« 万惣フルーツパーラーについての個人的な長い話 | トップページ | 『ペローラ・アトランチカ』でランチ »

2012-03-22

真山仁原作『マグマ』が尾野真千子主演でドラマ化

昨日、プレスリリースが出たので既にご承知の方が多いと思うが、備忘録も兼ねて、とり急ぎ記事にあげておく。



「ハゲタカ」の真山仁原作、尾野真千子主演による本格社会派ヒューマンドラマ
 
(PR TIMES / 2012年3月21日)



ハゲタカ』の原作者・真山仁さん作の小説『マグマ』を、WOWWOWが連続ドラマ化。
6月スタートで全5回とのこと。
地熱発電事業者の再生を担う外資ファンド勤務のヒロインを、あの!尾野真千子さんが演じるというのだから、期待が大きい。

でも、WOWWOWに加入してないんだよなー、我が家は…。crying


そういえば、小説『ハゲタカ2(バイアウト)』に、『マグマ』のヒロイン妙子と思しき女性(だと、マグマ既読の夫に後から教えられた)が、鷲津と会話する場面があったと思う。
「九州で穴を掘っています。」とかいう台詞があったような。
いま手元に本がないので、うすらぼんややりとか覚えてないのだが…。
まあ、もしも設定世界がかぶっているとしても、ハゲタカ外伝ではないし、別作品だから、ドラマで鷲津を出す可能性は低いだろう。
意見は人それぞれだろうが、私は、あのスタッフ・キャストで創られた世界での栄映像版の鷲津以外を受け容れるのは不可能だ。
でも、大森氏が声だけ出演てのは、アリか?
いやいや、余計な妄想を膨らませるのはどイカンと自分でも分っているので、この件はここまで。(笑)
あくまでも、ドラマ『マグマ』に期待しているわけですから。はい。

『マグマ』の原作小説は、夫が随分と前に読み終わったものが書棚にあるが、私は未読。
積ん読書bearingがたまりすぎていて、手がつけられない状態なのだが、ドラマの後に読みたいと思っている。
原作がある映画やドラマで原作未読の場合、私はなるべく原作は後から読むのが好みなのだ。



尾野さん以外のキャストは、谷原章介さん、石黒賢さん、津田寛治さん、甲本雅裕さん、釈由美子さん、渡辺いっけいさん、大杉漣さん、長塚京三さん…。
これだけでも楽しみになってくる。
キャストには、ほとんど心配要素は無さそう。(エラソーですまん)
演出の香月秀之さん、鈴木浩介さんと脚本の篠崎さんの作品は、たぶん私は拝見したことがないので、お手並み拝見。(ますますエラソーだ)

楽しみなんだが、しつこいようだが、我が家はWOWOWに加入していないので、そこが一番の問題だ。(泣)
さあて、どうするか。

« 万惣フルーツパーラーについての個人的な長い話 | トップページ | 『ペローラ・アトランチカ』でランチ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 美冬さん

こちらにもお邪魔します。

木曜日に真山仁先生のトークイベントに参加しましたが
受付でWOWOWのパンフレットと
”真山仁原作 「マグマ」WOWOWにてドラマ化決定”
というチラシも配布されました。

トークの最後でも真山先生がその事に触れられ
「今朝ドラで大人気の尾野真千子さん主演でWOWOWで
全5回でドラマ化されます。WOWOWのドラマはいつも
こうくるかと唸るくらい配役も素晴らしいので僕も
楽しみにしています。3.11を踏まえて内容もバージョンアップ
されて地熱発電所でも撮影をすると聞いてます」
とおっしゃってました。

私はWOWOWのドラマは大好きで色々と見ていますので
今回の「マグマ」のドラマ化はとても楽しみです。

脚本家の篠崎絵里子さんは「クロサギ」映画「あしたのジョー」
を手掛けられたかたで
監督の鈴木浩介さんはWOWOWドラマをたくさん手掛けた
方なので割りと安心しています。

やっぱり一番の関心事は鷲津がチョイ役でも主演するかどうか
でしたので木曜日の夜に質疑応答で真山先生に直撃するのを
こらえるのが大変でした。
でもあの夜の真山先生は結構なハイテンションだったので
質問したら答えてもらえたかもと今になって後悔しています。

第1話は無料放送なのでBSが入ればご覧になれますよ。
WOWOWは加入もやめるのもすぐに出来ますから
2ヶ月だけ加入してやめることもスムーズにです。

そうか…美冬さんには「野暮」と感じられたのですね。
私的には「遊び心」と思ったのですが。

WOWOWでは映画版「ハゲタカ」は放送しているので
5月とかに真山仁特集とかでドラマ版と合わせて
オンエアしてくれないかなーとチックと思ってます。

むぎこがしさん


コメントと、色々とご教示ありがとうございます♪


>>そうか…美冬さんには「野暮」と感じられたのですね。


まず最初に、補足を。
私の文章が不十分で、自分としては軽いニュアンスで使った“野暮”という言葉が、強く響きすぎてしまったようですね。
ごめんなさい。
私は、以前、小説『マグマ』の冒頭部のみ斜め読みして、ヒロインがGC勤務ということを知り、『マグマ』と『ハゲタカ』がある程度同じ設定の上に成り立っているらしい…ということは知っていますし、それは嬉しいと感じました。
ですが、私は『マグマ』未読同然なので、『ハゲタカ2』に登場するタエコさんが野上だということを自分できちんと確認したとは言えず、このことについて書くべきではなかったのかもしれません。
失礼いたしました。

私は、小説『マグマ』には鷲津が登場していないなら、ドラマ『マグマ』制作陣は鷲津を登場させないだろうなあと思いました。
テレビ局同士の仁義みたいなものもあるだろうから、同じ役者さんを使うことはないとすると、別の(?)鷲津を登場人物として画面に登場させることは、あえてしないだろうと、と思っての一文でした。
でも、会話の中などに鷲津の名前だけなら出るかもしれない、もっと欲を言えば電話等でNHKと同じ方が声だけ出演とか(まあ、無理でしょうけど)、そしたら嬉しいかも、と。happy01
そういうつもりで書いたのですが、言葉の選択がまずかったですね。
当該個所は少し修正しておきます。


>>でもあの夜の真山先生は結構なハイテンションだったので
>>質問したら答えてもらえたかもと今になって後悔しています。

ふふふ…相変わらず、アクティブかつ熱いファン活動、頭が下がります。
鷲津がドラマ『マグマ』に関わりかあるのかどうか、観てのお楽しみ♪ですね。happy02


『マグマ』も人気作品なので、読者それぞれに心のキャストがあると思うのですが、尾野さんならば、きっと多くの視聴者を納得させてくれるお芝居をみせてくれるでしょう。
脚本家と演出家につていは、私はドラマも映画もあまり沢山を見ていない人間なので存知あげないのですけれど、予備知識や思い入れが無い分、ニュートラルな気持ちで作品に向き合えるので楽しみにしてします。

わが家のある集合住宅ではJ-COMの基本プランに加入しているので、WOWOWはオプション契約できるのですが、今まで「うーむ、入ってもどうせテレビを見られる時間がないんだし…」と見送り続けてきたんですよー。
でも、6月から2カ月は申し込みそうな風向きです。(笑)

なんだか私、むぎこがしさんにお詫びしてばかりですね。
汗顔の至りでございます。
こうして、どんどんハゲタカ廃人の方々に対して敷居が高くなりまくっていくわけです。とほほ。


こんにちは 美冬さん

いいえーなんのなんの
お詫びなんてとーんでもありませんわ。

まあひとつの事柄について
百人いれば百通り以上の感じ方があると
思っておりますし
その百通り以上の感想にもまたそれ以上の
思うところがあるはずで
そここそがを面白いと思っておりますので
お詫びや訂正なんておやめになって下さいね。

「みんな違って、みんな良い」

って昔CMでも言ってましたしね。

でないと遊びに来れなくなっちゃいますよー。
そんなのは寂しいですから。

まあでも私の持病の「鷲津不足ハゲタカ欠乏症」が
突然劇症化したと思って生ぬるくお見逃しください。

真山先生はかなり大森南朋さんの鷲津がお気に入りのようで
「あれだけ頑張って役作りをしてくれてありがたい」
とおっしゃってました。

むき゜こがしさん


度々のお出でまし、恐れ入ります。
まだ放送されていないドラマについての「願望」と「妄想」を書いた文にお付き合いいただき、ありがとうございます。
面倒くさい思いをさせてしまって、ごめんなさい。
これに懲りず、また遊びにいらしていだたければ幸いです。


>>真山先生はかなり大森南朋さんの鷲津がお気に入りのようで

真山さんからも、大森鷲津でのnextハゲタカの実現をググっと推していただきたいですね♪

こんばんわhappy01
お久しぶりです
 
図書館から『マグマ』を借りて読み終わったばかりなので
このニュースに興奮気味です!
そして、「あなたと私の考えは一緒です!」 です!!
(てへっ、これを一度やってみたったんです!)

これは、シロートの勝手なタワゴトですけど。
「マグマ」が「ハゲタカ」と同じ世界の話ということを
ハゲタカファンに伝えて喜ばせようと
ドラマ「マグマ」の制作チームが考えるとしたら
鷲津ファンドの名が劇中のテレビとか新聞とかに
一瞬だけ映るくらいまでがギリギリなんじゃないかと思います。
チラ見せのほうが、ファンサービスになる。
そのほうが、視聴者のリテラシーを信用してるし、オシャレ。
全部みせるのは、その逆。
(これが美冬さんの言いたかったことだと私は感じました。)
あ、なんだ堤幸彦監督の小ネタ攻撃みたいでもありますね。
(堤ワールドも好きです)

小説「ハゲタカ 2」上巻で、鷲津に憧れていると言う女性が一瞬だけ出て来ますよね。
あの人が野上妙子ってことですよね?
私はすっかり忘れてたので
こちらの記事を見て、昨日このシーンを読み直して
大森さんと尾野さんバージョンで脳内映像化してしまいました♪
外見はNHK版が良いですが
中身は小説の鷲津のほうが悪くてスケールが大きくて好みなので
なかなか萌えました。(笑)
でも、私は鷲津さんファンじゃありませんよ。bleah

ファンじゃないけど、ここだけの話
「グリード」の挿絵の鷲津さん、私にはbearingです。
好みの問題ですけど。。。
「ハーディ」の挿絵の鷲津さんのほうが、渋くていい男。

なんか支離滅裂、スミマセン。
これからも、読みに来ますので、よろしくです。

sawayanさん


お久しぶりです♪
ご来訪&コメントありがとうございます。


ちょうど原作を読み終えたタイミングでドラマ化のニュースをお聞きになったんですね。
6月にドラマが放送されるようですので、頭の中で自然に小説と比較しながららドラマを楽しむこともてきそうですね。
私は、原作未読のままで観ることになりそう。
…もちろん、WOWWOWに一時加入したら、ですが。

>>チラ見せのほうが、ファンサービスになる。

なるほど。
私もそういうのが好みですが、何を是とするかは人それぞれですものね。
たぶん鷲津のわの字も出ないだろうという気がしますが、こうして色々と妄想を膨らませたり、それに反応していただけたりする事自体が楽しいです。
こうして、妄想記事に付き合っていただけるだけで嬉しいことです。
いつもどおりに、事前の情報を積極的に収集しないで(モノグサだし…笑)待つことにしましょう。

>>ファンじゃないけど、ここだけの話
>>「グリード」の挿絵の鷲津さん


これも好みの問題ですがhappy01
私はもともと山田画伯の絵が好きなので、山田画伯が描いた鷲津のほうが好きです。
グリードのほうは、かなり怖(以下自粛)
どっちにしろ、映像版の鷲津は特別でございますので、小説の挿絵は、「それはそれ」という感じで観ている感じです。
しかし、こうして挿絵の鷲津にまで気にかけていただける(←どういう立場なのか)、sawayanさんも鷲津の魅力にはまっていらっしゃる証拠ですわよ(笑)

今後も、ゆるゆるまったり更新になりそうですが、よろしければ、また遊びにいらして下さいませ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/54281160

この記事へのトラックバック一覧です: 真山仁原作『マグマ』が尾野真千子主演でドラマ化:

« 万惣フルーツパーラーについての個人的な長い話 | トップページ | 『ペローラ・アトランチカ』でランチ »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ