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。


>>なんとハイセンスな記事のタイトル…


ははは、オヤジギャグですみません…sweat02


>>でも、原作漫画の表紙を見て少し腰が引けてしまった


わかりますわ。
私も最初、本屋で手に取るのにハードル高かったです。
でも、あの表紙絵は秀逸なんですよねえ。
3巻のラオコーン像なんて、本屋で観た瞬間に爆笑しそうになりました。

>>何でローマ?しかも日本人?

ふふふ……疑問はごもっとも。
予備知識無しのほうが楽しめるかもしれませんので、
来年4月公開の映画を是非!
きっと爆笑ですよ~
古代ローマについても学べます。(たぶん。)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/53258072

この記事へのトラックバック一覧です: テルマエ・ロマエ・オトコマエ:

« 三猫三様 | トップページ | アントワープ・セントラル »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ