« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013-02-26

日本橋三越の天女像

日本橋三越本店。

「やあ、久しぶり。」
威風堂々たるライオン像が出迎えてくれた。

Mitsu01

私が子供の頃、母が進物を調える時には日本橋の高島屋か三越かどちらかに出かけていた。
小学校高学年までは、たいてい、買い物の邪魔になるので私は父や弟ととお留守番だったけれど、年に何回かは私もお伴させてもらえた。
そういうときは、ちょっとおめかしさせてもらえた。
幼稚園から小学校低学年ごろは、ワンピースに共布のボレロ、リボンのついた黒い靴、白いベレー帽もかぶっちゃって、手にはお気に入りの藤の小さなかごバッグを提げて、ウキウキして出かけたのを覚えている。
誕生日の時期だと、綺麗なハンカチとか子供用の小さな手提げバッグとかリカちゃんの可愛いワンピースなどを買ってもらえてテンションMAXだったなあ。
嬉しすぎて、帰宅するなり発熱したこともあったくらいだ。
イベント月でない場合も、大食堂でお子様ランチやプリンアラモードを御馳走してもらえて、幼いころから食いしん坊だった私は、とってもとっても嬉しかった。

私は、高島屋のクラシックなエレベーターや、優雅なエレベーターガールに魅せられていたけれど(弊ブログ 2009年10月12日の記事で言及)、エンタメ好きの母は、大ホールでのパイプオルガン演奏などがある三越のほうが贔屓だったらしい。

昔のデパートは、単なるショッピングセンターではなくて、「おでかけ」する特別な場所、ハレの場所だったのよ。

あれからウン十年。
日本橋三越本店の華麗なエントランスホールに足を踏み入れると、今でも、そして、いつだって、「わあ~♪」と声を漏らしてしまう。
立ち止まって、重厚な大理石の階段や高い吹き抜けをうっとりと眺めていると、幼かった自分のワクワクした気分が胸の中で立ち上がり膨らんでくるのを感じるのだ。
これもアンチエイジングの一種…ということにしておこうかしらね。(笑)


この大ホールにそびえたつ壮麗で巨大な像。

Mitsu02

目の当たりにするたび、その大きさと、うねるような生命力あふれる造形に圧倒されてしまう。
三越の依頼を受け、佐藤玄々が製作した「天女像」だ。
なんと製作に10年もかけたという大作。
(詳細は ⇒ こちら )

こんなに大きいのよ~~!

Mitsu03

階段をのぼりながら、後ろをじっくりと鑑賞した。
これだけ壮大なのに、実に繊細に緻密に細工されていて、惚れ惚れした。
以前 『美の巨人たち』で取り上げられたのを見て、作者・佐藤玄々の並々ならぬ情熱に打たれ、「次に機会があれば、是非つぶさに鑑賞しよう。」と心に決めていた。

斜め後方から見上げると、鯱鉾みたいな形状かも??

Miysu04

Mitsu05
この像が完成し、日本橋三越でお披露目されたのは昭和35年のことだ。
これだけのものを発注した三越もすごいが、決して妥協せずに十年の歳月をかけてこの傑作を作り上げた佐藤玄々の職人気質と高い美意識に感服。
久々に観て、改めて度肝を抜かれましたぞ。

2013-02-21

氷雨の常磐橋

※注意※
この記事は、映画『ハゲタカ』をご覧になっていらっしゃらない方には意味不明です。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ドクターイエローを目撃する数時間前から、私の「ひとり『ハゲタカ』妄想祭」はスタートしていた。

みぞれに変りそうな冷たい雨と北風の中、頼りない折り畳み傘をさして、徒歩で東京駅から日本橋方向へ。
日本橋三越に用があるという大義名分(?)があったものの、ハゲタカ妄想祭的目的もあった。

寒さに顔をしかめながら歩くこと、10分あまり。
久しぶりに、あの横断歩道が見えてきた。
コート姿のサラリーマン風の男性が何人か私を追い抜いていったが、横断歩道を渡って公園のほうへ行く人は誰もいなかった。
平日の午後、オフィスビルやデパートが近い一角だというのに、人の声も車の音も、ほとんど耳に届かない。
人の気配がとても薄く、寒さが余計に身にしみた。
横断歩道の前に立っていると、私の頭の中には電子音で「とおりゃんせ」のメロディが流れてきた。
もちろん、妄想の産物だ。(笑)

そういえば、このあたりを雨の日に赤いスポーツカーで通ると、「頼むよ……乗せてくれよ…俺も…その車に…なぁ……」という涙交じりの若い男の声がどこからともなく聞こえ、ぎょっとしてバックミラーを見ると、ずぶぬれの美男子が携帯電話を握り締めている姿がぼんやりと映っている………なんていう恐怖の都市伝説がまことしやかに囁かれているとか、いないとか……というのは真っ赤なウソである。(爆)


さて、そんな都市伝説の舞台(こらこら)である常磐橋公園を久しぶりに訪れて、驚いた。
いろいろな方が書いたり呟いたりされていたのを読んで何となく知ってはいたが…。
渋沢榮一翁像の威容はそのままだったが、翁の足元の公園と石造りの小さな橋は、工事用パネルに妨げられて様子を伺うことが出来なかった。
仕方なく、日銀本店側に回りこんでいくと、途中で作業着にヘルメット姿の工事担当者らしき方が(新)常盤橋から常磐橋を測量している姿が見受けられた。

で、常磐橋は、このような状況であった。

Tb01

なんとも痛々しい…。


Tb02

橋は進入禁止。

Tb03

工事のお知らせ。

Tb04

工事は3月下旬までの予定らしい。(写真をクリックすると拡大します)
桜の時期には、橋も公園も再開となるだろうか。

以前、桜花の頃に常磐橋公園を訪れた際には、ひっそりと花弁が舞い散り、なぜか胸が締め付けられるようだった。
あの日に比べれば、ずいぶんと冷静にこの場所にいられるような気がしたが、それでも相変わらずのイタイヒトではある。
(自覚はあるのよ。)

あの青年の最期の時のような暴力的に叩きつける雨ではなく、体を包み込み沁みこんで来るような冷たい霧雨の中、そっと合掌。
凍りつくような雨粒が、小さな橋と公園の周囲に紗の幕を引いているようで、なんだか、ここだけ別の世界にあるような感覚に見舞われた。
寂寥感がつのり、切なくなった。
やはり、『ハゲタカ』世界には雨が似合う。


振り向けば、日本銀行本店。

Ng01

Ng02

背後には、あの赤いスポーツカーに焦がれた男・劉一華が逗留していたマンダリンオリエンタル東京が入っている三井タワー。
残念ながら、今回は訪問できず。


すっかり感傷モードにひたってしまっていたが、次の瞬間には、「ああー、寒っ!」と愚痴りながら日本橋三越へ向かった現金な私なのであった。

2013-02-19

幸せの?黄色い新幹線

さて、本日は私が愛してやまない、でも超つれない男、鷲津政彦の誕生日。
・・・えーーっと、何歳になるんだっけ?sweat01
って、本当に愛しているのか?とセルフツッコミしてしまう大ボケな私。


「愛していたんじゃないのか...」

と、鷲津に叱責されたいかも。
そして涙目になりたいかも。

と、相変わらず妄想爆裂なイタイ私。

というバカな話題はこのへんにして。

鷲津への誕生日プレゼントとして、この写真を。

Dy01

Dy02

ドクターイエロー

目撃すると幸せになれると言う噂があるそうな。

東京駅近くの某所で窓越しに目撃!
本物を初めて見た!

隣の部屋にいた連れは、私の歓声を聞きつけて、大急ぎで写真撮影。(笑)

さて、幸運は訪れたのでしょうか。

実は、この時、私のもとに幸運の女神が訪れていたのであるが、あまりにボケが進んでいたために、その時は僥倖に気づいていなかったのであった。
ま、この「幸運」については、少し時間を置いて、後日、別記事で書きます。
あ、宝くじの高額当選じゃないので。(笑)

うーーん、この調子じゃ、恐らく来年の2月も、ひっそりと鷲津政彦と自分の合同誕生日会を勝手に開催して喜んでいるであろう。
やれやれ。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト

超お手軽ゲーム

最近のトラックバック

無料ブログはココログ