« 『ペローラ・アトランチカ』でランチ | トップページ | 新潮社『十二国記』サイトに【新作】の二文字が! »

2012-04-01

田丸弥の「白川路」と「花供曽」

京都のおみやげに、美味しいお菓子を頂戴した。


京のおせん処 田丸弥(たまるや)のお菓子をニ種類。



白川路

Shira

関東人の私にとって、「おせんべい」といえば、醤油がしみこんだ固焼きで厚手の煎餅なのだが、こちらは繊細で上品な京せんべいだ。
京都のおせんべいで、観光客にも買い求めやすく、有名なものといえば、亀屋良永の御池煎餅が思い浮かぶ。
私は、御池煎餅以外の京せんべいをいただいたことが無かったのだが、先日、京都に行く機会が多い知人から田丸弥さんのおせんべいを頂戴して、すっかり気に入ってしまった。


京都市内を流れる白川をイメージしたおせんべいなのだとか。
表面の唐草文様は川面の波紋を表し、川底の小石に見立てて胡麻が混ぜ込んである。
胡麻が主役ではなく生地の良き脇役といった具合のバランスで、程よい香ばしさ。
薄くて軽くて、ほんのり甘い生地は、サクサクしていて、口どけ良く、後を引く。
とにかく、軽やかで上品、でも、止められない止まらない。(笑)
罪な京せんべいの逸品だ。
パッケージも、センスが感じられる。



そして、もう一種類。

Hana

こちらは花供曽というお菓子。
ちなみに、器は我が家のものです。
写真にあるとおり、「はなくそ」と読む。
インパクトが大きすぎる名前だが、決して出オチ一発!的なネーミングではなく、氏素性のしっかりしている(?)お菓子なのである。
花供曽は正式には花供僧と書く。
お釈迦様入滅の日の法要、三月十五日の涅槃会のお供え菓子。
お正月のお供え餅で作ったアラレや炒り豆に砂糖蜜を絡めたもので、京都では各家庭でも作られるそうだ。

気にならずにいられない名前の意味だが…。
「はなくそ」は、そのまんま、お釈迦様の鼻くそ、のことだそうで。
お釈迦様の功徳にあやかってということだけれど、「爪の垢」はよく聞くが、鼻くそは、その上をいく表現なのかしら…。

真如堂の涅槃会で参詣者に授与される花供曽は、田丸弥で調製されるということで、お店で販売されている花供曽には、真如堂貫長さまの有難いお言葉を記したリーフレットが同封されている。

さて、ありがたく味わってみましょう。
田丸弥の花供曽は、とても軽いアラレに黒砂糖蜜をまぶしてある。
噛むとサクッシャリッと砕けて、黒砂糖の素朴な甘さとともにすっと溶けていく。
素朴な美味しさで、これまた止められない止まらない。
どんどん手が伸びてしまった。


白川路も花供曽も、家族そろって、すっかり気に入ったので、お取り寄せしてみようかと思っている。

« 『ペローラ・アトランチカ』でランチ | トップページ | 新潮社『十二国記』サイトに【新作】の二文字が! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114892/54278121

この記事へのトラックバック一覧です: 田丸弥の「白川路」と「花供曽」:

« 『ペローラ・アトランチカ』でランチ | トップページ | 新潮社『十二国記』サイトに【新作】の二文字が! »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ