« 『大奥』と『その夜の侍』 | トップページ | 没後150年 歌川国芳展@森アーツセンターギャラリー »

2012-02-05

『けやき坂』でランチ

知らない間に(笑)2月になっていた。
さて、先月下旬のちょっと贅沢したランチ記録。

夫に少し嬉しいことがあったので、ついうっかり「なにか美味しいものおごるわ。」と言ってしまった。
それを聞き逃すような人ではない。
早速、「鉄板焼きがいい!上等のお肉がいい!」というリクエストが。
彼は名実ともに(笑)草食系男子、しかも年寄りになってきたので、ますます肉は少しで良い人になってきている。
しかし、年に2回くらいは、「肉!」と体が求めるそうだ。
でも、やっぱり年なので、質の良いお肉を少し、美味しくいただきたいのだ!そういうお店がいいのだ!というリクエストである。
六本木に出かける用があったので、こちらを選んだ。


けやき坂
 東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ
 グランドハイアット東京 4F



入口の前は、あえてひっそりとした感じになっている。

01

重厚な木の扉を押しあけて入店すると、いつのまにか(笑)コートを預かっていただき、流れるような連携プレーで鉄板カウンターへ案内された。
カウンターの中には、野菜が市場風にディスプレイしてあって楽しい。

02

カウンターは立派な一枚板。いわゆる銘木なのだろう。

ゆっくり食事したいと思い、ランチタイムのピークを過ぎた時間を予約しておいた。
平日だったので、宿泊客らしい方々や女子会風マダムたちの他に、周囲の外資系企業のガイジンさんや、ヒルズ内にお勤めらしい肉食系OLさん(意味が違うか?)が、カウンターに着いていらした。
そして、ランチタイムのラストオーダー近くになって、常連さんらしきダンディなオジサマがふらーっといらして高級魚介をお任せで焼いてもらってたりして、さすがラグジュアリーホテル。(笑)


さて、我々がいただいたものは。
主賓たる夫がメニューを検討して、国産牛のテンダーロイン 120gがメインのコースに。
平日オフの日のランチには、やっぱり飲まないと!
ということで、彼はビール、私は赤ワインをいただいた。

まずは、シャラン産鴨の洋風ちゃんこ鍋。
鴨肉のつくねを鉄板で焼き、同時に可愛い銅鍋の中の野菜とスープを温める。
つくねがちょうど良く火が通った頃合いで、鍋に。
という工程が目の前で行われるのを見ているのも楽しい。
好みで薬味(赤いゆずこしょう、アサツキ、レモン)を添えていただく。

03



魚介の焼き物は、甘鯛にかぶら蒸しを載せもの。
ソースはズワイ蟹入りサフランソース。
甘鯛に載っているかぶら蒸しにはメレンゲが混ぜてあるそうで、なるほど、フワフワ~。
甘鯛の焼き加減が絶妙。
外はパリッと香ばしく、中はしっとりふんわり。
材料や調理法について、シェフに詳しくお伺いしながら、出来あがりまでを見られるのも、鉄板焼きの醍醐味。

04


メインの国産牛テンダーロイン。
どこの牛か忘れてしまった。
二人とも、肉への興味が少々薄いらしい。
私はミディアムレアで焼いていただいた。
瀬戸内海産の塩とゴマソース、チリトマトソース。
最初の一切れは何もつけずにいただいてみた。
筋も無く、ほどよく脂が入っているが、舌に脂が残るイヤな感覚は皆無。
良いお肉は、胃もたれとは無縁なのだ。
もちろん、焼き加減も宜しく、しっかりと肉の旨みを味わえた。
シェフが塩をイチオシしていらしたが、確かに塩を少しだけ、というのが一番私好みだった。
自家製のフレッシュなソース2種も、とても美味しかった。

05

06

そうそう、付け合わせの安納芋が、絶品だった!
ねっとりして甘くて、最高。
イモスキーには天国の味だった。


〆はガーリックライス。大好物♪
ここで焼き物は終了。
シェフが鉄板を丁寧に掃除なさるのを見学(?)しながら、美味しくガーリックライスをいただいた。
これに、味噌汁または本日のスープと香の物がつく。
私は、スープを選んだ。
ジャガイモのクリームスープだったかしら?
印象に残らなかったので、美味しいけれど、まあ普通、というところだったかも。

07_2



お食事が済んで、温かいほうじ茶を飲みつつ、美味しい食事の余韻にひたって、ぼうっとしていると、頃合いを見計らって背後から静かに、「エプロンをお外しいたしましょうか。」と声がかけられた。
その後、隣のラウンジへ案内されて、ここで食後のデザートとお茶をいただく。
温かい季節には、回りの扉を開けてテラス席となるようだ。

08

我々は、ソファ席に。
こちらのテーブルも立派。

09

デザートは自家製アイスクリーム。
この日はチョコレートアイスにアメリカンチェリー。
濃厚ながらも後口が良くて、お肉の後でも重くない。

10

飲み物はカフェラテをお願いした。
大きなカップにたっぷり。

11

せかされることもなく、ゆっくりと、美味しい食後のお茶とアイスクリームをいただき、おしゃべりもできて、いい時間を過ごせた。

テーブルで会計を済ませて立ち上がると、声をかける前にラウンジまでコートが届けられた。


お食事と飲み物も、シェフの手さばきと焼き加減も、サービスも、さすがに質が高く、店内にいる間は全くストレス無し。
ぜひ再訪したい。
夫も大変に喜んでくれて、3月の誕生日にもごちそうして欲しいなあ、などと言っている。
いや、次は自分の分は払ってください……。


« 『大奥』と『その夜の侍』 | トップページ | 没後150年 歌川国芳展@森アーツセンターギャラリー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/53891190

この記事へのトラックバック一覧です: 『けやき坂』でランチ:

« 『大奥』と『その夜の侍』 | トップページ | 没後150年 歌川国芳展@森アーツセンターギャラリー »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ