« 丸ビルで『ハゲタカ』成分を微量補充 | トップページ | あの日から1年の春のしるし »

2012-03-10

筑紫樓(丸ビル店)でランチ

もう3月ですが……2月下旬のランチの記事をsweat02
お店やお料理の感想よりも、ランチ場所を決めるまでの心の声に重点を置いて書いてしまった。
もしかして、少々『孤独のグルメ』に影響されたのかも。(汗)
場所は、丸の内。
なお、ランチ後の『孤独のグルメ』ならぬ、孤独の『ハゲタカ』ファン的行動は前記事に。


連日のようにドリンク剤を午後のおやつがわりに、クイッと「1本いっとく~?(←古い)」と一気飲みして、疲れたオヤジ度MAXだった週のある日。
その日は、平日に丸の内で済ませたい私用があり、午後半休をとった。
昼食は後にして用事を片付け、時計を見れば、14時ちょい過ぎ。
とたんに、猛烈な空腹を自覚した。
用が済むと空腹になるなんて、『孤独のグルメ』の井之頭五郎みたい。(笑)
(孤独のグルメIについては、近日中に簡単な記事を書こうと思う。)
空腹に気づき、「よーし、お昼ごはんだ!」と思った途端、ヤケクソ気味に、疲れを取るために、たまには贅沢ランチしてやろう…という気分が満ちてきた。
贅沢といっても、気軽に入れるお店で、普段のランチより贅沢したい、という程度のことなのだが。
でも、いったいどこで何を食べようか。
東京駅周辺に普段の立ち回り先ではないので、週末に行ったことがあって良い感じだったお店が数軒だけ、脳内データベースに残してある。
しかし、この日は平日。
週末は通し営業しているお店も、平日は14時から15時でランチ終了のところが多いだろう。
せっかくの午後休なのに、ぎりぎりで駆け込んで慌しく食事を掻き込むなんてせわしない食事はイヤだ。
もちろん、料理の内容や、お店の雰囲気でガッカリするのなんて論外。
できれば、窓がないお店でなく、外が見える窓があるお店だと良いな…。
通し営業をしているとなると、カフェ、くらい、か…?
んーー、でも、今日は、こじゃれたワンブレートランチとかじゃなくて、しっかりとボリュームがあるものと白いご飯をいただきたい気分だな。
北風が吹いて寒い日だから、あまり歩かないで済ませたい。
元気が出るものがいいけれど、パンチが効いてる体育会系じゃなくて、やさしく包み込んでくれる上品なマダムみたいなランチが良い。(意味不明)
オヤジ度MAXになっている心身を、少しでもマダムに戻さねば……って、元々マダムじゃなくてオバチャンだから、戻すってのは違うか。

食べたいものが明確にならないまま、なんとなく、ボリュームがあり、しつこくなくて、ご褒美感があるもの……という条件が浮かび上がってきた。
それらの条件を満たすものって何?と考えながら歩くうちに、目の前に丸ビルが。
そうだ、丸ビル内の『KUA `AINA』なら休憩時間がないはずだ。
久しぶりにアボカドハーガーでもいいんだけど。
でも、しっかり食べたいけど、アグレッシブな肉食気分じゃないんだよなー。
まだ迷いつつ、5階へ。

5階は人影まばら。
もう、殆どのお店が休憩時間に入ってしまったらしい。


レストラン一覧のパネルを眺めてみた。
すると、私の目を一瞬で引寄せたお店が!


筑紫樓 丸ビル店
   丸ビル 5階

S1

これだ!!
上掲の写真は店頭の看板。
そう、看板にあるとおり、こちらは、フカヒレ料理専門店。

私の体と心は、フカヒレを欲していたのよ!
疲れたお肌にコラーゲン注入ねっ!

これは失礼しました。つい熱くなってしまって。  by  鷲津政彦
(ここで使うなというお叱りが殺到しそう゛た。)


こちらの銀座店を利用したことがあり、好印象だった。
夜は高価格のコースが中心だが、昼は高CPのセットやビジネスランチもある。
フカヒレ料理以外も、どれもハズれなし。
お店の雰囲気も接客も、落ち着いていて良かった。
通し営業をしているといいけど…。

さっそく、お店の前に行き、休憩無しで営業していることを確認し、店頭に掲示してあるメニューを検分。
平日ランチ限定 1500円の「ふかひれ煮込みセット」が素敵だが、疲れが肌に出てきている自覚があったので、ここはひとつ、16時30分まで提供されている「ふかひれ姿煮込みセット」を奮発だ!
どんと来い、コラーゲン! 

と、妙にテンション高く、決定。
良かった、決まって。


一歩中に入ると、すぐにホールスタッフが気づき、喫煙・禁煙の希望ほ尋ねて窓際のテーブルに案内してくれた。
入口に、巨大なフカヒレやサメの模型やらが飾られていて、インパクト十分。

S2

S03_2

視覚からも、フカヒレ気分上々。(笑)
しかし、中華っぽい(?)派手な演出はこれだけで、中は品よく清潔感ある内装だ。
エントランスから凄いことになっているゴージャスな銀座店と比べると、すっきりモダンな感じで、気軽に利用できそう。
テーブル前の窓からは、ビルと空の断片しか見えないが、外が見えるだけでも、ほっとする。
パリッと真っ白なテーブルクロス。
リネンの管理が行き届いているお店は、信頼できると勝手に思っている私は、ここでも高評価。

サービス担当のスタッフは落ち着いた口調と物腰で、品が良いけれど堅苦しくなくて、ゆっくりと食事に集中できる空気を醸し出している。
お隣のテーブルの方々が注文を迷っていらっしゃると、丁寧にお料理の説明をして、組み合わせのサジェストもして…という対応もきちんとしていた。
決してお安くない価格帯のお店なら当たり前のことかもしれない。
しかし、実際は、こういう大型商業施設に入っている飲食店で価格帯高めのお店には、サービス面が価格に全く見合わず、落胆させられることが少なくないのだ。
ちゃんとオーダーの相談ができるホールスタッフがいるだけで、安心感がある。

私は一切の迷い無く、予定どおり、「ふかひれ姿煮込みセット」3300円をお願いした。

内容は以下のとおり。

ふかひれの姿醤油煮込み
大正海老のマヨネーズソース
季節野菜の蟹肉あんかけ
香港飲茶
スープ
ご飯
漬物
杏仁豆腐

むふっ、ちょっと贅沢だけど、たまには、いいよね、2月は誕生月だし。
と、自分に言い聞かせる小心者の私。

14時過ぎでも、店内にはチラホラとお客さんがお食事中。
若い女性のおひとり様や家族連れから接待風まで幅広い。
私が着席した後からも、何組か入店していた
他のお店が休憩時間に入っていることもあるだろうけど、やっぱり高CPのランチが人気らしい。


まずはジャスミン茶がポットでサーブされ、しばしの後、スープと、おひつに入ったご飯、ザーサイが運ばれてきた。

S4

このザーサイが、コリコリ、ピリリ、で美味しい。
ビールのお供に(ほほほ)、ご飯のお伴に、と大活躍。


コースではなく、ランチのセットなので、出来たものからどんどんお皿が運ばれてくる。
副菜はいずれも量は少なめだが、単品でもっといただきたいと思わせる実力派揃いだ。
どれも出来立て、どれも美味。
良い材料を使って、ちゃん丁寧に作られている。

お皿の縁にフカヒレの絵が入っているのが可愛い。

S5

大正海老のマヨネーズソースあえ。
量は少ないが、海老はプリプリだし、レタスはしゃっきりしているし、マヨソースはまろやかだし、満足満足。
もうちょっといただきたい…と思わせるところがニクイ。(笑)

S6_2

野菜の蟹肉あんかけ。
野菜の火の通し加減がそれぞれちょうど良く、歯ざわりも風味も申し分なし。
美味しい中華料理店でいつも感心するのだが、違う種類の野菜を全部でベスト状態で仕上げる技って、凄いよなあ。
蟹あんのとろみと優しい味付けもナイス。

S9

香港飲茶とメニューにあるのは、点心のことらしい。
セイロに入ったシュウマイが二個。
とても大きくて、あつあつspa
フーフーして一口齧ると、まあ、たいへん!
肉汁があふれますぅ~。
おいひい~~。


前述のように、コースではないので、副菜は少しずつタイミングをずらして、出来次第に運ばれてくる。
しかし、ふかひれ姿煮込みは、ほぼ副菜を食べ終わりそうな頃合で登場。
ちゃんと主役のふかひれ様を盛りたてるように、ホール担当が進み具合をチェックしているのかも。


いよいよ、大きめの深皿に、輝くスープに浸った大きいふかひれ様が~!

S8_2

きゃーーん、煮込みスープたっぷり!
給仕してくださっさたスタッフさんが、「このスープをご飯を一緒に召し上がるととても美味しいので、ぜひお試しください。」との一言。
もちろんですとも!
いただきましょう!

副菜をしっかりといただいて空腹は満たされているので、慌てることなく、じっくりとフカヒレを攻略できる。
いざ!
おおお、ぷるんぷるん~
質が悪かったり戻し方や調理が良くないフカヒレだと生臭いことが多々あるのだが、もちろん、そのようなことはない。
たっぷりのフカヒレを独り占め~。
醤油ベースの煮込みスープが、これまた極上の旨さだ。
うまみが深い。
副菜は優しくあっさりめのお味だったが、フカヒレの煮込みスープは鼈甲色の色といい、とろみ加減といい、味付といい、まさに濃厚。
ご飯に絡めると、ちょうどいい。
ふふふ……と怪しい笑いを漏らしながら、スープをご飯に絡めていただく。
なんですか、この贅沢なスープかけご飯は。
ああ、いつまでも食べられそう…。
おひつのご飯を全部いただいてしまった。(お茶碗2膳分くらい)

しっかり堪能して、食器が下げられると、ジャスミンテイのポットと茶碗が交換されて、お茶が注がれる。
よは、まんぷくぢゃ。


さいごに、デザートの杏仁豆腐。

S10

これも、中華料理のセットにありがちな、がっかりする杏仁豆腐モドキの謎の牛乳寒天と缶詰のフルーツにベタ甘いシロップ、みたいのではない。
量はたっぷり、お味も舌触りも濃密でまろやかな上等のものだ。
んん~、しあわせ~


この場所で、この内容で、接客もちゃんとしていて、それで、この価格。
実に良心的なランチ。
週末も同じ価格で提供されているので、お休みの日、丸の内ショッピングのあとのランチを、ちょっと贅沢に、ゆっくりと…なんて場合にもオススメ。
土日祝日限定の、ふかひれつゆそばと北京ダックのお得なランチセットもある模様。
なにをいただいても、間違いないと思う。


いやー、阿蔭さまで、エネルギーとコラーゲンをたっぷり補給できた。
お肌ツルピカ~…ということにしておきましょう。
いや、本当にフカヒレランチの後の数日はツヤが良かったです。
テカリではなくて、ツヤよ。(笑)

ごちそうさまでした。
肌が疲れたら、また行こうっと。

« 丸ビルで『ハゲタカ』成分を微量補充 | トップページ | あの日から1年の春のしるし »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/54145651

この記事へのトラックバック一覧です: 筑紫樓(丸ビル店)でランチ:

« 丸ビルで『ハゲタカ』成分を微量補充 | トップページ | あの日から1年の春のしるし »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ