« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月

2012-09-24

「まさひこ」が「鍋島」に挑んだ@サントリー美術館

先週、『最強のふたり』を観て以来、頭の中でいつもEW&Fの楽曲が流れていて、心はファンキー、でも体はヨボヨボな私です。(泣)
映画を3本立て続けに観て、いずれも「もう一回みたいなー。」と思っているというのに(ちなみに、『るろうに剣心』、『最強のふたり』、『鍵泥棒のメソッド』の3作品。)、なーぜーか、こんな記事を書いてしまいました。

記事を書いている本人にしか意味が通じないような記事タイトルで申し訳ない。
あ、それから…「まさひこが挑む相手は「鍋島」でなくて「飯島」だろ、ヲイ!」と突っ込んだあなた。
そんなあなたは、私と同じ「病」の可能性があります。(爆)

いちおう、タイトルの意味は最後にわかるかも?


サントリー美術館の展覧会を鑑賞&体験した時のざっくりレポ。
なんせ、9月2日までで会期終了してしまった展覧会なので、相当に無意味ではあるが…。


おもしろびじゅつワンダーランド
 http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2012_04/index.html

01

かなりおバカなことをしでかしたので、記事を載せようかどうしようか迷ってい

るうちに時間が経過してしまったのだけれど、これだけ時間が経過すると、「せっかくだから(?)自分の行動記録としてアップしちまえ!」というファンキーな(?)ノリになってきたんである。


まずは、展覧会の模様を。
看板でもおわかりのとおり、夏休みの体験型企画展。
子供向けだが、大人も相当に楽しめた。
こういう企画でも、美術館のセンスや力がわかると思う。
いやー。流石にサントリー美術館。

会場内は写真撮影OKだったので、展示を楽しみつつ、写真も撮りまくり。
ただし、夏休み中だったので、お子さんが沢山来場していて、人がいないところで撮る、といことが難しかった。

まずは、「模様のプラネタリウム」。
展示室に入り、係員さんの説明を受けてしばし天井を凝視。
すると、こんな模様が投影される。

03

これは、ここを抜けた正面に展示されている鎌倉時代の「浮線綾螺蒔絵手箱」の内側の模様。

04

つまり、箱の中に入っている感覚を疑似体験できるってわけ。
この導入部で、ワクワク。


続いて、「ススキ林のアプローチ」

05

この曲がりくねった小道を歩いてススキ越しに「武蔵野図屏風」に近づいて行きながら屏風を見ると、自分が屏風のススキ野原に入っているような気分になって、シンプルだけど面白い仕掛け。



この先は、「和ガラスの藍色ドーム」。
サントリー美の人気所蔵品である美しい和ガラスたちを、サントリー美ならではの高いレベルの照明の力で時に気品高く、時に幻想的に魅せてくれた。
いくら観ていても飽きない和ガラスにうっとり。

06

07

08

この後の、洛中洛外図をタッチパネルで詳しく楽しく鑑賞できる「京都街中タッチパネル」。
かなり面白かったのだが、人気の展示で人がいない場所がなくて、こんな写真しかない。

09

タッチすると、その部分が拡大され、場所の名前も表示されて、京都のガイドマップとしての洛中洛外図が体感できる。
隅から隅までタッチしてみたかったなあ。
ちなみに、下は本物の屏風のほう。
タッチパネルに夢中な人ばかりで、この本物を鑑賞している人が(私が鑑賞している時は)誰もいなかった。あれれ?(笑)
10

後半の3階は、更に体験型展示が中心。
なんと!顔はめパネルとか、影絵になって遊ぼう!なんて展示があったが、ちょっとオバサンは恥ずかしくててスルー。
続いて、こんな展示。

12

こりゃなんだ?
と思ったら、この茶碗に入って茶碗の見立ての世界を感じてみましょう、ということらしい。
靴を脱いで座れるようになっているのだけれど、これまた大人には恥ずかしい感じで、外から観るだけ。(小心者)

11_2

赤楽茶碗  銘「熟柿」
うーーーん、昔の茶人の想像力(というか妄想力?)は素晴らしい。
私には柿には見えないなー。



さて、ここからが本題。
最終章「マルの中のクールデザイン鍋島」では、クールでモダンで品格高い鍋島の絵付けを自分もヴァーチャルで体験できる!という楽しいコーナーがあり、大盛況。

タブレット端末がたくさん並んでいて、これに表示される皿に色や鍋島の代表的モチーフを選んで載せていき、オリジナルの皿をデザインしましょ、というわけ。
これがまあ、すこぶる楽しい。
ハマりました。(笑)

下は隣の人(家人)の製作中の画面。

13

最後に指で文字を書いてサインも出来る。
で、完成品はどんどん壁の大スクリーンに映されていくのだ。

で、こんなことしちゃったのさ。

131

サインできる時間は一瞬なので、慌てつつ迷いつつ(笑)書いたのでミミズがはったような字になってしまった。(←言い訳)
デザインも、私のセンスの無さが丸出しだ。とほほ。

鷲津はこんな遊びしないとわかっちゃいるが、あまりにもこの夏が暑くて、そして、あまりにも鷲津欠乏症が酷いので、こんな小学校低学年レベルなことをしてしまったのである。(←また言い訳)

ま、これも私の夏の思い出ってことで、記事に載せちまいました。

しかし、なんだろうねえ、「たけちゃん」作の「全部盛り」的なデザインは……。
「まさひこ」になりすました私の皿のデザインもヒドいが。
とにかく、お目汚し失礼しました。

2012-09-03

風鈴彩祭@東京ミッドタウン

夏休みにリフレッシュしたはずなのに、あっと言う間にエネルギーが足りなくなってきた…。
んで、楽しいことを求めて、先日、東京ミッドタウンにぶらぶら~っと行って参りました♪
(夏休みの話題もまだ記事にできていないのだが…)


昨日(9月2日)で終了してしまったイベントのことなので、今更なのだが、爽やかな空間を楽しめたので、写真を観ながら、また楽しもうと思い、記事に上げることにした。



風鈴彩祭
 2012年7月20日~9月2日
  東京ミッドタウン  



ガレリアの渡り廊下に木のやぐらが組まれて沢山の風鈴が飾られていた。
やぐらには風を送って音色を楽しむための団扇が備えてあるので、端から端まであおいで、風鈴楽団の指揮者になった気分になり、ひとりでテンションアップ。(笑)
十分に楽しんだ後で団扇を元の場所にもどすと、私の不審な行動を眺めていた外国人観光客らしいカップル(中国の富裕層らしかった)が、さっそくテンション高くあおいでいた。


また、ガレリアの回廊沿いの内柱に一つずつ説明文つきでの展示もされていた。
それぞれ、デザインも音色も素敵で独創的で、いちいち足を止めて手で風を送って鳴らしたり写真を撮ったりで、まあ、歩みが進まないったらありゃしない。(笑)
いっぱい写真を撮った中から、いくつかピックアップ。

Shugou
               Dsc06682

      

Dsc06684

Dsc06687

Dsc06691

Dsc06692

Dsc06695_2

Dsc06697

Dsc06700

Dsc06702

Dsc06703

東京のど真ん中で日本全国の様々な風鈴の姿と音色を愛でられて大満足。
目と耳で涼を感じられる素敵な展示イベントであった。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ