« NHKスタパに栗山千明さんご出演(1月16日) | トップページ | いいぞ、『平清盛』 »

2012-01-21

『運命の人』で鷲津センサー誤作動の疑い!?

どうやら、私の体は冬眠モードsleepyに入ってしまったらしい。
とにかく、眠くて眠くてしかたない。
おかげで、平日夜は、リアルタイムでのテレビ視聴はもちろん、録画しておいたテレビ番組を見ることもままならず…。
1月スタートのドラマの「試食」結果も、ちょこっとだけでも書いておこうと思うのに、気づけば1月も下旬でないかーー!

いかん、いかん、いかん、いかーーーん!!

と焦りつつも、今日も冷たい雨の中を出かけていたため、録画番組の消化が進まなかった。
しかし、午後早くに帰宅してテレビをつけたら、『運命の人』 初回の再放送が始まるところたった。
最近は、すぐに再放送するのね。

先週日曜日の晩に録画しておいたのに、未だ観ていなかったな…と思いだしたが、これも運命かと思い定め(笑)、古新聞の片づけをしながら再放送を観ようとしたのだが、いきなり無精ひげのモッくんが崖から飛び降りちゃった!
「えっっ、いきなりですか!」と、手が止まり、そのまま画面に釘付けに。
掴みはOK、ってやつ?(笑)
で、結局、片づけはやめて(笑)、最後まで集中して観てしまった。
初回だから、大勢の登場人物の紹介があるし、耳慣れない言葉も沢山でてくるので、冬眠モードの頭と耳目ではついていくのが大変。
新米記者君が視聴者の代わりに質問したりメモ書いたりしてくれるという、ややベタだけどそれなりに親切なつくりになっていたので、なんとか置いてきぼりにならずに済んだかな。
中心人物以外の登場人物の中で、私が気になったのは、与党の大物・小平(柄本明)。
温厚そうに見えて抜け目なさや狸っぷりも匂って、さすが柄本さんだ。
もう一人は、三木昭子のダメダメでイヤな夫(原田泰造)。
妻のあれやこれやを、ぜんーんぶ日記に書くというキモい男。
この屈折しすぎている男を、原田さんが実にじめじめねっとりと気持ち悪く演じていて出色。
そんなこんなで、じっくり観ていながらも、弓成夫妻が登場したときは「この間までは兄嫁と義弟だったけど。」と思い、三木夫妻を目にしては、「あー、近藤さんとお竜さんだー」と思っていた私は、間違った視聴者です。


とりあえず、初回を観て、基地問題というハードで今も解決していないテーマで、実話をもとにした小説のドラマ化だけに、濃厚で流して観られるような作品ではない、ということはわかった。
それに、魅力的なオヤジが山盛りでオヤジスキーにはたまらない、ということもね。(笑)

まだ1回目だし、話はこれからなので、あくまでも感触だけなのだが…こってり濃厚で緊張感はあるけれども、ずっしりとした重厚さというよりは、重厚「風」な感じ。
なので、かえって疲れてしまった。
でも、『官僚たちの夏』みたいな強引さやぎゅうぎゅうと押し込んだ印象は感じられなかったので、しばらく様子見るかな。(偉そうだなー)


で、本題はこれからだ。

『運命の人』を観ようと思っていた動機のひとつが、主人公のライバル役を大森南朋さんがどう演じられるだろうか、ということへの興味だ。
この方には、複雑な、曲者・野心家・たくらみ系(そんな系統あるのか?)な人物を演じていただけたら面白そうだと思うので。
それになんといっても、諦めが悪いと知りつつも、鷲津政彦臭が超微量でもあるかどうか、という点が気になる。
ということで、読売新聞の渡邊…じゃなかった、読日新聞の山部に注目して観ていた。
すると、である。
超超微量の鷲津臭あり、と私のセンサーが感知したのである。
ちょっと自分でも自分を疑ってしまった。(苦笑)
あまりにも長らく鷲津に飢えていて、センサーが誤作動してしまっているのかも。
もちろん、外見にではなくて、彼の立ち位置…、いや、違うかな。
信念と方法論のあり方とか力の行使の仕方、みたいなところかと思う。
うーん、うまく書けないので伝わらないと思うけど。
だけど、結局、あれはナ●ツネだと思うと、萌えゼロ、いや、マイナス。

たぶん、鷲津LOVEな方々のご賛同は全く得られないだろう。
きっと、あちこちから「ふざけるなーっ」という怒声とエア携帯電話(笑)が私に向かって投げつけられているであろう。
私のニブい感覚でのことですので、どうぞご寛恕くださいませ。
それから、外見のことを言えば、ヒゲ許容範囲がわりと広い私だが、山部さんのヒゲ、私は全然ダメだった。
あれは無しです。
(ファンの皆さま、申し訳ありません。)

なんだか結局、失礼を書き放題になってしまった気が…。
いつものことだけど。えへへ。


前期の『南極大陸』は結局、私はドラマとしては楽しめず、ツンデレ氷室っちだけ観ると言う邪道な観方をしてしまった。
『運命の人』は、あのような不満はないし、「手前味噌」にならずに、ちゃんと問題提起しようという意欲が表現されていたら見ごたえ満点だと思うので、今後に期待。

でも…なにしろ、『平清盛』が今のところ充実した面白さで、濃くて怪しいキャラ満載だから、2本続けては大変なんだよなー。どうしよう。
白河法皇抜きの『平清盛』がどうなるのか、それ次第かも!?

« NHKスタパに栗山千明さんご出演(1月16日) | トップページ | いいぞ、『平清盛』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/53759016

この記事へのトラックバック一覧です: 『運命の人』で鷲津センサー誤作動の疑い!?:

« NHKスタパに栗山千明さんご出演(1月16日) | トップページ | いいぞ、『平清盛』 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ